山形県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗山形県第4区
行政区域 2002年廃止
(2017年7月16日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年
廃止年 2002年
選出議員 廃止
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
0人
0 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

山形県第4区(やまがたけんだい4く)は、第41回衆議院議員総選挙時に存在した日本における衆議院小選挙区。2002年の公職選挙法改正による小選挙区再編によって山形県第3区の一部になった(ただし、旧4区が3区に改称の上、旧3区域の一部を吸収したというのが実態)。

区域[編集]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 加藤紘一 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 加藤紘一 自由民主党
第42回衆議院議員補欠選挙 2002年 斉藤淳 民主党 ※加藤紘一の事務所費疑惑等による議員辞職に伴う

選挙結果[編集]

第42回衆議院議員補欠選挙 山形県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 推薦・支持
斉藤淳 33 民主党 51,437票
48.4%
寒河江孝允 57 無所属 33,858票
31.9%
自由民主党
須藤美也子 67 日本共産党 20,877票
19.7%
  • 加藤紘一官房長官事務所費問題による議員辞職により行われた。
  • 自由民主党は加藤の対抗馬として過去2度出馬した寒河江孝允を推薦したが、有権者の反発を買い落選した。
第42回衆議院議員総選挙 山形県第4区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
加藤紘一 61 自由民主党 131,181票
72.1%
――
寒河江孝允 55 民主党 36,086票
19.8%
27.5%
佐藤雅之 27 日本共産党 14,584票
8.0%
11.1%
第41回衆議院議員総選挙 山形県第4区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
加藤紘一 57 自由民主党 112,033票
65.8%
――
寒河江孝允 51 新進党 38,139票
22.4%
34.0%
佐藤慎司 34 日本共産党 20,171票
11.8%
18.0%

関連項目[編集]