井上貴博 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
 井上 貴博
いのうえ たかひろ
生年月日 (1962-04-02) 1962年4月2日(55歳)
出生地 日本の旗 福岡県福岡市博多区
出身校 獨協大学法学部
前職 福岡県議会議員
所属政党 自由民主党麻生派
親族 井上吉左衛門(祖父
井上雅實(
公式サイト 井上たかひろ公式サイト

選挙区 福岡1区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月19日[1] - 現職

選挙区 福岡市博多区選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2012年
テンプレートを表示

井上 貴博(いのうえ たかひろ、1962年昭和37年)4月2日 - )は、日本政治家衆議院議員(2期)。

福岡県議会議員(3期)などを歴任した。

経歴[編集]

福岡県福岡市博多区生まれ。西南学院高等学校獨協大学法学部卒業[要出典]

2003年4月、祖父・父の地盤を引き継ぎ[要出典]福岡県議会議員選挙に博多選挙区から立候補し初当選。その後、2007年2011年と連続3期当選。

2012年、任期半ばで県議会議員を辞職し、第46回衆議院議員総選挙自由民主党公認で福岡1区から出馬。当初、自民党福岡県連は古賀誠秘書の新開裕司を公認候補としていたが、最高顧問の麻生太郎がこの決定に難色を示した[2]。そのため、党執行部内で再検討が行われ、最終的に総裁安倍晋三が井上の擁立を決めた[2]。そのため、「安倍チルドレン」と呼ばれる[3]

福岡1区は小選挙区制が導入された1996年以降、5期連続で民主党が議席を確保している民主王国だったが、環境大臣内閣府特命担当大臣(防災担当)などを務めた前職の松本龍を破り初当選[4]

2014年第47回衆議院議員総選挙では新開との公認争いで党内が分裂し、最終的に両者が無所属で福岡1区から立候補した。同選挙で井上は新開や民主党元職の山本剛正を抑え再選、自民党の追加公認を受けた[5]

政策[編集]

不祥事[編集]

報道規制発言問題[編集]

2015年6月25日、自民党内の勉強会文化芸術懇話会において、「福岡の青年会議所理事長の時、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、広告の提供(スポンサー)にならないということが一番(マスコミは)こたえる」などと述べた[10]。同27日、自由民主党幹事長谷垣禎一は、同党本部で記者会見し、同発言を行った井上を厳重注意とした他、同様に問題発言を行った長尾敬大西英男を厳重注意とし、さらに同会代表の木原稔自民党青年局長を同日付で更迭し、1年間の役職停止処分とした[11]

収支報告書記載漏れ問題[編集]

2012年の総選挙時に受領した寄付金1300万円を、選挙運動費用収支報告書に記載していなかったことが、2015年7月3日に発覚した[12][13]公職選挙法は、選挙にかかったすべての収支を報告書に記載するよう義務付けている[12][13]。井上の事務所は取材に対し「自民党本部から受け取ったお金で、選挙費用に使ったが記載を忘れてしまった。外部の指摘で判明した」などと説明し、福岡県選挙管理委員会に修正を届け出た。井上の事務所によると、1300万円は投開票日6日前に、党本部から井上が代表を務める党福岡県第1選挙区支部に入金されたもので、支部は同日、選挙関係費として井上に全額を寄付した。実際には1300万円のうち764万円余を選挙運動費用として使い、残る535万円余は金庫に保管していた。事務所の担当者は、「535万円余は(判明した2015年7月)3日、支部に寄付(返金)した」と話している[12]

愛人へのDV報道[編集]

1994年頃から2000年にかけて井上の愛人だった女性から、当時DVを受けていた、と告発された[14][15][16]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日福岡県選挙管理委員会告示第136号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名等)
  2. ^ a b 安倍総裁、福岡県連決定覆す 福岡1区に井上県議 産経新聞 2012年11月29日
  3. ^ 「自民党勉強会でのメディア弾圧で本当に怖いのは…そんな話を居酒屋での冗談にする愚かさ」、アメーバニュース、2015年7月7日
  4. ^ 自民・井上氏、民主の牙城で勝利 「福岡1区で悲願果たした」 日本経済新聞 2012年12月16日
  5. ^ 福岡1区“仁義なき戦い”自民分裂選で井上氏が勝利 産経新聞 2014年12月14日
  6. ^ a b c d e “2012衆院選 福岡1区 井上貴博”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A40001001001 2014年6月17日閲覧。 
  7. ^ 福岡県議会平成22年2月定例会
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  9. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  10. ^ 「「マスコミ懲らしめるには…」文化芸術懇話会の主な意見」、朝日新聞、2015年6月26日
  11. ^ 自民、局長更迭・役職停止1年…報道規制発言”. 読売新聞社 (2015年6月27日). 2015年6月27日閲覧。
  12. ^ a b c 「自民党:井上貴博議員 1300万円を収支報告書に不記載」、毎日新聞、2015年7月4日
  13. ^ a b 「井上貴博議員、1300万円記載漏れ」、読売新聞、2015年7月4日
  14. ^ 週刊新潮、2015年7月16日号
  15. ^ NetIB News、2015年7月10日
  16. ^ J-CAST、2015年7月9日
  17. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]