富山県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗富山県第1区
衆議院小選挙区 富山県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 富山市2区に属さない区域)
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 田畑裕明
有権者数 26万8438人
1.160 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

富山県第1区(とやまけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

  • 富山市2005年4月1日付の合併前の旧富山市域)
    • 相生町、綾田町1〜3丁目、青柳、青柳新、赤江町、赤田、秋ヶ島、秋吉、秋吉新町、悪王寺、曙町、朝日、旭町、安住町、愛宕町1・2丁目、荒川、荒川1〜5丁目、荒川新町、荒町、新屋、有沢、有沢新町、粟島町1〜3丁目、安養寺、安養坊、飯野、池多、石金1〜3丁目、石倉町、石坂、石坂新、石坂東町、石田、石屋、泉町1・2丁目、磯部町1〜4丁目、一番町、一本木、稲荷園町、稲荷町1〜4丁目、稲荷元町1〜3丁目、犬島1〜7丁目、犬島新町1・2丁目、今泉、今泉西部町、今泉北部町、今市、今木町、岩瀬赤田町、岩瀬天池町、岩瀬池田町、岩瀬入船町、岩瀬梅本町、岩瀬御蔵町、岩瀬表町、岩瀬古志町、岩瀬諏訪町、岩瀬高畠町、岩瀬天神町、岩瀬萩浦町、岩瀬白山町、岩瀬文化町、岩瀬松原町、岩瀬港町、牛島新町、牛島町、牛島本町1・2丁目、打出、打出新、内幸町、梅沢町1〜3丁目、上野、上野寿町、上野新町、永楽町、越前町、江本、荏原新町、蛯町、追分茶屋、大井、大泉、大泉北町、大泉中町、大泉東町1・2丁目、大泉本町1・2丁目、大泉町1〜3丁目、大江干、大江干新町、大島1〜4丁目、太田、太田口通り1〜3丁目、於保多町、太田南町、大塚、大塚西、大塚東、大手町、大場、大町、大宮町、奥井町、奥田寿町、奥田新町、奥田双葉町、奥田本町、奥田町、押上、音羽町1・2丁目、雄山町、海岸通、開発、掛尾栄町、掛尾町、鹿島町1・2丁目、金代、金屋、金山新、金山新北、金山新桜ヶ丘、金山新中、金山新東、金山新南、上赤江、上赤江町1・2丁目、上飯野、上飯野新町1〜5丁目、上今町、上熊野、上栄、上庄町、上新保、上千俵町、上布目、上袋、上冨居、上冨居1〜3丁目、上冨居新町、上堀南町、上本町、上八日町、願海寺、北押川、北新町1・2丁目、北代、北代新、北二ツ屋、木場町、経田、経堂、経堂1〜4丁目、経堂新町、経力、金泉寺、銀嶺町、久郷、草島、楠木、窪新町、窪本町、公文名、栗山、呉羽野田、呉羽町、呉羽町北、黒崎、黒瀬、黒瀬北町1・2丁目、小泉町、興人町、高来、古志町1〜6丁目、小島町、小杉、五艘、小中、小西、五番町、五福、五本榎、駒見、才覚寺、境野新、栄新町、栄町1〜3丁目、坂下新、桜木町、桜谷みどり町1・2丁目、桜橋通り、桜町1・2丁目、山王町、三熊、三番町、七軒町、芝園町1〜3丁目、島田、清水中町、清水町1〜9丁目、清水元町、下赤江町1・2丁目、下飯野、下奥井1・2丁目、下熊野、下新北町、下新西町、下新日曹町、下新本町、下新町、下野、下野新、下冨居、下冨居1・2丁目、下堀、城川原1〜3丁目、庄高田、城北町、城村、城村新町、白銀町、新金代1・2丁目、新川原町、新桜町、新庄北町、新庄銀座1〜3丁目、新庄本町1〜3丁目、新庄町、新庄町1〜4丁目新総曲輪、新千原崎、神通本町1・2丁目、神通町1〜3丁目、新富町1・2丁目、新根塚町1〜3丁目、新冨居、新保、新名、杉瀬、杉谷、砂町、住友町、住吉、住吉町1・2丁目、諏訪川原1〜3丁目、清風町、関、千石町1〜6丁目、千成町、千俵町、総曲輪1〜4丁目、惣在寺、双代町、高木、高木西、高木東、高木南、高島、高園町、高田、高畠町1・2丁目、高屋敷、宝町1・2丁目、田刈屋、館出町1・2丁目、辰尾、辰巳町1・2丁目、田中町1〜5丁目、田尻、田尻西、田畑、珠泉西町、珠泉東町、手屋、手屋1〜3丁