熊野町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くまのちょう
熊野町
筆の里工房内の巨大熊野筆
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
安芸郡
団体コード 34307-2
法人番号 9000020343072
面積 33.76km2
総人口 23,266[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 689人/km2
隣接自治体 広島市東広島市呉市
安芸郡海田町
町の木
町の花
他のシンボル うぐいす
熊野町役場
町長 三村裕史
所在地 731-4292
広島県安芸郡熊野町中溝一丁目1番1号
北緯34度20分8.9秒東経132度35分4.8秒座標: 北緯34度20分8.9秒 東経132度35分4.8秒
役場庁舎位置

熊野町役場
外部リンク 熊野町

熊野町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

特記事項 なし
 表示 ウィキプロジェクト
筆の里

熊野町(くまのちょう)は、広島県安芸郡

概要[編集]

広島県では竹原市江田島市と同規模の人口を擁しており、町では府中町海田町に次いで3番目に人口が多い。また、県内の鉄道駅が無い市町では最も人口が多い。

人口は戦前は7,000人台、戦後しばらくは9,000人台で推移していたが、昭和40年代に熊野団地が建設されたことで人口が急増し、1975年に20,000人、1983年に25,000人を突破した[1]。その後は25,000人前後で推移してきたが、現在は減少傾向である。

筆の全国一シェアを誇る熊野筆の産地で製造が盛んであるとともに、広島市安芸区呉市に隣接することから、近年は両市のベッドタウンとして開発が進んでいる。

地理[編集]

四方を山々に囲まれた熊野盆地を中心に広がり、熊野川が流れる。

歴史[編集]

行政[編集]

  • 町長:三村裕史 (2008年12月2日- )
  • 副町長:木谷健 (2010年4月1日-)
  • 教育長:林保

産業[編集]

特産品[編集]

  • 熊野筆
  • 化粧筆
  • 黒豆

熊野町の企業[編集]

  • 竹宝堂(熊野筆製造業)
  • 株式会社白鳳堂(熊野筆製造業)
  • 広島筆産業株式会社(熊野筆製造業)
  • 有限会社竹田ブラシ製作所(化粧筆製造業)
  • 株式会社一休園(熊野筆製造卸業)
  • 株式会社仿古堂(文房四宝の卸業)
  • 株式会社文宏堂(熊野筆製造業)
  • 有限会社山富建設(建設業)
  • 伊藤司法書士事務所
  • 育峰堂(毛筆製造卸)

地域[編集]

人口[編集]

Demography34307.svg
熊野町と全国の年齢別人口分布(2005年) 熊野町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 熊野町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
熊野町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

隣接している自治体・行政区[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

  • 山陽新幹線が町内の地下を貫いている。町内に駅はない。

バス[編集]

道路[編集]

有料道路[編集]

一般国道[編集]

なし

その他道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所[編集]

  • 榊山神社・熊野本宮社
    榊山神社は、宇佐八幡宮から勧請したとされ、祭神は帯中津日子神品陀和気神息長帯比売神である。熊野本宮社は、熊野本宮大社より勧請したとされ、祭神は伊弉諾尊、伊弉冉尊である。
    榊山神社・熊野本宮社の他、境内に諏訪神社(熊野中学校拡張工事に伴い現在の場所に移動)、榊谷神社、荒神社、台場稲荷大明神がある。また、熊野本宮神社側参道の途中には、筆供養が行われる筆塚がある。

観光スポット[編集]

催事[編集]

  • 筆まつり(9月23日)

出身有名人[編集]

その他[編集]

  • 郵便番号は以下の通りとなっている。
    • 熊野郵便局:731-42xx

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 各年「国勢調査」および「広島県人口移動統計調査」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]