佐藤孝弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐藤 孝弘
さとう たかひろ
Takahiro Satō 20150907(1).jpg
生年月日 (1975-09-30) 1975年9月30日(43歳)
出生地 日本の旗 北海道函館市
出身校 東京大学法学部
前職 東京財団研究員
所属政党 無所属
公式サイト 山形市長 佐藤孝弘 (さとう たかひろ) オフィシャルウェブサイト

Flag of Yamagata, Yamagata.svg 公選第19代 山形市長
当選回数 1回
在任期間 2015年9月28日 - 現職
テンプレートを表示

佐藤 孝弘(さとう たかひろ、1975年9月30日[1] - )は、日本政治家、元通商産業省官僚。山形市長(1期)。山形市において、戦後最年少及び金澤忠雄の就任以来49年振りとなる保守系市長[2][3][4]

来歴[編集]

1975年北海道函館市で生まれる。小学校卒業後に東京都に転居し、東京都立日比谷高等学校東京大学法学部を卒業[1]

2000年4月、通商産業省に入省。中小企業庁で税制改正、会社法・会計関連制度改正の提言の取りまとめに関わる[5]

2003年4月、通商産業省を退官し、8月に台東区の谷中銀座におにぎり専門店を開業するが、短期間で廃業[1][6]

2005年2月、日本経営合理化協会に勤め、2007年3月から2011年まで東京財団に勤務。研究員として会社の本質と資本主義の変質研究、税と社会保障の一体化研究を担当した[1][5]

2011年9月12日、山形市長選挙に無所属自由民主党推薦)で出馬するが、同月18日の投開票の結果、現職の市川昭男に敗れ落選[7]。落選後に2015年の山形市長選挙への立候補を宣言し、山形市に転居・政治活動を始め、2015年までの間に33の後援会を組織した[1][3]

2013年、「NPOチーム山形シティ」を設立し、同年に「市民のためのやまがた検定実行委員会」を立ち上げ実行委員長に就任する[8]

2015年9月7日、山形市長選挙に無所属(自民党・公明党次世代の党新党改革推薦)で出馬。同月13日の投開票で元防衛省職員の梅津庸成(民主党日本共産党社会民主党生活の党と山本太郎となかまたち推薦)らを破り初当選[2]。9月28日、市長就任[9]

※当日有権者数:202,997人 最終投票率:56.94%(前回比:+9.34ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐藤孝弘39無所属56,369票49.14%(推薦)自民党・公明党次世代の党新党改革
梅津庸成48無所属54,596票47.60%(推薦)民主党日本共産党社会民主党生活の党と山本太郎となかまたち
五十嵐右二64無所属3,737票3.26%

政策・主張[編集]

山形市政[編集]

2015年9月28日、公約に掲げた「健康医療先進都市」実現に向けたプロジェクトチームの発足や、市川前市長の決定した保育料値上げの撤回や第3子以降の認可保育園・幼稚園の保育料無料化を表明した[10][11]。10月15日の市議会本会議で、第3子以降の保育料無料化に関する第1子の年齢要件を18歳未満に引き上げ、2016年度から実施する方針を示した[12]。また、就任前に河北新報の取材に対し、公約に掲げた「人口30万人都市」実現のために「周辺都市との合併も視野に入れている」と答えている[13]

2016年8月26日、中核市移行及び「健康医療先進都市」実現を目的として、霞城セントラルに設置されている市町村保健センターを統合して新たに保健所を設置する方針を決定。従来行っている健康増進に加え、感染予防対策や衛生関連業などの業務も担当させることを想定している[14]。10月31日には山形大学医学部との間に「健康医療先進都市」実現を目指すための包括連携協定を締結した[15]

仙山連携[編集]

2015年9月14日、山形新聞の取材に対し、仙台市との連携を促進するため、仙山線高速化や二口トンネルの整備を進めると主張した[16]。また、河北新報の取材では企業誘致や観光地への誘客、職員の人事交流などの包括的な連携協定の締結を目指すとし、10月6日には仙台市長の奥山恵美子と会談し、連携強化を進めることで合意した[17][18]

2016年2月15日、仙山連携具体化のために部局横断型のプロジェクトチームを発足させる方針を決定[19]。5月18日にプロジェクトチームが発足し、ビジネス連携支援、観光、交流、交通網、防災の分野での連携を目指している[20]。11月2日に連携協定を締結し、「防災」「観光・交流」「ビジネス支援」「交通ネットワーク」などを主要な連携分野に定め、1年毎の自動更新とした[21]

東京五輪ホストタウン構想[編集]

2016年5月16日、2020年夏季オリンピックに向けて、サモア台湾ベトナムタイ王国を対象とした「ホストタウン」登録申請を行うことを決定し、19日に鶴岡市村山市と共に申請した[22][23]。6月14日に選定結果が公表され、サモア・台湾・タイ王国を対象とした「ホストタウン」に登録された[24]。佐藤は「ホストタウン」選定を通しての都市間交流促進を目指し、在日サモア大使館や台北駐日経済文化代表処を訪問しロビー活動を行っていた[22]

モンテディオ山形[編集]

