小野克典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野 克典
おの かつのり
生年月日 (1968-08-26) 1968年8月26日(50歳)
出生地 埼玉県桶川市
出身校 東海大学工学部建築学科
所属政党 無所属

Flag of Okegawa Saitama.JPG 桶川市長
当選回数 2回
在任期間 2013年4月23日[1] - 現職

当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 - 2013年2月26日[1]

Flag of Okegawa Saitama.JPG 桶川市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1999年12月11日 - 2007年1月24日[1]
テンプレートを表示

小野 克典(おの かつのり、1968年(昭和43年)8月26日[1] - )は、日本政治家埼玉県桶川市出身。桶川市長(2期)、元埼玉県議会議員(2期)、元桶川市議会議員(2期)。埼玉県議会での所属は、無所属刷新の会。青年議員の会幹事。

経歴[編集]

  • 桶川市に生まれ、桶川市内の小中学校を卒業後、東海大学浦安高等学校東海大学工学部建築学科卒業。
  • 20代で警備会社を立ち上げ、2009年現在同社顧問。
  • 1999年(平成11年)11月、桶川市議会議員に初当選。
  • 2003年(平成15年)11月、桶川市議会議員に2選。
  • 2007年(平成19年)4月、埼玉県議会議員に初当選。
  • 2007年(平成19年)5月、中屋敷慎一舟橋一浩鈴木正人とともに会派「無所属刷新の会」を立ち上げ、同会派の幹事長に就任する。
  • 2011年(平成23年)4月、埼玉県議会議員に2選。引き続き「無所属刷新の会」幹事長。
  • 2013年(平成25年)1月、引退する岩崎正男・桶川市長から後継出馬を打診され、桶川市長選挙に無所属で立候補することを表明。
  • 2013年(平成25年)2月、埼玉県議会議員を辞職。
  • 2013年(平成25年)4月、桶川市長に初当選[2]
  • 2017年(平成29年)4月、桶川市長に無投票で再選[3]

エピソード[編集]

2017年1月にテレビ埼玉で放送された「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」に出演し、「マツケンサンバII」を自分の名前にかけて「オノカツサンバ」として替え歌で熱唱した。 2018年1月に放送された同歌謡祭では美川憲一のいで立ちで「さそり座の女」を歌い、司会の堀尾正明から「来るとこまで来ましたね、市長」と言われたうえ、視聴者の話題をさらった[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
岩崎正男
Flag of Okegawa Saitama.JPG 埼玉県桶川市長
2013年 -
次代:
(現職)