佐藤光 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 光
さとう ひかる
生年月日 (1969-06-05) 1969年6月5日(49歳)
出生地 神奈川県茅ヶ崎市
出身校 フィンランディア大学一般教養学部
ミシガン州立フェイリス大学建築学部
ミシガン州立フェイリス大学ファシリティーマネージメント学部
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 佐藤 光|茅ヶ崎市|茅ヶ崎の未来を創る会

当選回数 1回
在任期間 2018年11月18日[1][2] - 現職

選挙区 茅ヶ崎市選挙区
当選回数 5回
在任期間 1999年4月30日 - 2018年
テンプレートを表示

佐藤 光(さとう ひかる、1969年6月5日[3] - )は、日本政治家神奈川県茅ヶ崎市長(1期)。元神奈川県議会議員(5期)。

来歴[編集]

神奈川県茅ヶ崎市生まれ[4]。茅ヶ崎市立梅田小学校、茅ヶ崎市立梅田中学校卒業。1988年昭和63年)3月、神奈川県立藤沢工業高等学校建築学科卒業。渡米し、フィンランディア大学一般教養学部、ミシガン州立フェイリス大学建築学部、同大学ファシリティーマネージメント学部などを卒業[3]

帰国後の1995年平成7年)、河野洋平の秘書となる。1996年(平成8年)、河野太郎の秘書となる。1998年(平成10年)、河野太郎事務所を退職[3]

1999年(平成11年)の神奈川県議会議員選挙の茅ヶ崎市選挙区(定数3)に自民党公認で立候補し初当選。なおこの選挙において同じく自民党公認で出馬した元市議の藤間明男は次点で落選した[5]

2012年(平成24年)、自民党神奈川県議団団長に就任。2015年(平成27年)、5期目の当選[6]。2017年(平成29年)、議長就任。

2018年(平成30年)10月4日、茅ヶ崎市長の服部信明脳出血のため死去[7][8]。これに伴って11月18日に行われた市長選挙に自民党・公明党の推薦を得て立候補。一般社団法人顧問の鈴木毅(立憲民主党自由党社民党推薦、共産党支持)ら2候補を破り、初当選を果たした。投票率は40.86%で、過去最低を記録した[9]

※当日有権者数:201,071人 最終投票率:40.86%(前回比:-5.51ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐藤光49無所属53,586票66.31%(推薦)自民党・公明党
鈴木毅63無所属20,547票25.43%(推薦)立憲民主党自由党社民党
(支持)共産党
桂秀光62無所属6,676票8.26%

2018年11月20日、当選証書の交付を受けて正式に第20代茅ヶ崎市長に就任した[2]。任期満了日は2022年11月17日[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
服部信明
Flag of Chigasaki, Kanagawa.svg 神奈川県茅ヶ崎市長
2018年 -
次代:
(現職)