福岡県第8区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗福岡県第8区
衆議院小選挙区 福岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 直方市飯塚市嘉麻市中間市宮若市遠賀郡鞍手郡嘉穂郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
選出議員 麻生太郎
有権者数 35万177人
1.514 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

福岡県第8区(ふくおかけんだい8く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

旧福岡2区は、旧筑前国であったが、小選挙区制への移行に際し、北九州市とそれ以外の地域とに分割された。このため、選挙区が県内屈指の広さとなっている。

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 直方市
  • 飯塚市
  • 山田市
  • 中間市
  • 遠賀郡
  • 鞍手郡
  • 嘉穂郡

歴史[編集]

かつて産炭地だった頃、福岡8区を含む旧福岡2区は旧社会党が強固な地盤を持っていた。

しかし、小選挙区に移行した後は自由民主党麻生太郎が安定した選挙戦を続け、無風選挙として連続当選している。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、旧民主党への政権交代が起き自身が総裁を務める自民党が下野するほど猛烈な逆風が吹き荒れたにも関わらず、麻生が過去最高の得票数で当選した(民主党公認の山本剛正は麻生に敗北したものの、比例九州ブロックで復活当選)。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 麻生太郎 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 福岡県第8区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:34万9058人 最終投票率:53.04%(前回比:減少1.91%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎81自由民主党104,924票
59.63%
――
河野祥子41日本共産党38,083票
21.64%
36.30%
大島九州男60れいわ新選組32,964票
18.73%
31.42%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 福岡県第8区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:36万1452人 最終投票率:54.95%(前回比:増加2.76%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎77自由民主党135,334票
72.23%
――
宮嶋つや子66日本共産党52,027票
27.77%
38.44%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 福岡県第8区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:36万1239人 最終投票率:52.19%(前回比:減少8.74%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎74自由民主党126,684票
71.32%
――
河野祥子34日本共産党50,947票
28.68%
40.22%
  • 山本は1区に国替え。
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 福岡県第8区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:60.93% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎72自由民主党146,712票
68.36%
――
山本剛正40民主党46,213票
21.53%
31.50%
新井高雄63日本共産党21,678票
10.10%
14.78%
  • 新井は2015年嘉麻市議会議員選挙で復帰当選。
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 福岡県第8区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎68自由民主党165,327票
62.21%
――
比当山本剛正37民主党96,327票
36.25%
58.26%
大塚祐子46幸福実現党4,095票
1.54%
2.48%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 福岡県第8区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎64自由民主党145,229票
56.89%
――
大島九州男44民主党87,856票
34.42%
60.49%
渡辺和幸45日本共産党22,176票
8.69%
15.27%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 福岡県第8区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎63自由民主党132,646票
57.72%
――
大島九州男42民主党75,879票
33.02%
57.20%
渡辺和幸44日本共産党21,272票
9.26%
16.04%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 福岡県第8区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎59自由民主党120,178票
49.91%
――
岩田順介62民主党65,280票
27.11%
54.32%
坂元雅子58日本共産党26,266票
10.91%
21.86%
大塚和弘62社会民主党25,021票
10.39%
20.82%
山元美恵子53自由連合4,029票
1.67%
3.35%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 福岡県第8区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
麻生太郎56自由民主党114,408票
50.49%
――
比当岩田順介59民主党80,974票
35.74%
70.78%
本田文吉65日本共産党31,206票
13.77%
27.28%

脚注[編集]

関連項目[編集]