中谷真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中谷 真一
なかたに しんいち
生年月日 (1976-09-30) 1976年9月30日(41歳)
出生地 大阪府
出身校 防衛大学校
前職 陸上自衛官(一等陸尉)
参議院議員秘書
所属政党 自由民主党竹下派
称号 学士(理学)
公式サイト 中谷(なかたに)真一 オフィシャルサイト

選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日[1] - 現職
テンプレートを表示

中谷 真一(なかたに しんいち、1976年9月30日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

略歴[編集]

大阪府生まれ[2]。甲府市立北西中学校、山梨県立甲府第一高等学校を経て、2000年防衛大学校(第44期)を卒業[3][4]。大学在学中はラグビー部に所属[5]陸上自衛隊幹部候補生学校卒業後、陸上自衛隊第一空挺団に配属される[3]

2010年8月に一等陸尉をもって退官[2][3]。民間企業を経て、同年10月に参議院議員・佐藤正久の秘書になる[2]

2011年、自由民主党衆議院山梨県第三選挙区支部長に就任[3]

2012年第46回衆議院議員総選挙に、山梨3区から自民党公認で出馬。民主党前職の後藤斎に172票差で敗れたが、比例南関東ブロックで復活し初当選した。1期目在任中は党政策調査会国防部会の副部会長などを務めた。

2013年には選出選挙区である山梨3区が選挙制度改革を目的とした公職選挙法改正(0増5減)の区割り改定で全域が山梨1区に組み込まれ消失した。山梨県内の選挙区割りについて自民党は2009年を最後に廃止していた小選挙区と比例代表の候補を選挙ごとに入れ替える「コスタリカ方式」の復活を決めた。これにより2014年第47回衆議院議員総選挙に際しては、中谷を比例南関東ブロックの単立優遇1位とし[6][7]、再選した(なお、自民党は同選挙において同ブロックで8議席を獲得、小選挙区での当選と合わせて擁立した前職全員が再選した)[8]

2017年の第48回衆議院議員総選挙には山梨1区から出馬し、中島克仁に1千票の僅差で敗れるも、比例復活で3選を果たした[9]

政策・主張[編集]

憲法改正[編集]

安全保障・治安[編集]

  • 自衛隊日報の情報公開請求について、海外では軍事に関する文書は一定期間は完全不開示とし、数十年後に開示するのに対し自衛隊の日報は、他省庁の行政文書と同等に扱われ情報公開がされている現状に対し、危機管理上の問題を提起[11][12]
  • 日本の核武装について今後の国際情勢によっては検討すべきだとしている[10]

地域経済・地域振興[編集]

  • 山梨県などで工事中のリニア整備に関し、住宅地への配慮が必要[13][14]

エネルギー政策[編集]

家族制度[編集]

  • 2017年の朝日新聞によるアンケートにおいて、選択的夫婦別姓制度導入について、どちらかと言えば反対、としている[15]

その他[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b c 佐藤正久(さとうまさひさ) オフィシャルページ
  3. ^ a b c d プロフィール
  4. ^ 衆議院総選挙における同窓生の活躍!
  5. ^ NDARGOB - 防衛大学校ラグビー部OB会ホームページ
  6. ^ “自民、山梨1区で「コスタリカ方式」復活”. 日本経済新聞. (2014年8月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H0O_R30C14A7PP8000/ 2014年12月19日閲覧。 
  7. ^ 「コスタリカ方式」に則れば、次回衆院選時には中谷が山梨1区、宮川典子が比例南関東ブロックに回る。
  8. ^ 中谷真一(比例・南関東・自民): 衆院選2014(衆議院選挙) : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  9. ^ “山教組の電話作戦に敗れた自民候補が土下座を始めるが…「ほめてやってください」とコスタリカ方式の女性候補が介抱 ”. 産経新聞. (2017年10月23日). https://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230300-n1.html 208-4-22閲覧。 
  10. ^ a b c d e f “2012衆院選 山梨3区 中谷真一”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A19003002002 2014年4月9日閲覧。 
  11. ^ “日報公開で自衛官に危機 「行政文書」扱いは世界の非常識”. 産経新聞. (2018年4月16日). https://www.sankei.com/politics/news/180416/plt1804160008-n1.html 2018年4月17日閲覧。 
  12. ^ 衆議院インターネットライブラリ  2018年4月12日(木)安全保障委員会国の安全保障に関する件(イラク派遣の日報等)
  13. ^ “「リニア整備で住宅地配慮を」衆院国交委で中谷氏要望 ”. 山梨日日新聞. (2018年4月5日). http://www.sannichi.co.jp/article/2018/04/05/00262706 2018年4月17日閲覧。 
  14. ^ 衆議院インターネットライブラリ 2018年4月4日(水)国土交通委員会
  15. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  16. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]