斉藤和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
斉藤 和子
さいとう かずこ
生年月日 (1974-09-29) 1974年9月29日(42歳)
出生地 日本の旗千葉県船橋市
出身校 日本大学農獣医学部食品経済学
(現生物資源科学部食品ビジネス学科)
前職 日本共産党職員
現職 日本共産党千葉県西部地区委員会常任委員・青年学生部長
所属政党 日本共産党
称号 農学士
教員免許高等学校
公式サイト 斉藤和子公式ホームページ

選挙区 比例南関東ブロック千葉4区
当選回数 1回
在任期間 2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

斉藤 和子(さいとう かずこ、1974年9月29日 - )は、日本政治家日本共産党所属の衆議院議員(1期)。本名:坂井 和子(さかい かずこ)[1]

経歴[編集]

千葉県船橋市生まれ。千葉県立薬園台高等学校園芸科日本大学農獣医学部食品経済学科卒業。

大学卒業後千葉県立清水高等学校の常勤講師として2年間務める。その後日本共産党千葉県委員会に就職。2011年日本共産党千葉県西部地区委員会常任委員・青年学生部長。

2012年より船橋市で始まった原子力撤廃市民運動「脱原発船橋(仮)」に参加。

2016年共産党が民進党等他の野党と選挙協力をする方針を打ち出したことにより、活動拠点を民進党現職である野田佳彦の活動拠点である千葉4区(二和出張所管内・豊富出張所管内を除く船橋市)から千葉13区(二和出張所管内・豊富出張所管内の船橋市、鎌ケ谷市印西市白井市富里市、旧沼南町柏市印旛郡)へ移動[2][3]

選挙結果[編集]

2009年第45回衆議院議員総選挙千葉4区より出馬するも落選。

2010年第22回参議院議員通常選挙千葉県選挙区より出馬するも落選[4]

2012年第46回衆議院議員総選挙に千葉4区より出馬するも落選[5]

2013年の船橋市長選挙に出馬するも落選[6]

2014年第47回衆議院議員総選挙に千葉4区より出馬。落選するも比例南関東ブロックにて比例復活し、初当選した[7]

政策[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]