小野塚勝俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小野塚 勝俊
おのづか まさとし
生年月日 (1972-05-05) 1972年5月5日(44歳)
出生地 埼玉県所沢市
出身校 立教大学法学部国際・比較法学科
早稲田大学大学院政治学研究科
東京大学EMP
前職 日本銀行
所属政党 民主党→)
民進党
称号 法学士
公共経営修士
公式サイト 小野塚 勝俊(おのづか・まさとし)

選挙区 埼玉8区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

小野塚 勝俊(おのづか まさとし、1972年5月5日 - )は、日本政治家民進党所属。

衆議院議員(1期)を務めた。

経歴[編集]

政策・主張[編集]

アベノミクスについて[編集]

元日本銀行員として、アベノミクスには批判的な立場を取っている[1]。 アベノミクスは、政府が日銀を通じて、大企業お金持ちに資金を流し込むと、それが中小企業や一般市民に流れていき、景気が良くなるという政策。しかし実際には資金が大企業やお金持ちの所にたまるばかりで、中小企業や一般市民までその恩恵は届いていない。そればかりかその弊害によって中小企業や一般市民の経済状況は苦しくなっていると主張。 小野塚は、アベノミクスのような大企業やお金持ちむけに大規模な政策を行うことで、一気に景気回復をめざす政策ではなく、若者女性シニア派遣労働者等、一人ひとりに寄り添った政策をたくさん実行して、着実に景気を回復させるべきと訴えている。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014年衆議院議員選挙 選挙公報
  2. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]