森智広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 智広
もり ともひろ
生年月日 (1978-05-27) 1978年5月27日(41歳)
出生地 三重県四日市市
出身校 立命館大学理工学部卒業
早稲田大学大学院公共経営研究科修了
所属政党 無所属
公式サイト 森ともひろ公式サイト:「元気もりもり!」

Flag of Yokkaichi, Mie.svg 四日市市長
当選回数 1回
在任期間 2016年12月24日 - 現職

Flag of Yokkaichi, Mie.svg 四日市市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2011年5月1日[1] - 2016年11月20日
テンプレートを表示

森 智広(もり ともひろ、1978年5月27日[2] - )は、日本政治家公認会計士三重県四日市市長(1期)。元四日市市議会議員(2期)。

来歴[編集]

三重県四日市市出身[3]。四日市市立水沢小学校、四日市市立西陵中学校、三重県立四日市南高等学校卒業。2001年(平成13年)3月、立命館大学理工学部卒業[4]

2003年(平成15年)、公認会計士試験の2次試験に合格。同年、中央青山監査法人に入所。2006年(平成18年)、あらた監査法人(現・PwCあらた有限責任監査法人)に転職。2007年(平成19年)、公認会計士登録。2010年(平成22年)、あらた監査法人を退所。同年、森智広公認会計士事務所を設立した[4]

2011年(平成23年)、早稲田大学大学院公共経営研究科修了。同年4月の四日市市議会議員選挙に出馬し初当選〔5,493票にてトップ当選〕。2013年(平成25年)、税理士登録。2015年(平成27年)、市議再選〔5,842票にて2期連続トップ当選〕。

2016年(平成28年)4月2日、次期四日市市長選挙に出馬する意向を表明した。同年7月5日、現職の田中俊行市長は市議会6月定例会において、出馬しない意向を表明[5]。7月18日、前回の市長選で落選した伊藤昌志が出馬の意向を表明[6]。7月26日、三重県議会議員の稲垣昭義が出馬の意向を表明[7]。告示日2日前の11月18日、伊藤は会見を開き「出馬を断念し、森の応援に回る」旨の意向を表明した[8]。11月27日市長選執行。民進党連合三重の推薦と前民進党代表岡田克也の支援を受けた稲垣を僅差で抑え初当選した[9][10]。12月24日、市長就任[1]、12月26日、初登庁[11]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:252,575人 最終投票率:36.02%(前回比:+1.92ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
森智広38無所属46,051票51.16%
稲垣昭義44無所属43,964票48.84%(推薦)民進党連合三重

ゆるキャラグランプリ2018[編集]

2018年11月17日・18日開催の「ゆるキャラグランプリ2018」に向け、森市長は同年6月の定例記者会見で、四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」を「1位にする」と発表。「ゆるキャラグランプリ2017」で、「こにゅうどうくん」は4位だった。

まちの一体感の醸成とシティプロモーションを目的とし、市役所が旗振り役となり、市民・会社を含むまち全体を巻き込むかたちで応援を展開。

森市長自ら庁内放送でも協力を呼びかけた。市観光交流課は約2万のメールアドレスを使って投票用IDを取得し、市役所各部局ほか、投票を呼び掛けに応じた市内に事業所を持つ会社、投票を希望する市民などにIDを配布し、「こにゅうどうくん」の応援に徹した。[12]

市当局の応援の過熱ぶりに、一部では強要による組織票ではないかとの声が上がり、様々なマスコミにとりあげられたが、森市長は一貫して「まちの一体感の醸成とシティプロモーションの重要さ」を訴え続ける姿勢を崩さなかった。

