高知県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗高知県第3区
行政区域 2013年廃止
(2017年7月16日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 廃止
有権者数 0人
0 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

高知県第3区(こうちけんだい3く)は、日本衆議院における選挙区1994年公職選挙法改正で設置。2013年に廃止された。

区域[編集]

2002年の公職選挙法改正により吾川郡伊野町吾北村2区から本区へ移行。

歴史[編集]

3区体制時代[編集]

高知県に3選挙区が割り当てられていた時代は、大まかに県中央部(高知市の大半)を1区、県東部を2区、県西部を3区に区分けしていた。

高知県自体がもともと自民党の強いいわゆる保守王国であり、3区は自由民主党山本有二が6回すべてで当選、対立候補で比例復活を果たしたのは最初の回の春名眞章日本共産党)のみであった。典型的な無風区である。全国で最も有権者の少ない小選挙区であり、一票の格差問題でも度々取り上げられていた。

2区体制移行に伴う廃止[編集]

定数削減によって2選挙区となった時、県内を東西に分割する方式をとった。旧1区が半分に分割され、旧2区と合併した東半分が新1区、旧3区と合併した西半分が新2区となる。当時選出枠を独占していた自民党の候補者選定もこれに従い、第47回以降は旧2区の中谷元が新1区、旧3区の山本が新2区にそれぞれ横滑りし、旧1区の福井照比例四国ブロックに転出した。そのため、名称の上では3区は廃止されたが、選挙区割りや山本の支持基盤の点では、新2区に実質引き継がれているといってよい。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 山本有二 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 山本有二 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 山本有二 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 山本有二 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 山本有二 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 山本有二 自由民主党

選挙結果[編集]

第46回衆議院議員総選挙 高知県第3区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本有二60自由民主党80,547票
71.3%
――公明党推薦
橋元陽一62日本共産党32,427票
28.7%
40.3%
第45回衆議院議員総選挙 高知県第3区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本有二57自由民主党74,489票
49.4%
――
中山知意31民主党64,777票
43.0%
87.0%
村上信夫45日本共産党10,376票
6.9%
13.9%
北村健行32幸福実現党1,079票
0.7%
1.4%
第44回衆議院議員総選挙 高知県第3区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本有二53自由民主党74,072票
50.1%
――
中山知意27民主党53,718票
36.3%
72.5%
本多公二 57日本共産党20,090票
13.6%
27.1%
第43回衆議院議員総選挙 高知県第3区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本有二51自由民主党84,287票
62.7%
――
川添義明66民主党33,208票
24.7%
39.4%
本多公二56日本共産党16,981票
12.6%
20.1%
第42回衆議院議員総選挙 高知県第3区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本有二48自由民主党76,726票
61.3%
――
西村伸一郎56社会民主党29,147票
23.3%
38.0%
大西正祐47日本共産党19,265票
15.4%
25.1%
第41回衆議院議員総選挙 高知県第3区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本有二44自由民主党72,961票
56.1%
――
広田勝54無所属37,484票
28.8%
51.4%×
比当春名眞章37日本共産党19,549票
15.0%
26.8%
  • 春名は第42回は比例単独候補として当選。第43回は比例単独、第44回以降は1区から立候補もそれぞれ落選。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]