和歌山県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗和歌山県第2区
=衆議院小選挙区 和歌山県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 海南市橋本市有田市紀の川市岩出市海草郡伊都郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 石田真敏
有権者数 (2017年7月区割変更前)
255,463人
1.09 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

和歌山県第2区(わかやまけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

以前は有田市は3区の区域であったが、2013年の区割変更により、2区に編入された。

歴史[編集]

小選挙区制の開始時には旧那賀郡粉河町(現・紀の川市)を地盤とする岸本光造が2回連続で当選し、二階俊博野田実保守分裂の争いが続いた和歌山3区とは異なる安定した保守王国であった。

しかし、2002年に岸本光造が死去。遺族や後援会が息子の岸本健の擁立を求めたのに対し、自民党和歌山県連は岸本健の擁立に難色を示し、海南市長であった石田真敏の擁立を目指した。公認争いの末、石田が自民党公認を獲得し、与党統一候補として立候補した一方、公認争いに敗れた岸本は民主党、自由党、無所属の会の推薦を受けて無所属で立候補し、自民党議員であった父親の弔い合戦を野党3党の支援で行うことになった。結果は石田が勝利し、以後の選挙でも小選挙区で勝利している。

岸本はその後、民主党入りし、2003年の選挙で比例復活当選するが2005年の選挙で落選。直後に民主党を離党し、2007年の和歌山県議選に出馬し、当選した。

2009年の選挙では民主党への強い追い風に乗り阪口直人が石田を破って初当選した。

2012年の選挙では再び石田が議席を奪還した。阪口は日本維新の会へ鞍替えし比例復活で当選。

2014年の選挙では石田が再選。阪口は比例復活もならず落選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 岸本光造 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 岸本光造 自由民主党
第42回衆議院議員補欠選挙 2002年 石田真敏 自由民主党 岸本光造の死去に伴う。
第43回衆議院議員総選挙 2003年 石田真敏 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 石田真敏 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 阪口直人 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 石田真敏 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 石田真敏 自由民主党

選挙結果[編集]

第47回衆議院議員総選挙 和歌山県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
石田真敏 62 自由民主党 71,167票 56.3% 公明党
阪口直人 49 維新の党 39,799票 31.5%
富岡清彦 52 日本共産党 15,415票 12.2%
第46回衆議院議員総選挙 和歌山県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
石田真敏 60 自由民主党 72,957票 52.6% 公明党
比当 阪口直人 49 日本維新の会 36,110票 26.1% みんなの党
坂口親宏 52 民主党 17,567票 12.7%
吉田雅哉 37 日本共産党 11,942票 8.6%
第45回衆議院議員総選挙 和歌山県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
阪口直人 46 民主党 90,134票 54.8%
比当 石田真敏 57 自由民主党 71,343票 43.4%
久保美也子 48 幸福実現党 3,089票 1.9%
第44回衆議院議員総選挙 和歌山県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
石田真敏 53 自由民主党 88,915票 54.1%
岸本健 35 民主党 62,499票 38.0%
下村雅洋 50 日本共産党 13,027票 7.9%
第43回衆議院議員総選挙 和歌山県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
石田真敏 51 自由民主党 77,102票 51.0%
比当 岸本健 33 民主党 63,145票 41.7%
古倉伸二 62 日本共産党 11,020票 7.3%
第42回衆議院議員補欠選挙 和歌山県第2区

※当日有権者数: 最終投票率:(前回比:)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
石田真敏 50 自由民主党 71,631票 49.4% 公明党保守新党 推薦
岸本健 31 無所属 60,398票 41.6% 民主党・自由党無所属の会 推薦
奥村規子 50 日本共産党 13,094票 9.0%
第42回衆議院議員総選挙 和歌山県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
岸本光造 59 自由民主党 83,419票 58.5%
木村文則 42 民主党 38,156票 26.7%
吉田小雪 56 日本共産党 19,209票 13.5%
小松由紀 57 自由連合 1,870票 1.3%
第41回衆議院議員総選挙 和歌山県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
岸本光造 55 自由民主党 74,734票 52.5%
鶴保庸介 29 新進党 48,048票 33.7%
吉田小雪 52 日本共産党 19,637票 13.8%

和歌山府民[編集]

和歌山県第2区内の橋本市岩出市ではニュータウン開発が進み、1990年代には旧岩出町の人口が2倍に増加、橋本市の人口が18.76%増加した。特に21世紀以降この流れはさらに進み、岩出市では全人口に対し地元出身者の割合が1割未満まで減少し、大部分の住民は大阪からの転入者であるとされる。これらの新住民は「和歌山府民」と呼ばれ、転入者のほぼ全てが大阪府内へ通勤・通学しているとされる。自宅には、寝に帰るためだけに岩出市に居住しているため、選挙や地域への関心が薄いことが多い。[1][2]

脚註[編集]

  1. ^ 読売新聞大阪地方版/和歌山、34頁、2009年8月26日閲覧より
  2. ^ 朝日新聞大阪朝刊、36頁、2000年6月5日閲覧より

参考文献[編集]

  • 「(2票を求めて)2区 読めない票、奪取に躍起 総選挙」」読売新聞大阪地方版/和歌山、34頁、2009年8月26日閲覧
  • 「[思惑・選ぶ側]衆院選わかやま(中)パンフ、ごみ箱に直行」朝日新聞大阪朝刊、36頁、2000年6月5日閲覧

関連項目[編集]