田中良生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田中 良生
生年月日 (1963-11-11) 1963年11月11日(53歳)
出生地 日本の旗埼玉県蕨市
出身校 立教大学経済学部
前職 蕨ケーブルビジョン(株) 会長[1]
現職 国会対策委員会副委員長
所属政党 自由民主党(無派閥)
称号 経済学士
親族 父・田中啓一(前・埼玉県蕨市長)
公式サイト 田中良生公式ホームページ

選挙区 埼玉15区
当選回数 3回
テンプレートを表示

田中 良生(たなか りょうせい、1963年11月11日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、国土交通副大臣。元経済産業大臣政務官

経歴[編集]

立教高等学校(現・立教新座高等学校)を経て、1986年立教大学経済学部を卒業。1991年ベンチャー企業のケイ・アール・ベンチャーを起業[2]

小学校や青年会議所の後輩である庄野拓也と共に立ち上げた蕨ケーブルビジョン専務取締役・代表取締役社長を歴任し、現在は取締役会長。日本青年会議所においても1997年青年会議所(現・とだわらび青年会議所)理事長、2001年に埼玉ブロック会長を歴任[2]

2005年第44回衆議院議員総選挙埼玉15区から自民党公認で出馬し、民主党現職の高山智司を破り初当選[2]

2009年第45回衆議院議員総選挙に再選を目指して埼玉15区から出馬したが、高山に敗れ、重複立候補した比例北関東ブロックでも復活できずに落選。

2012年第46回衆議院議員総選挙に埼玉15区から出馬し、前回敗れた高山を破って当選。

2013年9月、第2次安倍内閣において経済産業大臣政務官に就任[2]2014年9月、退任)。

2014年第47回衆議院議員総選挙に埼玉15区から出馬し、3選。

2015年10月23日、自民党経済産業部会長に就任[3]

2016年8月5日国土交通副大臣に就任[4]

不祥事[編集]

公職選挙法違反[編集]

政治献金問題[編集]

  • 田中が代表を務める自民党支部が2012年、選挙区内にある蕨市が出資する第三セクターから計140万円の政治献金を受けていたことが明らかになった[7]。政治資金規正法は、自治体の首長選などに関係する政党などへの三セクの寄付を禁じている[7]。報道を受け、田中氏側は受け取った寄付を返還することを決めた[7]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自由民主党衆議院議員データ
  2. ^ a b c d 公式ホームページ プロフィール
  3. ^ 自民、1億推進本部長に逢沢元国対委員長 産経新聞 2015年10月23日
  4. ^ 副大臣 20人交代 閣議決定 毎日新聞 2016年8月5日
  5. ^ a b 大分合同新聞 2013年8月8日
  6. ^ a b 「公選法違反:田中良生衆院議員秘書を容疑で書類送検」、毎日新聞、2013年8月9日
  7. ^ a b c 「政治献金:三セク、自民支部に140万円 衆院選の時期」、毎日新聞、2013年11月25日
  8. ^ a b 毎日新聞 2012年衆院選アンケート
  9. ^ 毎日新聞 2014年衆院選アンケート
  10. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  11. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
土井亨山本順三
日本の旗 国土交通副大臣
末松信介と共同
2016年 -
次代:
現職