兵庫県第8区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗兵庫県第8区
衆議院小選挙区 兵庫県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 尼崎市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 中野洋昌
有権者数 38万7522人
1.675 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

兵庫県第8区(ひょうごけんだい8く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

中選挙区の旧兵庫2区時代から、公明党は一定の得票率を確保し常に1議席を確保していたが、小選挙区制となってからも1996年は新進党のブームに乗り、2000年、2003年、2005年は選挙協力で自由民主党と選挙協力を行った冬柴鐵三が当選し続けた。うち2000年の総選挙では、兵庫県独自の枠組みによる「連合・五党協議会」の影響から民主党も候補を擁立できなかった。

のちに民主党は1996年(自民党)、2000年(公明党との選挙協力を拒否し無所属で立候補)共に次点だった室井邦彦を擁立(自由党に移籍後、民由合併で民主党入り)することになったが、選挙区では合わせて4度次点に終わり、議席を獲得できなかった(室井は2005年の落選後、参議院議員へ転出)。2009年の選挙では民主党と選挙協力をした新党日本代表の田中康夫が冬柴を破って当選。2012年の選挙では冬柴(2011年に死去)の後継となった中野洋昌が田中から議席を奪い返し、それ以降は中野の当選が続いている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 冬柴鐵三 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 公明党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 田中康夫 新党日本
第46回衆議院議員総選挙 2012年 中野洋昌 公明党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 兵庫県第8区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:38万6254人 最終投票率:48.83%(前回比:増加6.74%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野洋昌43公明党100,313票
58.80%
――自由民主党推薦
小村潤46日本共産党45,403票
26.61%
45.26%社会民主党兵庫県連合推薦
辻恵73れいわ新選組24,880票
14.58%
24.80%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 兵庫県第8区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:38万5935人 最終投票率:42.09%(前回比:減少3.78%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野洋昌39公明党94,116票
63.56%
――自由民主党推薦
堀内照文44日本共産党53,964票
36.44%
57.34%社会民主党兵庫県連合推薦
  • 堀内は第47回は比例近畿ブロック単独候補として当選。
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 兵庫県第8区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:378人 最終投票率:45.87%(前回比:減少11.64%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野洋昌36公明党94,687票
60.88%
――自由民主党推薦
庄本悦子60日本共産党60,849票
39.12%
64.26%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 兵庫県第8区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:57.51%(前回比:減少9.76%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野洋昌34公明党97,526票
46.64%
――自由民主党・日本維新の会推薦
田中康夫56新党日本62,697票
29.98%
64.29%
室井秀子57民主党26,246票
12.55%
26.91%
庄本悦子58日本共産党22,645票
10.83%
23.22%
  • 室井は第45回は比例近畿ブロック単独候補として当選。
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 兵庫県第8区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 最終投票率:67.27% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
田中康夫53新党日本106,225票
42.19%
――民主党推薦
冬柴鐵三73公明党103,918票
41.27%
97.83%
庄本悦子55日本共産党20,327票
8.07%
19.14%
市来伴子32社会民主党18,770票
7.46%
17.67%
角出智一43幸福実現党2,532票
1.01%
2.38%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 兵庫県第8区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
冬柴鐵三69公明党109,957票
46.35%
――
室井邦彦58民主党83,288票
35.11%
75.75%
庄本悦子51日本共産党29,986票
12.64%
27.27%
植田至紀39社会民主党14,019票
5.91%
12.75%
  • 植田は42・43回は奈良県第3区から立候補(42回は比例復活・43回は落選)
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 兵庫県第8区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
冬柴鐵三67公明党94,406票
44.10%
――
比当室井邦彦56民主党79,492票
37.13%
84.20%
庄本悦子49日本共産党22,328票
10.43%
23.65%
北川れん子49社会民主党17,850票
8.34%
18.91%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 兵庫県第8区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
冬柴鐵三63公明党75,380票
35.17%
――
室井邦彦53無所属50,246票
23.45%
66.66%×
比当藤木洋子67日本共産党42,902票
20.02%
56.91%
比当北川れん子46社会民主党35,740票
16.68%
47.41%
松尾正夫52自由連合10,040票
4.68%
13.32%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 兵庫県第8区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
冬柴鐵三60新進党70,849票
34.28%
――
室井邦彦49自由民主党55,844票
27.02%
78.82%
比当藤木洋子63日本共産党41,166票
19.92%
58.10%
畑中五雄50民主党23,231票
11.24%
32.79%
小西純一郎43新社会党8,247票
3.99%
11.64%
武田正昭48無所属6,058票
2.93%
8.55%×
鈴木剛44自由連合1,312票
0.63%
1.85%

脚注[編集]

関連項目[編集]