広島県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗広島県第4区
衆議院小選挙区 広島県2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 呉市竹原市東広島市江田島市安芸郡熊野町豊田郡
(2022年12月28日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
2022年区割変更)
選出議員 新谷正義
有権者数 39万8489人
1.737 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2022年9月1日)
テンプレートを表示

広島県第4区(ひろしまけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2022年令和4年公職選挙法改正以降の区域は以下のとおりである[1]。旧4区と旧5区のそれぞれ大部分をもって新設した4区である。安芸郡の3町は1区へ、広島市安芸区3区へ、三原市は5区へそれぞれ移行した。

2022年以前の区域[編集]

2013年平成25年)公職選挙法改正から2022年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[2][3]

1994年平成6年)公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[4]

歴史[編集]

旧広島2区の北部を範囲としており、広島大学の移転などで発展目まぐるしい東広島市広島県中央部の農村地帯を含む。

中選挙区時代(旧広島2区)から農村部に岳父中川俊思以来の地盤を持つ中川秀直が、対立候補に比例復活を許さないほどの圧勝で連続4選してきた。

しかし、2009年の総選挙では、過去2回の総選挙で中川の次点に終わっていた民主党空本誠喜が初めて中川を破った。

2012年の総選挙では秀直の次男の中川俊直が初当選したが、2017年に不祥事で自民党を離党、そのまま不出馬となった。その後、同年の総選挙で自民党は比例中国ブロック選出の新谷正義を公認、日本維新の会から空本が再度出馬したものの、新谷が制した。

2021年の総選挙は新谷が再選。得票数2位の上野寛治が落選するも、得票数3位の空本が惜敗率37.0%にも関わらず、比例復活を果たした[5]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 中川秀直 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 空本誠喜 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 中川俊直 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 新谷正義
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 広島県第4区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:30万9781人 最終投票率:53.18%(前回比:増加3.52%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
新谷正義46自由民主党78,253票
48.30%
――公明党推薦
上野寛治39立憲民主党33,681票
20.79%
43.04%
比当空本誠喜57日本維新の会28,966票
17.88%
37.02%
中川俊直51無所属21,112票
13.03%
26.98%×
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 広島県第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:30万7470人 最終投票率:49.66%(前回比:増加1.20%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
新谷正義42自由民主党64,911票
43.64%
――公明党推薦
空本誠喜53日本維新の会28,562票
19.20%
44.00%
恵飛須圭二34無所属20,366票
13.69%
31.38%民進党公認候補、社民党広島県連合推薦、連合広島推薦×
上野寛治35希望の党16,803票
11.30%
25.89%
中石仁54日本共産党10,884票
7.32%
16.77%
落合洋司53無所属7,210票
4.85%
11.11%×
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 広島県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:29万8095人 最終投票率:48.46%(前回比:減少7.79%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川俊直44自由民主党89,748票
64.93%
――公明党推薦
中丸啓51次世代の党26,977票
19.52%
30.06%
中石仁52日本共産党21,500票
15.55%
23.96%
  • 中丸は、前回まで出馬していた広島3区から国替えして出馬[7]。元職の空本については出馬を見送った[8]
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 広島県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:29万5992人 最終投票率:56.25%(前回比:減少14.53%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川俊直42自由民主党91,611票
57.79%
――公明党推薦
空本誠喜48民主党53,340票
33.65%
58.22%国民新党推薦
中石仁50日本共産党13,576票
8.56%
14.82%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 広島県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:29万3632人 最終投票率:70.78% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
空本誠喜45民主党102,435票
50.28%
――
比当中川秀直65自由民主党97,296票
47.76%
94.98%
沖ゆり54幸福実現党4,003票
1.96%
3.91%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 広島県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川秀直61自由民主党110,046票
58.46%
――
空本誠喜41民主党67,921票
36.08%
61.72%
中石仁42日本共産党10,270票
5.46%
9.33%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 広島県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川秀直59自由民主党86,275票
54.74%
――
空本誠喜39民主党49,784票
31.59%
57.70%
松井秀明52社会民主党9,681票
6.14%
11.22%
中石仁40日本共産党6,636票
4.21%
7.69%
堀間禎子58無所属5,225票
3.32%
6.06%×
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 広島県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川秀直56自由民主党102,900票
63.99%
――
松井秀明49社会民主党40,526票
25.20%
39.38%
小島敏栄52日本共産党17,390票
10.81%
16.90%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 広島県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中川秀直52自由民主党97,056票
69.68%
――
秋光民恵58新社会党27,875票
20.01%
28.72%
西岡潤50日本共産党14,365票
10.31%
14.80%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

“維新「第3党」躍進のお寒い実情…次点にもなれず比例復活の“ゾンビ議員”がウヨウヨ”. 日刊ゲンダイ. (2021年11月12日20:19). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/296904 

関連項目[編集]