加藤憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 憲一
かとう けんいち
生年月日 (1964-05-11) 1964年5月11日(57歳)
出生地 日本の旗 神奈川県小田原市
出身校 京都大学法学部
前職 会社経営者
所属政党 無所属
公式サイト 前小田原市長 加藤憲一(加藤けんいち)

当選回数 3回
在任期間 2008年5月24日 - 2020年5月23日
テンプレートを表示

加藤 憲一(かとう けんいち、1964年5月11日 - )は、日本政治家。前神奈川県小田原市長(3期)。

来歴[編集]

神奈川県小田原市出身。私立小田原愛児園卒園。小田原市立芦子小学校、小田原市立城山中学校、神奈川県立小田原高等学校卒業。1988年(昭和63年)3月、京都大学法学部卒業(ゼミは比較政治学[1])。同年、経営戦略コンサルティング会社に就職。1996年(平成8年)、自給自足を目指して独立。小田原市内にて林業、漁業、農業などを手がける[2]

2004年(平成16年)5月16日執行の小田原市選挙に無所属で出馬するも、現職の小澤良明に敗れ、落選。

2008年(平成20年)5月18日執行の小田原市長選挙に無所属で出馬し、城下町ホール(現在建築中の市民ホール)の計画変更を訴えて初当選[3]。投票率は、53.93%。2012年(平成24年)5月の選挙で2期目の当選を果たす。投票率は、41.87%。

2016年(平成28年)の小田原市長選挙では対立候補が現れず、無投票で3期目の当選を果たした。小田原市長選の無投票は59年ぶりであった[4]

2020年(令和2年)5月17日執行の小田原市長選へ4選を目指して、労働組合の小田原・足柄地域連合から推薦を受け立候補したが[5][6]したが、自民党推薦の元県議の守屋輝彦に544票差で敗れ、落選した[7][8]

※当日有権者数:159,323人 最終投票率:46.79%(前回比:+4.92pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
守屋輝彦53無所属37,245票50.37%(推薦)自由民主党
加藤憲一56無所属36,701票49.63%

市政[編集]

市民ホールの建設問題[編集]

  • 2008年の市長就任以降、城下町ホールから転換し駅前の市民ホール整備を訴えてきた。しかし市民ホールを整備する際、実施設計図書に基づき、施設を整備することが出来なかった。そのため、数回に渡って、予算等の修正を行うことになった。市は当初、市は2017年度当初予算案にホール整備事業として3667万円を計上。また3月定例会に、ホール整備に必要な経費に充てる基金を設置するための条例案を提出、16年度一般会計補正予算案に基金に積み立てる10億円を計上することになった[9]。 また、当初のオープン時期は、2017年秋であったが、2021年秋まで変更になった[10][11]
  • その損失については、2019年12月小田原市定例議会で杉山三郎議員が、約35億円と述べている[12]

市民病院の建替え問題[編集]

  • 2018年仕事始めのあいさつの中で、市民ホール事業に続いて進めるべきとする小田原市立病院建て替え事業について、その方針を明確にする考えを示した[13]。その後、2018年12月7日、新病院の2025年度までの開院をめざすとした市立病院再整備基本構想を公表し、建設場所は同市久野の現病院敷地での建て替えをまず検討し、来年前半にも決定する方針としたが[14]、2021年1月の厚生文教常任委員会では想定に留まり、決定には至っていない[15]
  • また、市民病院建替えについては、基本計画がないまま、多額の事業を進めることになるとの批判がある[16]

その他[編集]

  • 2019年4月1日、性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」を開始した[17]
  • 「おだぼし認定制度」(仮称)のスタート[18]
    • 女性が活躍する環境整備などへの取り組み状況が優良な企業を認定する国の「えるぼし認定」の地方版。一つ星は「意識の向上」、二つ星は「積極的な取り組み」、三つ星は「計画の策定」をコンセプトに内容を整備する方針。
    • 市は制度を浸透させることで、「企業の活気につながるような好循環が生まれれば」としている。

市の不祥事謝罪[編集]

  • 市職員が起こした不祥事について、2019年12月11日に会見した加藤憲一市長は「過去の不祥事から再発防止に取り組んできたが詰めの甘さがあった。倫理意識への取り組みが不十分だった」と謝罪[19]

脚注[編集]

  1. ^ 加藤けんいちとは前小田原市長 加藤憲一(加藤けんいち)
  2. ^ 加藤けんいちとは前小田原市長 加藤憲一(加藤けんいち)
  3. ^ 加藤憲一ニュースレター
  4. ^ 神奈川・小田原市長選、加藤氏が無投票3選産経新聞
  5. ^ 5月17日投開票、小田原市長選挙には現職の「加藤けんいち」氏へのご支援を!
  6. ^ 小田原市長選 事前説明会に2陣営加藤氏、守屋氏 一騎打ちか-タウンニュース
  7. ^ “小田原市長選、一騎打ちの公算大 告示まで1カ月”. 神奈川新聞. (2020年4月10日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-324904.html 2020年4月10日閲覧。 
  8. ^ “小田原市長選、新人守屋氏が初当選 現職加藤氏の4選阻む”. 神奈川新聞. (2020年5月17日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-356685.html 2020年5月18日閲覧。 
  9. ^ 小田原市長、3カ月減給へ 市民ホール整備「けじめ」”. 2020年1月31日閲覧。
  10. ^ 「市民ホール」へ転換 芸術文化創造センター 小田原市が整備方針 | 話題 | カナロコ by 神奈川新聞” (日本語). カナロコ. 2020年1月31日閲覧。
  11. ^ 市民ホール 説明会と現地見学会 3月30日 | 小田原・箱根・湯河原・真鶴” (日本語). タウンニュース (2019年3月9日). 2020年1月31日閲覧。
  12. ^ “神静民報 水脈”. (2020年2月13日) 
  13. ^ 小田原市 市立病院建て替えに言及|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社” (日本語). 建通新聞. 2020年5月9日閲覧。
  14. ^ 小田原新市立病院、2025年度までに開院:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月9日閲覧。
  15. ^ 会議録表示”. ssp.kaigiroku.net. 2020年5月9日閲覧。
  16. ^ 小田原市立病院 再整備を考える 意見広告 200億超の費用に市民説明なしこのまま建て替えを進めますか? 小田原の未来をつくる会 未来会議から 小田原未来会議 | 小田原・箱根・湯河原・真鶴” (日本語). タウンニュース (2020年3月28日). 2020年5月9日閲覧。
  17. ^ “パートナーシップ制度、小田原市が4月導入 県内2例目”. 神奈川新聞. (2019年2月22日). https://www.kanaloco.jp/article/entry-151348.html 2019年4月1日閲覧。 
  18. ^ 女性活躍へ企業認定 「おだぼし認定制度」 小田原市 | 政治行政 | カナロコ by 神奈川新聞” (日本語). カナロコ. 2020年3月18日閲覧。
  19. ^ 競輪場金庫から930万円横領 小田原市職員を懲戒免職”. 2020年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]