北海道第11区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗北海道第11区
衆議院小選挙区 北海道2.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 帯広市十勝総合振興局管内
(2017年7月16日現在)
比例区 北海道ブロック
設置年 1994年
選出議員 石川香織
有権者数 28万4391人
1.229 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

北海道第11区(ほっかいどうだい11く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

全国でも、隣の北海道第12区に次いで面積が広い。

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

中川一郎時代から続く中川家の地盤であり、その圧倒的な強さから「中川王国」とまで呼ばれた。その地盤を受け継いだ中川昭一は、中選挙区時代を含め連続8回当選。小選挙区になって以降も、有権者30万人弱の選挙区で、多いときで次点に6万票の差をつける強さを誇ってきた。

しかし、第45回衆議院議員総選挙では、民主党石川知裕が3万票近い差をつけて中川昭一を破り、46年間続いた中川王国は崩壊した。中川昭一は比例北海道ブロック自民党の3位であったが、この選挙では自民党が惨敗し比例北海道ブロックでも2議席の獲得に留まり比例復活も叶わなかった。同年10月に中川昭一は急逝[4]し、暫くの間11区の自民党候補は後継者不在となる。

一方の石川も陸山会事件に絡む政治資金規正法違反で逮捕され、2010年2月起訴されたことを受け、民主党を離党した。議員辞職はしなかったものの、一時期国政の二大政党において11区を地盤とする議員が不在となった。

次の第46回衆議院議員総選挙では死去した中川昭一に代わり地盤を受け継いだ妻の中川郁子が出馬、石川も無所属を経て入党していた新党大地から出馬した。一方民主党は同区に候補者を立てず自主投票としている。選挙の結果、中川郁が石川を破って初当選し雪辱を果たした[5]

第47回衆議院議員総選挙では、石川は公民権停止期間中のため出馬できず、民主党は新人を擁立したが、前回以上の差で中川郁が再び当選した。第48回衆議院議員総選挙では当初石川が出馬予定だったが、2017年9月28日に衆議院が解散し、10月10日に公示となったため10月24日に公民権が回復する石川は出馬が不可能となり、民進党は妻の石川香織を擁立することになった。その後民進党の分裂により立憲民主党からの出馬となった石川香が当選し、中川郁は比例復活もできなかった。

第49回衆議院議員総選挙も前回同様に石川香と中川郁の一騎打ちになって石川香が再選したものの、前回より差が詰められたため中川郁の比例復活を許す結果となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 中川昭一 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 石川知裕 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 中川郁子 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 石川香織 立憲民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年) 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 北海道第11区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:28万3874人 最終投票率:63.51%(前回比:減少0.28%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石川香織37立憲民主党91,538票
51.75%
――社会民主党北海道連合支持
比当中川郁子62自由民主党85,336票
48.25%
93.22%公明党新党大地推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 北海道第11区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:29万399人 最終投票率:63.79%(前回比:増加4.15%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石川香織33立憲民主党98,214票
54.47%
――
中川郁子58自由民主党82,096票
45.53%
83.59%公明党・新党大地
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 北海道第11区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:28万7275人 最終投票率:59.64%(前回比:減少1.35%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川郁子55自由民主党87,118票
52.22%
――公明党、新党改革
三津丈夫68民主党61,405票
36.81%
70.48%
畑中庸助63日本共産党18,303票
10.97%
21.01%
  • 三津は2015年の北海道議会議員選挙(帯広市選挙区)に民主党公認で立候補し当選。
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 北海道第11区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:60.99% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川郁子53自由民主党86,719票
50.99%
――公明党、新党改革
比当石川知裕39新党大地70,112票
41.23%
80.85%日本未来の党
渡辺紫64日本共産党13,235票
7.78%
15.26%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 北海道第11区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石川知裕36民主党118,655票
54.03%
――
中川昭一56自由民主党89,818票
40.90%
75.70%
渡辺紫60日本共産党11,140票
5.07%
9.39%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 北海道第11区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川昭一52自由民主党107,506票
51.62%
――
石川知裕32民主党84,626票
40.63%
78.72%
長谷部昭夫61日本共産党16,145票
7.75%
15.02%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 北海道第11区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川昭一50自由民主党112,210票
62.05%
――
山内恵子63社会民主党52,395票
28.97%
46.69%
長谷部昭夫59日本共産党16,235票
8.98%
14.47%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 北海道第11区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川昭一46自由民主党112,297票
57.74%
――
出田基子53民主党57,486票
29.56%
51.19%
浅沼双枝45日本共産党24,717票
12.71%
22.01%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 北海道第11区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川昭一43自由民主党97,428票
53.53%
――
池本柳次49民主党67,250票
36.95%
69.03%
佐藤糸江50日本共産党17,319票
9.52%
17.78%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年9月30日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 北海道”. 総務省. 2021年9月30日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年9月30日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  4. ^ 1年後に北海道第5区選出の小林千代美(民主党選出)が陣営内の公職選挙法違反に伴い議員辞職し、小林と議席を争った自民党北海道ブロック2位(比例復活)の町村信孝が補選に出馬した。中川が存命であれば繰り上げ当選の対象となったが、既に没していたためブロック4位の今津寛が繰り上げ対象となっている。
  5. ^ 石川は新党大地唯一の当選者として比例復活したが、その後議員辞職。2014年に有罪判決が確定し、公民権停止となった。

関連項目[編集]