緒方林太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緒方 林太郎
おがた りんたろう
生年月日 (1973-01-08) 1973年1月8日(47歳)
出生地 日本の旗 福岡県北九州市八幡西区
出身校 東京大学法学部(中退)
福岡県立東筑高等学校(卒業)
前職 国家公務員外務省
所属政党民主党→)
民進党→)
希望の党→)
無所属一丸の会
公式サイト 前衆議院議員 おがた林太郎

選挙区福岡9区→)
比例九州ブロック
当選回数 2回
在任期間 2009年8月31日 - 2012年11月16日
2014年12月14日
- 2017年9月28日
テンプレートを表示

緒方 林太郎(おがた りんたろう、1973年1月8日 - )は、日本政治家、元外交官。元衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

福岡県北九州市八幡西区生まれ。1991年福岡県立東筑高校を卒業し東京大学文科I類に入学。3年次から東京大学法学部に進学するが、在学中に外交官試験に合格し、大学を中退[1]1994年外務省に入省した。入省後、フランス北部の都市リールのリール第2大学に留学しフランス語研修を受ける。在セネガル日本大使館2等書記官や外務省中東アフリカ局中東第2課課長補佐、外務省経済局国際機関第1課課長補佐を経て、2005年7月31日付で国際法局条約課課長補佐を最後に退官。退官後は、末松義規白眞勲政策担当秘書を務めた[2]

2007年2月の北九州市長選挙では、衆議院議員を辞職して立候補した北橋健治の選挙スタッフを務める[要出典]。その後、北橋から事実上の後継指名を受け[要出典]、民主党公認で北橋の選出選挙区だった福岡9区からの立候補を表明。2009年第45回衆議院議員総選挙に際しては、当初党から1次公認を得られなかったものの最終的に公認を受け[3]、民主党公認(国民新党推薦)で出馬。福岡9区で自由民主党前職の三原朝彦を破り、初当選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、前回下した自民党の三原朝彦に3万票超の大差で敗れ、重複立候補していた比例九州ブロックでの復活も出来ず、落選。2014年第47回衆議院議員総選挙では、福岡9区で再び三原に敗れたが、前回よりも票差を縮めて比例九州ブロックで復活し、2年ぶりに国政に復帰した。なお福岡9区では、得票数3位で最下位だった日本共産党真島省三も比例復活し、同区で立候補した三原、緒方、真島の3候補が全員当選した[4]2016年3月27日、民主党と維新の党が合流して結成された民進党に参加[5]第48回衆議院議員総選挙にあたっては希望の党に参加・出馬したが、自由民主党の三原朝彦に競り負けて落選した[6]。2018年3月、次期衆院選は無所属で立候補する意向を示した[7]

政策・主張[編集]

発言[編集]

拉致問題に関する国会質問[編集]

2016年1月12日衆議院予算委員会にて「首相は拉致を使ってのし上がった男か」と発言した[12]。さらに2014年の衆議院選挙の際に新潟2区で、拉致被害者の親族が活動していたことについても「政治利用ではないか」と迫った。すると安倍晋三首相は、緒方が拉致被害者と両親の話を聞かず、取材も全くせずに、名誉を傷つけたと反発。20年前、他の議員が拉致に取り組んでいた時、緒方は何かしていたのかと言われた。

外務省管轄(財)国際平和機構評議員の馬場能久は、緒方を何もしないで批判する政治家と評している。そして出身母体である外務省や、民主党の総理が何もしなかったことの反省もないと指摘。さらに「おがた林太郎氏が拉致問題に積極的に取り組んでいると聞いたことがない」と明かし、被害者家族の意見を聞くよう求めた[13]

特定失踪者問題調査会荒木和博は「緒方氏の質問で出たことは全くの嘘」だと証言。安倍と内閣参与だった中山恭子が帰国にブレーキをかけたのが事実で、5人を北朝鮮に戻そうと躍起になっていたのは緒方のいた外務省だったと指摘した。しかし馬場は「拉致被害者救出運動に携わる人間の間に『大丈夫か』という思いが湧いている」と安倍にも疑問符を付けている[14]

ジャーナリストの西村幸祐は、北朝鮮のことで緒方のFacebookにコメントすると「書き込んだ3分後にページそのものも削除されていた」と明かしている。

日本のこころを大切にする党中野正志参議院議員は、拉致関係の会合で緒方とは顔を合わせたことさえないので「あんたに言われたくない」と述べた[15]

元「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」副代表の蓮池透は、安倍と緒方をどっちもどっちと評している。2016年1月31日放送の「そこまで言って委員会NP」では、緒方が本を勝手に使って質問したことについて「寝耳に水でした」と述べた。「蓮池さんは嘘を言っているのか」と発言した3日後、別の人を介して電話で一言謝罪し、身辺に気をつけるよう忠告してきたことも明らかにした。緒方が事前に連絡しなかったのは人見知りだったからだという。

