茨城県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗茨城県第3区
衆議院小選挙区 茨城県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 龍ケ崎市取手市牛久市守谷市稲敷市稲敷郡北相馬郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 葉梨康弘
有権者数 39万481人
1.688 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

茨城県第3区(いばらきけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

歴史[編集]

県の最南部で、農村部を中心とする保守的な地盤が厚い。一方で、東京通勤圏内にある地域を含んでおり、東京のベッドタウンとして人口増加してきた地域でもあるため、1970年代以降は無党派層も増加した。

中選挙区制時代から葉梨新五郎中山栄一の息子である葉梨信行中山利生が長らく争っていたが、小選挙区以降後はコスタリカ方式でお互いに当選していた。

2003年第43回衆議院議員総選挙で信行と利生がそれぞれ引退した後は信行を義父に持つ葉梨康弘が地盤を引き継ぎ、これまで6度小選挙区で当選を続けている。

非自民勢力では、第42回・43回は民主党小泉俊明(地盤は取手市東部)が比例復活により議席を確保した。2009年第45回衆議院議員総選挙では小選挙区で葉梨康弘の比例復活を阻止しつつ当選している。また、この選挙では民主党大勝の余波で比例北関東ブロックで立候補していた取手市を地盤に持つ石井章川口浩も当選した。しかし2012年第46回衆議院議員総選挙では小泉は葉梨に敗れ、比例復活もできずに落選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 中山利生 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 葉梨信行
第43回衆議院議員総選挙 2003年 葉梨康弘
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 小泉俊明 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 葉梨康弘 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 茨城県第3区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:38万9521人 最終投票率:53.52%(前回比:増加1.63%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
葉梨康弘62自由民主党109,448票
53.59%
――公明党推薦
梶岡博樹44立憲民主党63,674票
31.18%
58.18%
岸野智康27日本維新の会31,100票
15.23%
28.42%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 茨城県第3区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:39万2370人 最終投票率:51.89%(前回比:減少4.19%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
葉梨康弘58自由民主党113,068票
57.04%
――公明党
樋口舞44希望の党51,060票
25.76%
45.16%日本維新の会
林京67日本共産党34,112票
17.21%
30.17%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 茨城県第3区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:38万6081人 最終投票率:56.08% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
葉梨康弘55自由民主党120,500票
57.64%
――公明党推薦
石井章57維新の党55,103票
26.36%
45.73%
小林恭子64日本共産党33,465票
16.01%
27.77%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 茨城県第3区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
葉梨康弘53自由民主党113,158票
50.86%
――公明党推薦
小泉俊明55日本未来の党46,539票
20.92%
41.13%新党大地推薦
前田善成45日本維新の会43,614票
19.60%
38.54%みんなの党推薦
小林恭子62日本共産党19,177票
8.62%
16.95%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 茨城県第3区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小泉俊明52民主党146,983票
57.14%
――
葉梨康弘49自由民主党103,228票
40.13%
70.23%
宮本春樹51幸福実現党7,026票
2.73%
4.78%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 茨城県第3区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
葉梨康弘45自由民主党113,977票
46.82%
――
小泉俊明48民主党82,841票
34.03%
72.68%
中山一生42無所属29,416票
12.08%
25.81%×
上野高志40日本共産党11,859票
4.87%
10.40%
猿田玲27社会民主党5,344票
2.20%
4.69%
  • 中山は2006年に茨城県議会議員に立候補し、当選。その後、2009年龍ケ崎市長に立候補し、当選。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 茨城県第3区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
葉梨康弘44自由民主党102,315票
48.92%
――
比当小泉俊明46民主党92,306票
44.13%
90.22%
上野高志39日本共産党14,546票
6.95%
14.22%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 茨城県第3区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
葉梨信行71自由民主党97,972票
47.83%
――
比当小泉俊明43民主党79,230票
38.68%
80.87%
上野高志35日本共産党20,755票
10.13%
21.18%
宮崎久常52無所属6,867票
3.35%
7.01%×
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 茨城県第3区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山利生71自由民主89,822票
49.95%
――
永岡洋治45新進党59,080票
32.86%
65.77%
上野高志32日本共産党26,815票
14.91%
29.85%
阿部昭35自由連合4,090票
2.27%
4.55%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]