愛知県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗愛知県第2区
衆議院小選挙区 愛知県拡大枠.svg衆議院小選挙区 愛知県名古屋市.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 名古屋市千種区守山区名東区
(2017年7月16日現在)
比例区 東海ブロック
設置年 1994年
選出議員 古川元久
有権者数 40万5063人
1.751 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

愛知県第2区(あいちけんだい2く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

名古屋市の中でも住宅地文教地区が多く、無党派層の割合が高い地区である。第41回衆議院議員総選挙では新進党青木宏之が当選した。その後は第41回で比例復活で当選した民主党古川元久が勢力を伸ばし、第42回の選挙で当選。以降は古川が連続で当選しており、「民主王国」の一翼を担っている。

自民党第41回衆議院議員総選挙から第46回衆議院議員総選挙までの6回の選挙で毎回違う候補者を公認しており、第42回から第45回衆議院議員総選挙まで郵政解散ですら古川に大差をつけられ比例復活すら出来ない状態が続いていたが、第46回衆議院議員総選挙で擁立された東郷哲也が初めて比例復活した。しかし、第47回衆議院議員総選挙では、古川が東郷に比例復活も許さない得票で当選した。その後、第48回衆議院議員総選挙では田畑毅が古川に敗れたが、立憲民主党の比例名簿登載者が全員当選していた事に伴い、比例復活した(しかし、田畑は2019年3月、自身の不祥事により議員辞職する事となった)。第49回衆議院議員総選挙で自民党は前名古屋市議会議員中川貴元を擁立したが、希望の党の解党で国民民主党に移った古川を止める事ができずに比例復活となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 青木宏之 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 古川元久 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 希望の党
第49回衆議院議員総選挙 2021年 国民民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 愛知県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:40万4436人 最終投票率:53.44%(前回比:増加2.78%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久55国民民主党131,397票
62.33%
――
比当中川貴元54自由民主党79,418票
37.67%
60.44%公明党推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 愛知県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:40万1957人 最終投票率:50.66%(前回比:減少0.49%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久51希望の党99,520票
50.13%
――
比当田畑毅45自由民主党71,600票
36.06%
71.95%公明党推薦
酒井健太朗31日本共産党27,423票
13.81%
27.56%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 愛知県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:38万7954人 最終投票率:51.15%(前回比:減少5.65%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久49民主党102,058票
52.92%
――
東郷哲也43自由民主党67,681票
35.09%
66.32%公明党推薦
黒田二郎66日本共産党23,128票
11.99%
22.66%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 愛知県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:38万3295人 最終投票率:56.8%(前回比:減少8.8%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久47民主党94,058票
44.77%
――国民新党推薦
比当東郷哲也41自由民主党67,086票
31.93%
71.32%公明党推薦
真野哲51日本未来の党31,974票
15.22%
33.99%新党大地推薦
黒田二郎64日本共産党16,991票
8.09%
18.06%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 愛知県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:37万8272人 最終投票率:65.6%(前回比:増加3.02%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久43民主党162,237票
66.61%
――
宮原美佐子47自由民主党58,225票
23.91%
35.89%
斉藤愛子53日本共産党18,908票
7.76%
11.65%
石田昭67幸福実現党4,187票
1.72%
2.58%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 愛知県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:36万6121人 最終投票率:62.58%(前回比:増加8.61%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久39民主党116,884票
52.00%
――
岡田裕二27自由民主党87,804票
39.06%
75.12%
斉藤愛子50日本共産党20,077票
8.93%
17.18%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 愛知県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:36万1222人 最終投票率:53.97% (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久37民主党115,674票
61.01%
――
斎藤幸男30自由民主党56,472票
29.79%
48.82%
大野宙光40日本共産党17,437票
9.20%
15.07%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 愛知県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
古川元久34民主党91,888票
47.61%
――
谷口守行51自由民主党47,269票
24.49%
51.44%
青木宏之55保守党25,576票
13.25%
27.83%
大野宙光36日本共産党24,847票
12.87%
27.04%
小野善孝31自由連合1,832票
0.95%
1.99%
大江喜美雄31無所属1,579票
0.82%
1.72%×
  • 谷口・青木と与党候補が2人立候補し、共倒れに終わった。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 愛知県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
青木宏之51新進党56,101票
32.94%
――
田辺広雄71自由民主党44,938票
26.38%
80.10%
比当古川元久30民主党43,804票
25.72%
78.08%
石山淳一31日本共産党21,337票
12.53%
38.03%
藤原美智子44自由連合2,670票
1.57%
4.76%
石川和己61文化フォーラム701票
0.41%
1.25%
村松陽一47無所属418票
0.25%
0.75%×
山崎義章43国民党348票
0.20%
0.62%

脚注[編集]

関連項目[編集]