全国若手市議会議員の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国若手市議会議員の会(ぜんこくわかてしぎかいぎいんのかい)とは、原則として35歳までに初当選した45歳までの市議会議員による超党派団体である。

共通の目標である民主主義地方自治の発展のため連携することを目的としている。会員は300名を超える。

国会議員となったOBとして、田島一成(元彦根市議会議員)、大島九州男(元直方市議会議員、第2代会長)、萩生田光一(元八王子市議会議員)、船橋利実(元北見市議会議員)、井坂信彦(元神戸市議会議員、第14代会長)がいる。

首長となったOBには、清水敏男いわき市長、初代会長)、青山剛室蘭市長)、頼重秀一沼津市長)、伊藤徳宇桑名市長)などがいる。

第15代会長の前田邦博は2017年7月6日、豊島区議石川大我世田谷区議上川あや中野区議石坂わたる埼玉県入間市議細田智也らとともに「LGBT自治体議員連盟」を設立した[1][2]

歴史[編集]

歴代会長[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]