目、太郎丸、太郎丸西町1・2丁目、太郎丸本町1〜4丁目、千歳町1〜3丁目、千原崎、千原崎1・2丁目、茶屋町、中央通り1〜3丁目、中間島、中間島1・2丁目、千代田町、塚原、月岡新、月岡西緑町、月岡東緑町1〜4丁目、月岡町1〜7丁目、月見町1〜7丁目、堤町通り1・2丁目、つばめ野1〜3丁目、鶴ヶ丘町、寺島、寺町、寺町けや木台、天正寺、土居原町、問屋町1〜3丁目、道正、任海、常盤台、常盤町、栃谷、利波、富岡町、友杉、豊丘町、豊川町、豊島町、豊城新町、豊城町、豊田、豊田本町1〜4丁目、豊田町1・2丁目、豊若町1〜3丁目、永久町、中市、中市1・2丁目、長江、長江1〜5丁目、長江新町1〜4丁目、長江東町1〜3丁目、長江本町、長柄町1〜3丁目、中老田長岡、長岡新、中沖、中川原、中川原新町、中川原台1・2丁目、中島1〜5丁目、中田、中田1〜3丁目、中布目、中野新、中野新町1・2丁目、中冨居、中冨居新町、中屋、流杉、鍋田、南央町、西四十物町、西荒屋、西大泉、西押川、西金屋、西公文名、西公文名町、西山王町、西新庄、西町、西田地方町1〜3丁目、西長江1〜4丁目、西長江本町、西中野本町、西中野町1・2丁目、西野新、西番、西宮町、西二俣、西宮、蜷川、布市、布市新町、布瀬本町、布瀬町1・2丁目、布瀬町南1〜3丁目、布目、布目北、布目西、根塚町1〜4丁目、野口、野口南部、野口北部、野田、野中、野中新、野々上、野町、萩原、蓮町1〜6丁目、旅籠町、畑中、八川、八人町八ヶ山、八町、八町中、八町東、八町南、花園町1〜4丁目、花木、羽根、浜黒崎、林崎、針日、針原中、針原中町、晴海台、東石金町、東岩瀬町、東岩瀬村、東老田、東田地方町1・2丁目、東富山寿町1〜3丁目、東中野町1〜3丁目、東流杉、東町1〜3丁目、日方江、久方町、日之出町、日俣、百塚、鵯島、ひよどり南台、平榎、平岡、開、開ヶ丘、平吹町、福居、冨居栄町、不二越本町1・2丁目、不二越町、藤木、藤木新、藤木新町、藤の木園町、藤の木台1〜3丁目、二口町1〜5丁目、二俣、二俣新町、舟橋今町、舟橋北町、舟橋南町、古鍛冶町、古沢、古寺、文京町1〜3丁目、別名、星井町1〜3丁目、堀、堀川小泉町、堀川小泉町1・2丁目、堀川本郷、堀川町、堀端町、本郷、本郷新、本郷西部、本郷中部、本郷東部、本郷北部、本郷町、本町、本丸、牧田、町新、町袋、町村、町村1・2丁目、松浦町、松木、松木新、松若町、丸の内1〜3丁目、三上、水落、水落1丁目、水橋池田舘、水橋池田町、水橋石政、水橋石割、水橋伊勢屋、水橋伊勢領、水橋市江、水橋市田袋、水橋入江、水橋魚躬、水橋大町、水橋沖、水橋肘崎、水橋開発、水橋開発町、水橋鏡田、水橋堅田、水橋金尾、水橋金尾新、水橋金広、水橋上桜木、水橋上砂子坂、水橋川原町、水橋北馬場、水橋狐塚、水橋小池、水橋恋塚、水橋小出、水橋五郎丸、水橋桜木、水橋佐野竹、水橋山王町、水橋下段、水橋柴草、水橋清水堂、水橋下砂子坂、水橋下砂子坂新、水橋常願寺、水橋小路、水橋上条新町、水橋新保、水橋新堀、水橋専光寺、水橋大正、水橋高月、水橋高寺、水橋高堂、水橋舘町、水橋田伏、水橋辻ヶ堂、水橋中馬場、水橋中町、水橋中村、水橋中村町、水橋入部町、水橋畠等、水橋番頭名、水橋平榎、水橋平塚、水橋二杉、水橋二ッ屋、水橋曲淵、水橋町、水橋町袋、水橋的場、水橋柳寺、緑町1・2丁目、湊入船町、南金屋、南栗山、南新町、南田町1・2丁目、南中田、宮尾、宮条、宮園町、宮成、宮成新、宮保、宮町、向新庄、向新庄町1〜8丁目、向川原町、室町通り1・2丁目、明輪町、元町1・2丁目、桃井町1・2丁目、森、森1〜5丁目、森住町、森田、森若町、安田町、安野屋町1〜3丁目、柳町1〜4丁目、八幡、山岸、山室、山室荒屋、山室荒屋新町、山本、弥生町1・2丁目、八日町、四方、四方荒屋、四方一番町、四方恵比須町、四方北窪、四方新、四方新出町、四方神明町、四方田町、四方西岩瀬、四方二番町、四方野割町、四方港町、横内、横越、吉岡、吉倉、吉作、四ツ葉町、米田、米田すずかけ台1〜3丁目、米田町1〜3丁目、若竹町1〜6丁目[3]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[5]

