三谷光男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗前衆議院議員 三谷 光男
生年月日 (1959-06-16) 1959年6月16日(57歳)
出身地 日本の旗広島県呉市
出身校 大阪大学経済学部
学位・資格 経済学士
前職 宮澤喜一衆議院議員秘書
世襲
選出選挙区 比例中国ブロック→)
広島5区
当選回数 2回
所属党派 民主党野田グループ
党役職 広島県第5区総支部長
ウェブサイト 三谷光男|前衆議院議員・民主党広島県第5区総支部長
テンプレートを表示

三谷 光男(みたに みつお、1959年6月16日 - )は、日本政治家民主党所属の前衆議院議員(2期)。

内閣総理大臣補佐官野田第3次改造内閣)、財務大臣政務官野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)兼復興大臣政務官(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)を歴任した。

来歴[編集]

広島県呉市生まれ。広島県立呉三津田高等学校大阪大学経済学部卒業。大学卒業後、松下幸之助が設立した松下政経塾に入塾する(第4期生)。

松下政経塾を卒業後、広島県選出の宮澤喜一衆議院議員の秘書を務める。宮澤が小渕内閣大蔵大臣に起用された際は大臣秘書官に就任した。宮澤の引退後は、地盤を引き継いだ宮澤洋一(宮澤喜一の甥)の政策担当秘書を務めた。

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙広島5区から無所属で出馬したが、自由民主党池田行彦に敗れた。落選後、民主党に入党。翌2004年、池田の死去に伴う補欠選挙に民主党公認で出馬したが、池田の女婿である寺田稔に敗れ、再び落選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙では広島5区で再び寺田に敗れたが、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選した。2009年第45回衆議院議員総選挙では初めて広島5区で寺田を破り、再選(寺田は比例復活もならず落選)。

2011年9月、野田内閣財務大臣政務官に任命され、野田第1次改造内閣から復興大臣政務官を兼務する。2012年10月、野田第3次改造内閣内閣総理大臣補佐官(政治主導による政策運営及び国会対策担当)に起用された。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では広島5区から出馬するも前回下した寺田に敗れ、比例復活もならず落選した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では広島5区から民主党公認で出馬する予定であったが[1]、直前で体調不良を理由に断念した[2]

政策[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
吉田泉尾立源幸
日本の旗 財務大臣政務官
吉田泉と共同
若泉征三と共同

2011年 - 2012年
次代:
網屋信介柚木道義