兵庫県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗兵庫県第4区
衆議院小選挙区 兵庫県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 神戸市西区西脇市三木市小野市加西市加東市多可郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 藤井比早之
有権者数 42万2117人
1.825 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

兵庫県第4区(ひょうごけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

中選挙区時代は、神戸市西区は旧兵庫1区、他の地域(北播地区)は旧兵庫3区であった。小選挙区制導入後、人口配分や道路網・鉄道網など地域的なつながりが考慮され両者が同じ区となった。

旧兵庫1区には、神戸市西区を地盤とする有力な候補がいない一方、旧兵庫3区では井上喜一が北播磨を地盤としていた。そのため、井上喜一の一人勝ちが続いてきた。他候補にとっては、旧1区でニュータウンの多い神戸市西区においてどれだけ無党派層や新住民からの票を集められるかがカギとなるが、以前から旧3区との人口流動が多い地域であるため井上色も色濃く、野党側はなかなか牙城を崩せずにいた。

しかし、第45回衆議院議員総選挙では、保守層の票が北播磨を地盤とする自民現職の井上と神戸市西区を地盤とする無所属の元兵庫県議石原修三に分裂。民主党新人の高橋昭一が全国的な追い風を受けて初当選し、73歳定年制のため比例近畿ブロックとの重複立候補ができなかった井上は議席を失った。これにより神戸市の9つの区が属する小選挙区は民主党が独占したことになる。井上はこの選挙の翌年に死去。

第46回衆議院議員総選挙では、井上の後継となった藤井比早之が自民党に議席を取り戻した。その後も藤井が安定した戦いで連続当選を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 井上喜一 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 保守党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 保守新党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 高橋昭一 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 藤井比早之 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 兵庫県第4区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:42万1086人 最終投票率:54.69%(前回比:増加5.05%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤井比早之50自由民主党112,810票
50.04%
――公明党推薦
比当赤木正幸46日本維新の会59,143票
26.24%
52.43%
今泉真緒42立憲民主党53,476票
23.72%
47.40%国民民主党兵庫県総支部連合会・社会民主党兵庫県連合推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 兵庫県第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:43万1484人 最終投票率:49.64%(前回比:減少0.16%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤井比早之46自由民主党120,189票
57.87%
――公明党
野口威光43希望の党37,344票
17.98%
31.07%
佐藤泰樹46無所属26,635票
12.82%
22.16%×
大椙鉄夫69日本共産党23,513票
11.32%
19.56%
  • 佐藤は民進党から立候補を予定していたが同党の合流先の希望の党から公認が得られず無所属出馬。第49回衆院選は兵庫3区から立候補し、落選。
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 兵庫県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:42万5316人 最終投票率:49.80%(前回比:減少8.24%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤井比早之43自由民主党111,544票
54.67%
――公明党
永井寿也41維新の党62,506票
30.63%
56.04%
林政人61日本共産党29,990票
14.70%
26.89%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 兵庫県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:58.04%(前回比:減少7.92%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
藤井比早之41自由民主党104,202票
43.07%
――公明党
清水貴之38日本維新の会78,565票
32.48%
75.40%みんなの党
高橋昭一48民主党43,386票
17.93%
41.64%国民新党
松本勝雄68日本共産党15,769票
6.52%
15.13%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 兵庫県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 最終投票率:65.96% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高橋昭一45民主党142,684票
51.57%
――
井上喜一77自由民主党103,336票
37.35%
72.42%
石原修三58無所属20,924票
7.56%
14.66%×
佐藤塁32幸福実現党5,299票
1.92%
3.71%
外山高史61無所属4,427票
1.60%
3.10%×
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 兵庫県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井上喜一73自由民主党150,580票
56.01%
――
高橋昭一41民主党97,074票
36.11%
64.47%
永井修64日本共産党21,202票
7.89%
14.08%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 兵庫県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井上喜一71保守新党127,330票
55.39%
――
高橋昭一39民主党81,909票
35.63%
64.33%
山本純二37日本共産党20,649票
8.98%
16.22%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 兵庫県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井上喜一68保守党143,441票
64.90%
――
瀬尾和志41日本共産党51,488票
23.29%
35.89%
魚井健一51自由連合26,103票
11.81%
18.20%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 兵庫県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井上喜一64新進党110,873票
49.47%
――
小西俊一48自由民主党65,224票
29.10%
58.83%
金田峰生31日本共産党24,649票
11.00%
22.23%
吉村誠司31民主党23,361票
10.42%
21.07%

脚注[編集]

関連項目[編集]