山崎誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎 誠
やまざき まこと
生年月日 (1962-11-22) 1962年11月22日(54歳)
出生地 東京都練馬区
出身校 上智大学法学部法律学科
青山学院大学国際政治経済学研究科国際ビジネス専攻修士課程
前職 横浜市議会議員
所属政党 民主党→)
みどりの風→)
日本未来の党→)
(みどりの風→)
立憲民主党
称号 学士(法学・上智大学)
修士
公式サイト 山崎誠(衆議院議員)公式サイト

選挙区 比例南関東ブロック→)
比例東北ブロック
当選回数 2回
在任期間 2009年 - 2012年
2017年 -

選挙区 青葉区選挙区
当選回数 2回
在任期間 2006年 - 2009年
テンプレートを表示

山崎 誠(やまざき まこと、1962年11月22日 - )は、日本政治家衆議院議員(2期)。元横浜市議会議員(2期)。

来歴[編集]

東京都練馬区生まれ。東京都立西高等学校上智大学法学部法律学科卒業。1993年青山学院大学大学院国際政治経済学研究科ビジネス専攻修士課程修了。株式会社熊谷組日揮株式会社等に勤める[1]

2006年3月26日執行の横浜市議会議員補欠選挙(青葉区選挙区)に出馬し、初当選を果たした。翌2007年の統一地方選で得票数トップで再選された。

2009年、横浜市議会議員を任期途中で辞職。同年の第45回衆議院議員総選挙民主党公認で神奈川8区から出馬し、選挙区ではみんなの党江田憲司に54,209票の差をつけられ敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、当選した。

2010年9月の民主党代表選挙では、現職の菅直人首相を支持した(菅は小沢一郎を破り再選)[2]

2012年11月15日、民主党に離党届を提出し[3][4][5][6](離党届は受理されず11月21日付で除籍処分を受けた[7])、参議院会派みどりの風」に合流。山崎の入会により、みどりの風は政治資金規正法上の政党になった[8]。同年12月の第46回衆議院議員総選挙には、当選後のみどりの風への復党を前提に、11月28日に結党した日本未来の党の公認を受け、神奈川7区に国替えして出馬[9]自由民主党元職の鈴木馨祐やみんなの党新人の田中朝子、民主党前職の首藤信彦の後塵を拝して得票数は4位に留まり、落選。得票率は8.3%で供託金は没収され、有効投票の1割を獲得できなかったため重複立候補していた比例南関東ブロックでも、当選の資格を失った[10]

2017年第48回衆議院議員総選挙では立憲民主党から比例東北ブロックで出馬[11]、当選を果たす。

政策・主張[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール山崎 誠(元衆議院議員「みどりの風」神奈川県支部長)公式サイト
  2. ^ 山崎誠政策研究所 2010年9月4日
  3. ^ “民主党:議員の離党が相次ぐ 2議員が正式に離党届提出”. 毎日新聞. (2012年11月15日). オリジナル2012年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121116073440/http://mainichi.jp/select/news/20121115k0000e010182000c.html 
  4. ^ “山田元農相が離党表明 民主、2議員も届け出 早期解散に反発”. 産経新聞. (2012年11月15日). オリジナル2012年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121115163506/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121115/stt12111514080012-n1.htm 
  5. ^ “山田・元農水相ら離党続出 民主、衆院過半数割れ確実”. 朝日新聞. (2012年11月15日). オリジナル2012年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121116004218/http://www.asahi.com/politics/update/1115/TKY201211150468.html 
  6. ^ “民主大揺れ=執行部、離党にお手上げ”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年11月15日). オリジナル2012年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121118061520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121115-00000193-jij-pol 
  7. ^ “民主、離党届提出の13人を除名処分”. 朝日新聞. (2012年11月21日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20130424234644/http://www.asahi.com/politics/update/1121/TKY201211210899.html 
  8. ^ “新党「みどりの風」旗揚げ=社民・阿部氏合流も”. 時事ドットコム. (2012年11月15日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a4%df%a4%c9%a4%ea%a4%ce%c9%f7&k=201211/2012111500949 2012年11月19日閲覧。 
  9. ^ “前職・山崎氏、神奈川7区へ【12衆院選】”. 時事ドットコム. (2012年11月30日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a4%df%a4%c9%a4%ea%a4%ce%c9%f7&k=201211/2012113001065 2012年12月20日閲覧。 
  10. ^ “開票結果 【比例代表】南関東(定数22)”. 読売新聞. (2012年12月17日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/kaihyou/yc85.htm 2012年12月20日閲覧。 
  11. ^ 比例中国に秋葉前広島市長=立憲民主、候補78人に【17衆院選】”. 時事通信 (2017年10月9日). 2017年10月9日閲覧。
  12. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答

外部リンク[編集]