  • 富山市

歴史[編集]

小選挙区設置以降、第41回・第42回は、自民党の長勢甚遠と新進党から自由党へ移った広野允士(広野ただし、後に参議院議員に当選)との対決が続き、第43回以降は長勢と民主党村井宗明との対決構図が続いていた。いずれも、法務大臣も経験した長勢が知名度を生かして勝ち続けていたが、第45回では初めて小選挙区で村井に敗れ、重複立候補していた比例北陸信越ブロックでの復活当選となった。

2012年の第46回では長勢は政界引退を表明、その後継候補となった富山県議会議員出身の新人・田畑裕明が当選した。村井は比例復活も出来ずに落選、村井はその後、政界引退を表明した。

2014年の第47回では、民主党が候補者擁立を見送り、前回無所属で立候補し落選後、維新の党へ入党した吉田豊史が再度立候補するも、田畑が2期連続で当選。吉田も重複立候補していた比例北陸信越ブロックで復活当選した。2017年の第48回では田畑が3期連続当選の一方、吉田は日本維新の会が比例で議席を得られず落選。2021年の第49回では田畑が4期連続当選し、吉田は立憲民主党の候補を超える得票で、維新の獲得した議席によって比例復活した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 長勢甚遠 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 村井宗明 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 田畑裕明 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 富山県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:26万7782人 最終投票率:52.43%(前回比:増加4.24%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田畑裕明48自由民主党71,696票
51.78%
――公明党推薦
比当吉田豊史51日本維新の会45,411票
32.79%
63.34%
西尾政英60立憲民主党14,563票
10.52%
20.31%
青山了介46日本共産党6,800票
4.91%
9.48%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 富山県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:26万8576人 最終投票率:48.19%(前回比:増加1.72%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田畑裕明44自由民主党74,876票
59.16%
――公明党推薦
吉田豊史47日本維新の会38,219票
30.20%
51.04%希望の党推薦
青山了介42日本共産党13,471票
10.64%
17.99%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 富山県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:26万2560人 最終投票率:46.47%(前回比:減少9.83%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田畑裕明41自由民主党70,085票
58.83%
――公明党推薦
比当吉田豊史44維新の党39,249票
32.95%
56.00%
高橋渡51日本共産党9,795票
8.22%
13.98%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 富山県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:56.30% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田畑裕明39自由民主党70,268票
48.55%
――公明党推薦
村井宗明39民主党43,072票
29.76%
61.30%
吉田豊史42無所属24,370票
16.84%
34.68%日本維新の会みんなの党推薦×
山田哲男65日本共産党7,023票
4.85%
9.99%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 富山県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村井宗明36民主党90,377票
49.91%
――
比当長勢甚遠65自由民主党82,040票
45.31%
90.78%
佐伯めぐみ28日本共産党6,974票
3.85%
7.72%
吉田かをる54幸福実現党1,684票
0.93%
1.86%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 富山県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
長勢甚遠61自由民主党88,840票
52.31%
――
比当村井宗明32民主党71,072票
41.85%
80.00%
山田哲男57日本共産党9,919票
5.84%
11.17%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 富山県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
長勢甚遠60自由民主党76,154票
55.50%
――
比当村井宗明30民主党51,306票
37.39%
67.37%
山田哲男56日本共産党9,764票
7.12%
12.82%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 富山県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
長勢甚遠56自由民主党66,576票
42.92%
――
広野允士57自由党40,366票
26.03%
60.63%
高木睦子56社会民主党20,212票
13.03%
30.36%
原田貢彰31民主党17,239票
11.11%
25.89%
火爪弘子45日本共産党10,707票
6.90%
16.08%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 富山県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
長勢甚遠53自由民主党55,580票
35.49%
――
広野允士53新進党47,515票
30.34%
85.49%
野上徹58無所属25,506票
16.29%
45.89%×
高木睦子55民主党19,918票
12.72%
35.84%
岡田美乃利51日本共産党8,101票
5.17%
14.58%

脚注[編集]

関連項目[編集]