中後淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
中後淳
ちゅうご あつし
生年月日 (1970-01-12) 1970年1月12日(47歳)
出生地 日本の旗千葉県富津市
出身校 東京大学工学部
東京大学大学院工学系研究科修士課程
前職 衆議院議員
所属政党 民主党→)
新党きづな→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党
称号 学士
修士

選挙区 比例南関東ブロック千葉12区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

中後 淳(ちゅうご あつし、1970年1月12日 - )は、日本政治家

衆議院議員(1期)、新党きづな幹事長代理、富津市議会議員(2期)などを歴任した。

来歴[編集]

千葉県富津市生まれ。千葉県立木更津高等学校東京大学工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻修士課程修了。1995年新日本製鐵(現新日鐵住金)に入社。

2000年富津市議会議員選挙に出馬し、初当選。2004年に再選。2009年第45回衆議院議員総選挙民主党公認で千葉12区から出馬。選挙区では、現職の防衛大臣であった浜田靖一に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、当選した。

2010年9月の民主党代表選挙では、現職の菅直人ではなく、小沢一郎に投票した(小沢は菅に敗北)。なお、2009年7月に小沢の資金管理団体である「陸山会」から500万円の寄付を受けている[1]

2011年12月28日、野田内閣消費税増税路線に反発し、内山晃らとともに、民主党幹事長代行(当時)の樽床伸二に離党届を提出した[2]2012年1月5日には内山らと共に『新党きづな』を結成し、党幹事長代理に就任した[3]。同年11月、国民の生活が第一に合流した。

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙日本未来の党公認で千葉12区から出馬するも、比例復活もならず落選した。

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]