染谷絹代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
染谷 絹代
そめや きぬよ
生年月日 (1954-07-05) 1954年7月5日(65歳)
出生地 福島県いわき市
出身校 放送大学教養学部
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2013年5月29日 - 現職
テンプレートを表示

染谷 絹代(そめや きぬよ、1954年7月5日 - )は、日本政治家静岡県島田市(2期)。

来歴[編集]

福島県いわき市出身。目黒区立鷹番小学校、目黒区立第六中学校(現・目黒区立目黒中央中学校)、実践女子学園高等学校卒業。1975年(昭和50年)8月、実践女子大学国文学科中退。同年、文化人類学者の染谷臣道と結婚。夫の転勤(国立大学教師)に伴い、北海道帯広市インドネシア、福岡県飯塚市など転居したのち、島田市の市民となる[1]2001年9月放送大学教養学部人間の探求専攻を卒業。静岡県男女共同参画センター理事、島田市行政改革推進委員会副委員長、島田市教育委員長(4期)などを歴任[1]

2013年島田市長選挙[編集]

2013年(平成25年)5月19日執行の島田市長選挙に無所属で出馬。現職の桜井勝郎との一騎打ちを制し、初当選を果たす。同月29日の市長就任により[2]、染谷は2013年4月に誕生した伊豆の国市長の小野登志子に次いで静岡県内2人目の女性市長となった[3]

※当日有権者数:81,864人 最終投票率:70.80%(前回比:-1.84ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
染谷絹代58無所属31,722票55.72%
桜井勝郎69無所属25,213票44.28%

2017年島田市長選挙[編集]

2017年5月21日執行。元県議の大池幸男、元市議の青山真虎を退け再選[4]

※当日有権者数:82,387人 最終投票率:64.07%(前回比:-6.73ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
染谷絹代62無所属27,604票53.46%
大池幸男61無所属12,881票24.95%
青山真虎39無所属11,151票21.59%

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
桜井勝郎
Flag of Shimada Shizuoka.JPG 静岡県島田市
2013年 -
次代:
(現職)