茨城県第6区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗茨城県第6区
衆議院小選挙区 茨城県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 土浦市石岡市つくば市かすみがうら市つくばみらい市小美玉市(旧玉里村域)
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 解散につき欠員
有権者数 456,075人
1.972 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

茨城県第6区(いばらきけんだい6く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]茨城県内の小選挙区では最も有権者数が多い。

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

筑波研究学園都市を含み有権者の流動が多く、茨城県の選挙区の中でも人口も多い一方、「保守王国茨城」を象徴するような区であり、自民党宏池会厚生族の重鎮で厚生大臣を2度、さらに自民党総務会長も務めた丹羽雄哉が当選し続けてきた。2009年の総選挙においては民主党の大泉博子が当選し、丹羽は比例復活もできずに落選した。2012年の総選挙では丹羽が次点候補に4万5千票近い大差を付けて返り咲き、大泉は比例復活もできずに落選した。2017年の総選挙では丹羽が政界引退を表明し後継として国光文乃を擁立、希望の党も青山大人を擁立した。結果、国光が約6千票差をつけて初当選し、青山も比例復活で初当選となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 丹羽雄哉 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 大泉博子 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 丹羽雄哉 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 国光文乃
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 茨城県第6区

時の内閣:岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 茨城県第6区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:446,083人 最終投票率:51.50% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
国光文乃38自由民主党102,820票
45.89%
――公明党
比当青山大人38希望の党96,987票
43.29%
94.33%
古沢喜幸71日本共産党24,227票
10.81%
23.56%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 茨城県第6区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:431,909人 最終投票率:55.45% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽雄哉70自由民主党119,116票
51.80%
――公明党
青山大人35民主党85,120票
37.02%
71.46%
井上圭一52日本共産党25,709票
11.18%
21.58%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 茨城県第6区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:428,923人 最終投票率:57.31% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽雄哉68自由民主党91,121票
38.19%
――
狩野岳也48無所属45,377票
19.02%
49.80%×
大泉博子62民主党39,161票
16.41%
42.98%
深沢裕41日本維新の会36,617票
15.35%
40.19%
青木道子62日本共産党13,680票
5.73%
15.01%
栗山天心54日本未来の党12,644票
5.30%
13.88%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 茨城県第6区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大泉博子59民主党147,865票
54.33%
――
丹羽雄哉65自由民主党114,204票
41.96%
77.24%
鈴木俊博35幸福実現党10,082票
3.70%
6.82%
  • 大泉は43回選挙で山口1区から立候補したが、落選していた。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 茨城県第6区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽雄哉61自由民主党141,212票
56.61%
――
川口良治40民主党76,798票
30.79%
54.38%
桜井よう子63無所属16,769票
6.72%
11.88%×
塚本武志61日本共産党14,680票
5.88%
10.40%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 茨城県第6区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽雄哉59自由民主党130,525票
58.55%
――
二見伸明68民主党74,915票
33.61%
57.40%
佐藤正剛45日本共産党17,471票
7.84%
13.39%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 茨城県第6区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽雄哉56自由民主党125,581票
56.55%
――
五十嵐弘子56民主党51,292票
23.10%
40.84%
二見伸明65自由党26,091票
11.75%
20.78%
小松豊正52日本共産党19,110票
8.61%
15.22%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 茨城県第6区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
丹羽雄哉52自由民主党110,495票
56.98%
――
小林邦男48新進党39,372票
20.30%
35.63%
小松豊正48日本共産党20,035票
10.33%
18.13%
中原恵人26新党さきがけ15,140票
7.81%
13.70%
柳沢雅美41新社会党7,369票
3.80%
6.67%
叶屋博基30自由連合1,516票
0.78%
1.37%
  • 中原恵人は新党さきがけに残留した唯一の新人候補。埼玉県議会議員1期を経て2015年2月に吉川市長選に出馬、初当選。

脚注[編集]

関連項目[編集]