埼玉県第7区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗埼玉県第7区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 川越市富士見市ふじみ野市(旧上福岡市域)
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 中野英幸
有権者数 43万8626人
1.896 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

埼玉県第7区(さいたまけんだい7く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 川越市
  • 富士見市
  • 上福岡市

歴史[編集]

第42回以降、中野清小宮山泰子の争いが続き、交互に議席を取り合っていた。第46回では中野は引退し神山佐市が自民党から出馬、初当選し小宮山は比例復活に回った。その後の選挙でも神山は選挙区で、小宮山は比例区でそれぞれ当選を続けていたが、第49回では神山が比例北関東ブロックに回り、代わって中野の息子である英幸が出馬し、小宮山を破って初当選。小宮山は4回連続で比例復活となった。神山は小選挙区との重複立候補者より名簿順位が下位となり、比例下位の候補者に議席が回らなかったため、落選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 中野清 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 小宮山泰子 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 中野清 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 小宮山泰子 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 神山佐市 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 中野英幸

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 埼玉県第7区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:43万6985人 最終投票率:52.63%(前回比:増加3.30%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野英幸60自由民主党98,958票
44.21%
――公明党推薦
比当小宮山泰子56立憲民主党93,419票
41.73%
94.40%
伊勢田享子44日本維新の会31,475票
14.06%
31.81%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 埼玉県第7区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:43万2898人 最終投票率:49.33%(前回比:減少2.27%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
神山佐市63自由民主党90,841票
44.12%
――公明党
比当小宮山泰子52希望の党78,202票
37.99%
86.09%
長沼チネ67日本共産党36,830票
17.89%
40.54%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 埼玉県第7区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:41万9183人 最終投票率:51.60%(前回比:減少4.67%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
神山佐市60自由民主党89,089票
42.99%
――公明党
比当小宮山泰子49民主党73,513票
35.48%
82.52%生活の党
長沼チネ64日本共産党31,119票
15.02%
34.93%
根本千裕55次世代の党13,500票
6.51%
15.15%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 埼玉県第7区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:41万4399人 最終投票率:56.27%(前回比:減少9.18%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
神山佐市58自由民主党78,505票
35.01%
――公明党
矢口健一40日本維新の会44,428票
19.81%
56.59%みんなの党
比当小宮山泰子47日本未来の党44,415票
19.81%
56.58%新党大地
島田智哉子50民主党38,335票
17.09%
48.83%
長沼チネ62日本共産党18,568票
8.28%
23.65%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 埼玉県第7区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:40万4838人 最終投票率:65.45%(前回比:減少2.14%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小宮山泰子44民主党142,556票
54.94%
――
中野清73自由民主党89,627票
34.54%
62.87%
長沼チネ59日本共産党21,983票
8.47%
15.42%
山田将之37無所属2,740票
1.06%
1.92%×
野沢永光30幸福実現党2,569票
0.99%
1.80%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 埼玉県第7区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:39万6471人 最終投票率:67.59%(前回比:増加14.01%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野清69自由民主党122,274票
48.77%
――
比当小宮山泰子40民主党106,542票
42.50%
87.13%
本山修一57日本共産党21,895票
8.73%
17.91%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 埼玉県第7区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 最終投票率:53.58%(前回比:減少4.79%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小宮山泰子38民主党97,353票
46.82%
――
比当中野清67自由民主党88,151票
42.39%
90.55%
大橋昌次56日本共産党15,489票
7.45%
15.91%
市川博美55社会民主党6,935票
3.34%
7.12%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 埼玉県第7区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 最終投票率:58.37%(前回比:増加5.66%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野清64自由民主党76,366票
34.48%
――
小宮山泰子35無所属53,334票
24.08%
69.84%×
田川秀明41民主党39,200票
17.70%
51.33%
比当矢島恒夫68日本共産党37,220票
16.81%
48.74%
高橋勇63社会民主党15,357票
6.93%
20.11%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 埼玉県第7区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 最終投票率:52.71% (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野清60新進党74,905票
37.31%
――
小宮山徹34自由民主党53,334票
26.56%
71.20%
比当矢島恒夫64日本共産党40,245票
20.04%
53.73%
伊藤雄一郎33民主党22,751票
11.33%
30.37%
佐藤時弘59社会民主党8,452票
4.21%
11.28%
根岸進47自由連合1,088票
0.54%
1.45%

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]