組織票ではないかとの批判が広まる中、森市長自ら「クローズアップ現代」(NHK)等のテレビ番組に出演し、ここでもまた、グランプリ参加の目的は「まちの一体感の醸成とシティプロモーション」であることを訴える姿勢を貫き通し、当該取り組みに対して「組織票と報道されるのは不本意」と報道陣に対して述べた[13]。批判されることを恐れて雲隠れする自治体もあった。しかし、森市長は、批判の矢面に立ってでも、その思いを訴えた。これは、市役所のみならず、グランプリ期間中ずっと「こにゅうどうくん」を応援してくれた市民を裏切れないとの強い想いからの行動だった[14]

グランプリの実行委員会は、使用頻度の低い「捨てアカウント」による投票は認めないと述べ、主催者側からのメールに返信のないアドレスを「不正ID」とし、得票数を削除。暫定1位だった「こにゅうどうくん」は数十万票を減らした。尚、本得票数削除は、「こにゅうどうくん」以外にも、「じゃー坊」(大牟田市)、「イヌナキン」(泉佐野市)も対象となった。

11月18日の開票の結果、目標の1位を逃す結果となったが、森市長は四日市市の4位から三重県の3位となったと笑顔を見せた[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 選挙の種類 - 四日市市選挙管理委員会
  2. ^ 平成27年4月26日執行 四日市市議会議員選挙 立候補者届出番号順一覧
  3. ^ 森智広Facebook 基本データ
  4. ^ a b 森ともひろ公式サイト :: プロフィール
  5. ^ “四日市市長選 田中市長3選不出馬 「政策に成果も体力に限界」 /三重”. 毎日新聞. (2016年7月6日). http://mainichi.jp/articles/20160706/ddl/k24/010/019000c 2016年11月30日閲覧。 
  6. ^ “四日市市長選 NPO理事長の伊藤氏出馬表明 /三重”. 毎日新聞. (2016年7月20日). http://mainichi.jp/articles/20160720/ddl/k24/010/110000c 2016年11月30日閲覧。 
  7. ^ “四日市市長選 稲垣県議が出馬正式表明 「航空産業など注力」 /三重”. 毎日新聞. (2016年7月27日). http://mainichi.jp/articles/20160727/ddl/k24/010/049000c 2016年11月30日閲覧。 
  8. ^ “四日市市長選 伊藤氏、出馬取り止め 森氏の応援に”. 伊勢新聞. (2016年11月19日). http://news.goo.ne.jp/article/ise/region/ise-57190120.html 2016年11月30日閲覧。 
  9. ^ “民進王国に動揺 岡田氏の地元、三重・四日市市長選敗北”. 朝日新聞. (2016年11月29日). http://www.asahi.com/articles/ASJCX4VX4JCXOIPE00Z.html 2016年11月30日閲覧。 
  10. ^ “森さん、初当選に喜び 四日市市長選、接戦制す”. 毎日新聞. (2016年11月28日). http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20161128/CK2016112802000068.html 2016年11月30日閲覧。 
  11. ^ 吉岡雅幸"「若さ生かした市政」四日市 森市長が初登庁、抱負"中日新聞2016年12月27日付朝刊、三重版18ページ
  12. ^ “四日市「こにゅうどうくん」に組織票 ゆるキャラGP”. 中日新聞. (2018年11月10日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018111090012451.html 2018年11月14日閲覧。 
  13. ^ “四日市市が大量組織票…ゆるキャラGP2018”. 読売新聞. (2018年11月10日). https://www.yomiuri.co.jp/local/mie/news/20181112-OYTNT50032.html 2018年11月14日閲覧。 
  14. ^ “ゆるキャラグランプリの知られざる舞台裏。四日市と大牟田市を取材して。”. note. (2018年11月10日). https://note.mu/sakatukukoujo/n/nb27ee4b9c526 2018年12月4日閲覧。 
  15. ^ “ゆるキャラ頂点は「組織票の『そ』の字もない弱小団体」”. 朝日新聞. (2018年11月18日). https://www.asahi.com/articles/ASLCL6WL4LCLPTIL00P.html 2018年11月19日閲覧。 

外部リンク[編集]