近藤洋介 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
近藤 洋介
こんどう ようすけ
生年月日 (1965-05-19) 1965年5月19日(53歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
出身校 慶應義塾大学法学部
前職 日本経済新聞社記者
所属政党民主党→)
民進党野田グループ)→)
希望の党→)
無所属
称号 法学士
親族 祖父・野原正勝
父・近藤鉄雄
公式サイト 近藤洋介 オフィシャルウェブサイト

選挙区比例東北ブロック→)
山形2区→)
比例東北ブロック
当選回数 5回
テンプレートを表示

近藤 洋介(こんどう ようすけ、1965年5月19日 ‐ )は、日本政治家。元衆議院議員(5期)。民進党山形県連代表、経済産業副大臣野田第3次改造内閣)、経済産業大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅内閣)等を務めた。

父は労働大臣経済企画庁長官、衆議院議員を務めた近藤鉄雄。母方の祖父は労働大臣、衆議院議員を務めた野原正勝

来歴[編集]

国際通貨基金に出向していた大蔵官僚の父・近藤鉄雄の、アメリカ合衆国ワシントンD.C.赴任中に同地で生まれる。山形県立山形東高等学校慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後、日本経済新聞社に入社。編集局産業部や経済部に所属し、日本銀行通商産業省運輸省農林水産省建設省国土庁等を担当。日本経済新聞社には11年間勤務し、1999年に退社した[1]

2000年第42回衆議院議員総選挙山形2区から無所属で出馬したが、自由民主党遠藤武彦に敗れ、落選した。なお、1996年第41回衆議院議員総選挙では自民党公認で出馬した父・近藤鉄雄が、当時は無所属であった遠藤に敗れている。2003年第43回2005年第44回衆議院議員総選挙には民主党公認で出馬し、いずれも遠藤に山形2区で敗れたが、重複立候補していた比例東北ブロックで復活。2006年、当選2回ながら民主党次の内閣において、ネクスト経済産業大臣に起用される。2009年第45回衆議院議員総選挙では、引退した遠藤に代わり出馬した自民党の新人を破り、初めて山形2区で当選した。選挙後、鳩山由紀夫内閣経済産業大臣政務官に任命され、菅内閣まで務める。2011年9月、民主党国民運動委員長に就任。

2012年10月、野田第3次改造内閣経済産業副大臣に任命された。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、野田佳彦首相が推進する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を訴え、山形2区から立候補。TPP反対を掲げる自民党新人の鈴木憲和に敗れたが、重複立候補していた比例東北ブロックで復活し、4選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、TPP論議よりも安倍晋三政権下での米価下落や農政改革への批判を掲げて山形2区から出馬。再び自民党の鈴木憲和に敗北したが前回よりも票差を縮め、比例東北ブロックで復活し、5選[2]

2015年民主党代表選挙に際しては、2014年12月24日に元代表岡田克也に対して出馬を要請し[3]、岡田の推薦人に名を連ねた[4]。代表に選出された岡田の下で[5]、民主党役員室長に起用された[6]

2017年第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認候補として出馬。またも自民党の鈴木に敗北し、比例復活もかなわず落選[7]

次の国政選挙に向けて当面は無所属で活動する意向を表明している[8]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『日米貿易摩擦ミクロの深層』 日本経済新聞社、1989年10月。ISBN 9784532089139
  • 『官僚 - 軋む巨大権力』 日本経済新聞社、1994年7月。ISBN 9784532143084

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール|近藤洋介 オフィシャルサイト
  2. ^ 山形 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  3. ^ “前原氏、25日に判断=有志が岡田氏に出馬要請 - 民主代表選”. 時事通信社. (2014年12月24日). http://archive.fo/kNtXc 2015年2月17日閲覧。 
  4. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事通信社. (2015年1月7日). http://archive.fo/rVXoy 2015年1月8日閲覧。 
  5. ^ “民主代表選:新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). http://archive.fo/w1Opz 2015年1月18日閲覧。 
  6. ^ 民主党の新体制がスタート。役員室長に就任|近藤洋介 オフィシャルウェブサイト
  7. ^ <衆院選山形>票上積み自民盤石 共闘崩れて希望しぼむ”. 河北新報 (2017年10月24日). 2017年10月24日閲覧。
  8. ^ “近藤前衆院議員 無所属で活動へ /山形”. 毎日新聞. (2018年1月15日). https://mainichi.jp/articles/20180115/ddl/k06/010/038000c 2018年1月18日閲覧。 
  9. ^ a b c d “2012衆院選 山形2区 近藤洋介”. 毎日 jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A06002003003 2014年4月3日閲覧。 
  10. ^ “<衆院選>TPP論戦様変わり・山形2区”. 河北新報. (2014年12月8日). http://archive.fo/sTUCU 2014年12月25日閲覧。 
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  12. ^ a b 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
柳澤光美牧野聖修
日本の旗 経済産業副大臣
松宮勲と共同

2012年
次代:
赤羽一嘉菅原一秀
先代:
谷合正明松村祥史
日本の旗 経済産業大臣政務官
高橋千秋と共同

2009年 - 2010年
次代:
田嶋要中山義活