緒方林太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 緒方 林太郎
生年月日 (1973-01-08) 1973年1月8日(44歳)
出生地 日本の旗 福岡県北九州市八幡西区
出身校 東京大学法学部(中退)
福岡県立東筑高等学校(卒業)
前職 国家公務員外務省
末松義規衆議院議員政策担当秘書
白眞勲参議院議員政策担当秘書
現職 福岡県第9選挙区総支部長
所属政党 民主党→)
民進党
公式サイト 衆議院議員 おがた林太郎
選挙区 福岡9区→)
比例九州ブロック
当選回数 2回
テンプレートを表示

緒方 林太郎(おがた りんたろう、1973年1月8日 - )は、日本政治家外交官民進党所属の衆議院議員(2期)、民進党機関誌局長。

来歴[編集]

福岡県北九州市八幡西区生まれ。1991年福岡県立東筑高校を卒業し東京大学文科I類に入学。3年次から東京大学法学部に進学するが、在学中に外交官試験に合格し、大学を中退[1]1994年外務省に入省した。入省後、フランス北部の都市リールのリール第2大学に留学しフランス語研修を受ける。在セネガル日本大使館2等書記官や外務省中東アフリカ局中東第2課課長補佐、外務省経済局国際機関第1課課長補佐を経て、2005年7月31日付で国際法局条約課課長補佐を最後に退官。退官後は、民主党末松義規衆議院議員白眞勲参議院議員政策担当秘書を務めた(末松は高校及び外務省の先輩にあたる)。

2007年2月の北九州市長選挙では、衆議院議員を辞職して立候補した北橋健治の選挙スタッフを務める。その後、北橋から事実上の後継指名を受け、民主党公認で北橋の選出選挙区だった福岡9区からの立候補を表明。2009年第45回衆議院議員総選挙に際しては、当初党から1次公認を得られなかったものの最終的に公認を受け、民主党公認(国民新党推薦)で出馬。福岡9区で自由民主党前職の三原朝彦を破り、初当選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、福岡9区で前回下した自民党の三原朝彦に3万票超の大差で敗れ、重複立候補していた比例九州ブロックでの復活も出来ず、落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙では、福岡9区で再び三原に敗れたが、前回よりも票差を縮めて比例九州ブロックで復活し、2年ぶりに国政に復帰した。なお福岡9区では、得票数3位で最下位だった日本共産党真島省三も比例復活し、同区で立候補した三原、緒方、真島の3候補が全員当選した[2]

2016年3月27日、民主党と維新の党が合流し、改革結集の会の一部議員や無所属議員なども参加して民進党が結成される[3]。現在同党に所属[4]

政策・主張[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]