北海道第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗北海道第4区
衆議院小選挙区 北海道2.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 札幌市西区発寒・発寒北・八軒・八軒中央の各連合町内会管内)・手稲区小樽市後志総合振興局管内
(2017年7月16日現在)
比例区 北海道ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 解散につき欠員
有権者数 364,314人
1.575 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

北海道第4区(ほっかいどうだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の小選挙区改定により札幌市西区の一部が1区から4区へ移行。

2017年以前の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 札幌市
    • 手稲区
  • 小樽市
  • 北海道後志総合振興局管内

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

歴史[編集]

1996年の小選挙区比例代表並立制導入から2回の選挙では自民党の佐藤静雄が当選したが、2003年(平成15年)の選挙からはかつて北海道8区から出馬しており、2003年4月の北海道知事選挙に落選していた民主党の鉢呂吉雄がこの選挙区に国替えして3回連続で当選を重ねた。

2012年(平成24年)の選挙では、民主党への逆風と鉢呂の東日本大震災被災地での不適切な言動への批判によって、自民党で元北海道議の中村裕之が当選した。鉢呂は比例復活も果たせず落選することになった。2014年(平成26年)の選挙では、鉢呂が前回より票を伸ばすも、再び中村が当選し、鉢呂は二回連続の完全落選となり、次期衆議院選挙への不出馬を表明した(その後第24回参議院議員通常選挙北海道選挙区へ出馬し当選)。

2017年(平成29年)の選挙では鉢呂に代わって、札幌市出身で埼玉12区で活動していた本多平直が国替えして立憲民主党から出馬するも中村が三度目の当選。本多は所属する立憲民主党が比例で3議席確保したため比例復活を果たした。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 佐藤静雄 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 鉢呂吉雄 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 中村裕之 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 北海道第4区

時の内閣:岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 北海道第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:373,655[5]人 最終投票率:61.94[5]% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村裕之56自由民主党104,054票
45.92%
――公明党新党大地推薦
比当本多平直52立憲民主党90,619票
39.99%
87.09%
高橋美穂52希望の党31,941票
14.09%
30.70%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 北海道第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:305,717[6]人 最終投票率:57.74[6]%(前回比:▲2.4%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村裕之53自由民主党77,690票
45.36%
――公明党推薦
鉢呂吉雄66民主党70,049票
40.90%
90.16%新党大地推薦
酒井隆裕40日本共産党23,532票
13.74%
30.29%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 北海道第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:310,552[7]人 最終投票率:60.14[7]%(前回比:▲13.87%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中村裕之51自由民主党79,588票
44.22%
――公明党推薦
鉢呂吉雄64民主党53,217票
29.57%
66.87%国民新党推薦
苫米地英人53新党大地25,778票
14.32%
32.39%
菊地葉子61日本共産党21,379票
11.88%
26.86%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 北海道第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:316,523[8]人 最終投票率:74.01[8]%(前回比:1.93%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鉢呂吉雄61民主党149,697票
65.47%
――
宮本融44自由民主党75,029票
32.81%
50.12%
鶴見俊蔵55幸福実現党3,923票
1.72%
2.62%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 北海道第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:323,470[9]人 最終投票率:72.08[9]%(前回比:7.29%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鉢呂吉雄57民主党108,023票
47.18%
――
佐藤静雄63自由民主党100,170票
43.75%
92.73%
琴坂禎子69日本共産党20,766票
9.07%
19.22%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 北海道第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:324,521[10]人 最終投票率:64.79[10]% (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鉢呂吉雄55民主党100,883票
49.04%
――
佐藤静雄62自由民主党83,994票
40.83%
83.26%
琴坂禎子68日本共産党20,827票
10.12%
20.64%
  • 鉢呂は前回まで8区で活動していた。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 北海道第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
佐藤静雄58自由民主党88,825票
42.93%
――
池田隆一55民主党81,805票
39.54%
92.10%
琴坂禎子64日本共産党36,257票
17.53%
40.82%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 北海道第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
佐藤静雄55自由民主党58,371票
30.72%
――
鈴木康司50新進党53,332票
28.07%
91.37%
池田隆一51民主党51,714票
27.22%
88.60%
大和時也60日本共産党26,562票
13.98%
45.51%
  • 鈴木は新進党分党後に民主党へ、第42回の比例単独候補となり次点で落選。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年9月30日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 北海道”. 総務省. 2021年9月30日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年9月30日閲覧。地名は2013年(平成25年)当時のものである。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年9月30日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  5. ^ a b 北海道HP>選挙管理委員会>投票結果(選挙区別)小選挙区【平成29年10月22日】
  6. ^ a b 北海道HP>選挙管理委員会>投票結果(選挙区別)小選挙区【平成26年12月14日】
  7. ^ a b 北海道HP>選挙管理委員会>投票結果(選挙区別)小選挙区【平成24年12月16日】
  8. ^ a b 北海道HP>選挙管理委員会>投票結果(選挙区別)小選挙区【平成21年 8月30日】
  9. ^ a b 北海道HP>選挙管理委員会>投票結果(選挙区別)小選挙区【平成17年09月11日】
  10. ^ a b 北海道HP>選挙管理委員会>投票結果(選挙区別)小選挙区【平成15年11月09日】

関連項目[編集]