時事通信社常務取締役編集局長の杉浦正章は、緒方自身の言葉を使わずに本の引用で質問を繰り返した点が異様であると指摘。安倍が慰安婦問題大韓民国朴槿恵大統領に陳謝したことを取り上げて「朴に謝ったのなら国会でも謝れ」と要求したことも問題視している[16]

不倫議員のツーショット写真を公開[編集]

2016年2月の衆議院予算委員会で、宮崎謙介衆議院議員のスキャンダルについて質問した[17]。そこで「個人のことなのでどうでもよい」としながら、議員辞職は「自業自得だ」と言った。そして宮崎の育児休暇詐欺によって、他の人達も「不倫するなよ」とからかわれるのではないかと懸念し「この件は日本全国、津々浦々で起こる可能性がある」と指摘。安倍は「こんなことが全国津々浦々で起こることはないと思う」と述べたが、緒方は「認識が甘い」と批判した。また「名前を出すのもはばかられるので出さない」と言いながら、宮崎と武藤貴也衆議院議員の秘蔵ツーショット写真をテレビカメラの前で公開。インターネットに「日本の宝探し」ということで二人が語り合っているホームページがあり、こういったことが品位をおとしめていると非難した[18]

外務省元職員の不倫メールを読み上げ[編集]

2002年訓戒処分を受けていた元経済協力開発機構(OECD)代表部大使が、岸田文雄の推薦を受け2017年春の叙勲で瑞宝重光章に選ばれた[19]。緒方は5月の衆議院外務委員会でこのことを批判。15年前に誤って公開した女性への私的なメールを「だけど君が僕のメールを楽しみにしてくれると思うと時間を忘れて張り切ってしまう。これも恋の病の一環かな。ではまたね。いつ着いたか教えてね」と読み上げてみせた[20]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール
  2. ^ 国会議員情報 緒方 林太郎(おがた りんたろう)”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2017年). 2020年8月28日閲覧。
  3. ^ 福岡9区 民主公認に緒方氏決定 胸なでおろす県連幹部”. NETIBニュース. データ・マックス (2008年10月22日). 2020年8月28日閲覧。
  4. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事通信社. (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月8日閲覧。 
  5. ^ “民進党が結成大会 衆参156人、代表に岡田克也氏選出”. 朝日新聞. (2016年3月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ3W5212J3WUTFK00G.html 2016年3月29日閲覧。 
  6. ^ “小選挙区開票速報 福岡”. 朝日新聞. (2017年10月22日). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/kaihyo/A40.html#Area009 2017年10月25日閲覧。 
  7. ^ “緒方・前衆院議員 無所属立候補の意向 次期衆院選福岡9区 /福岡”. 毎日新聞. (2018年3月31日). http://mainichi.jp/articles/20180331/ddl/k40/010/430000c 
  8. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  9. ^ a b c d e “2012衆院選 福岡9区 緒方林太郎”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A40009004004 2014年5月3日閲覧。 
  10. ^ 2017年衆院選時毎日新聞アンケート回答
  11. ^ スーパー堤防事業を「廃止」判定 事業仕分け2日目”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2010年10月28日). 2018年7月15日閲覧。
  12. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【衆院予算委員会】「質問自体が政治利用」-拉致問題をめぐる安倍首相と民主・緒方氏のやりとり要旨” (日本語). 産経ニュース. 2020年8月28日閲覧。
  13. ^ 何もしないで批判はする政治家がまだ福岡にいる” (日本語). 救う会・福岡. 2020年9月3日閲覧。
  14. ^ 民主・緒方氏の質問は「全くの嘘」” (日本語). 救う会・福岡. 2020年9月4日閲覧。
  15. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “「『あんたに言われたくない』が本音」 日本のこころの中野正志幹事長、拉致問題で首相追及の民主・緒方氏を批判” (日本語). 産経ニュース. 2020年7月30日閲覧。
  16. ^ ◎こんな質問で臨時国会を要求する資格はない”. 永田町幹竹割り. 2020年9月3日閲覧。
  17. ^ 日本テレビ. ““不倫辞職”男性の育休取得に「影響ない」|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2020年9月15日閲覧。
  18. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年2月18日). “【政界ゲス不倫疑惑】民主党が秘蔵の「宮崎&武藤」ツーショット写真を公開 安倍首相「非常に特殊な例…」「人として襟を正すべきだ」” (日本語). 産経ニュース. 2020年9月15日閲覧。
  19. ^ Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。{{{title}}}”. news.tv-asahi.co.jp. 2020年9月15日閲覧。
  20. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年5月10日). “「不倫メール」の元大使を叙勲 民進・緒方林太郎氏が国会で追及 岸田文雄外相は「過去にも懲戒処分受けた者を推薦」と反論” (日本語). 産経ニュース. 2020年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]