頼重秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「賴重秀一」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
頼重 秀一
よりしげ しゅういち
生年月日 (1968-08-09) 1968年8月9日(51歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県沼津市
出身校 日本大学理工学部建築学科企画経営コース
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2018年4月29日 - 現職

Flag of Numazu, Shizuoka.svg 沼津市議会議員
当選回数 4回
在任期間 2003年4月30日[1] - 2018年
テンプレートを表示

頼重 秀一(よりしげ しゅういち、1968年8月9日 - )は、日本政治家静岡県沼津市第32代市長(1期)。

来歴[ソースを編集]

静岡県沼津市出身。沼津市立開北小学校沼津市立第五中学校日本大学三島高等学校卒業。1991年(平成3年)、日本大学理工学部建築学科企画経営コース卒業。同年4月、株式会社間組(ハザマ)に就職。1998年(平成10年)、木部佳昭衆議院議員の公設秘書となる[2]

2003年(平成15年)4月、沼津市議会議員に初当選。2015年(平成27年)、4期目の当選。2017年(平成29年)、議長に就任。また、静岡県市議会議長会会長、全国若手市議会議員の会東海ブロック会長などを務めた。

2018年(平成30年)3月21日、第31代沼津市長の大沼明穂が小脳出血により死去[3]。同年4月1日、大沼の死去に伴う市長選挙への出馬を正式表明した[4]

同年4月29日投開票の市長選に自民党民進党の推薦を得て立候補。元市議の加藤元章、元市議の山下富美子ら4候補を破り初当選を果たした[5]

※当日有権者数:164,283人 最終投票率:45.13%(前回比:+4.19ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
頼重秀一49無所属33,037票44.98%(推薦)自民党民進党
加藤元章54無所属21,811票29.69%
山下富美子64無所属15,410票20.98%
渡辺大輔36無所属1,960票2.67%
土倉章晴73無所属1,236票1.68%

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]