2015年7月23日、市川前市長が掲げたモンテディオ山形の本拠地移転について「本拠地は天童市」「本拠地の奪い合いを避け、試合の一部を新スタジアムで行う」と主張し、天童市との試合のすみ分けを掲げた[25]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “次期山形市長 佐藤 孝弘 さん”. やまがたコミュニティ新聞. (2015年9月25日). http://www.yamacomi.com/5429.html 2015年9月29日閲覧。 
  2. ^ a b “山形市長選 自公など推薦の佐藤氏が初当選”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年9月13日). http://www.sankei.com/politics/news/150913/plt1509130021-n1.html 2015年9月29日閲覧。 
  3. ^ a b “山形市長選、佐藤氏が初当選”. 山形新聞. (2015年9月14日). http://yamagata-np.jp/news/201509/14/kj_2015091300319.php?keyword=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%AD%9D%E5%BC%98 2015年9月29日閲覧。 
  4. ^ “〈山形市長〉初登庁「一緒にチャレンジを」”. 河北新報. (2015年9月29日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201509/20150929_51003.html 2015年9月29日閲覧。 
  5. ^ a b “プロフィール”. 佐藤孝弘、怒涛の読書日誌@東京財団. http://blog.canpan.info/satotakahiro/profile 2015年9月29日閲覧。 
  6. ^ “市長プロフィール”. 山形市役所. http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/shicho/pf.html 2015年9月29日閲覧。 
  7. ^ “山形市長選、市川氏が3選”. 日本経済新聞. (2011年9月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS18017_Y1A910C1PE8000/ 2015年9月29日閲覧。 
  8. ^ “プロフィール”. さとう孝弘オフィシャルサイト. http://www.sato-takahiro.jp/profile.html 2015年9月29日閲覧。 
  9. ^ 平成27年度選挙結果一覧 - 山形市
  10. ^ “佐藤市長が初登庁・山形 保育料値上げ撤回を明言”. 山形新聞. (2015年9月29日). http://yamagata-np.jp/news/201509/29/kj_2015092900652.php?keyword=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%AD%9D%E5%BC%98 2015年9月29日閲覧。 
  11. ^ “〈山形市長〉スピード感ある市政運営を約束”. 河北新報. (2015年9月29日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201509/20150929_51032.html 2015年9月29日閲覧。 
  12. ^ “第3子保育料の無料化要件、新年度から大幅緩和 山形市方針”. 山形新聞. (2015年10月16日). http://yamagata-np.jp/news/201510/16/kj_2015101600348.php?keyword=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%AD%9D%E5%BC%98 2015年10月17日閲覧。 
  13. ^ “〈山形市長〉30万都市へ合併視野”. 河北新報. (2015年9月24日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201509/20150924_51014.html 2015年9月29日閲覧。 
  14. ^ 山形市、霞城セントラルに保健所新設へ 中核市移行めざし方針”. 山形新聞 (2016年8月27日). 2016年9月22日閲覧。
  15. ^ 重粒子線がん治療を協力 山形大と山形市が包括協定”. 山形新聞 (2016年11月1日). 2016年11月5日閲覧。
  16. ^ “山形市長初当選の佐藤氏に聞く 「市民目線で対話を重視」”. 山形新聞. (2015年9月15日). http://yamagata-np.jp/news/201509/15/kj_2015091500346.php?keyword=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%AD%9D%E5%BC%98 2015年9月29日閲覧。 
  17. ^ “〈山形市長〉仙山連携 協定提案へ”. 河北新報. (2015年9月24日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201509/20150924_51011.html 2015年9月29日閲覧。 
  18. ^ “仙山連携強化へ協定、両市長が会談 連携強めることで合意”. 山形新聞. (2015年10月7日). http://yamagata-np.jp/news/201510/07/kj_2015100700144.php?keyword=%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%AD%9D%E5%BC%98 2015年10月10日閲覧。 
  19. ^ 〈山形市〉部局横断チーム 仙山交流けん引”. 河北新報 (2016年2月16日). 2016年6月14日閲覧。
  20. ^ 仙山包括連携へ加速 山形市がPJチーム”. 河北新報 (2016年5月19日). 2016年6月14日閲覧。
  21. ^ 〈仙山連携〉仙台・山形市が連携協定”. 河北新報 (2016年11月3日). 2016年11月5日閲覧。
  22. ^ a b 山形市、「ホストタウン」申請へ 東京五輪・パラ合宿や交流促進”. 山形新聞 (2016年5月17日). 2016年6月14日閲覧。
  23. ^ 3市が「ホストタウン」登録申請 東京五輪・パラリンピック”. 山形新聞 (2016年5月20日). 2016年6月14日閲覧。
  24. ^ 第二次登録の概要 (PDF)”. 首相官邸. 2016年6月14日閲覧。
  25. ^ “〈山形市長選〉J1スタジアム構想が争点化”. 河北新報. (2015年8月8日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201508/20150808_51031.html 2015年9月29日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
市川昭男
Flag of Yamagata, Yamagata.svg 山形市長
公選第19代:2015年 -
次代:
(現職)