埼玉県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗埼玉県第4区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 朝霞市志木市和光市新座市
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 穂坂泰
有権者数 38万8521人
1.680 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

埼玉県第4区(さいたまけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。(2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた)。自民党支持層と野党支持層が入り交じる地区である。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2002年平成14年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2002年の改正により、戸田市は埼玉県第15区に編入した。

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 戸田市
  • 朝霞市
  • 志木市
  • 和光市
  • 新座市

歴史[編集]

埼玉県南部の4市を区域に持ち、改正以前は戸田市も入っていた。

導入後から上田清司新進党民主党)が当選を続けていたが、戸田市が15区に編入した2003年の第43回衆議院議員総選挙を前に上田は埼玉県知事選に出馬するため民主党は当初埼玉15区からの出馬を予定していた神風英男を擁立し、神風は初当選を果たした。

第44回衆議院議員総選挙では、前回で神風に敗れて比例復活となった自由民主党早川忠孝が雪辱を果たし、神風は比例復活に回ったが、第45回衆議院議員総選挙は逆に神風が早川の復活当選を許さなかった。

第46回衆議院議員総選挙で自民党は早川の後継として埼玉県連の公募に合格した豊田真由子を擁立。神風の復活当選を阻止して初当選した。第47回も豊田が再選し、神風は再び落選となり翌年に政界を引退した。

2017年の第48回衆議院議員総選挙の2ヶ月前に豊田が週刊新潮で秘書への暴言暴行について報じられて自民党を離党。自民党は志木市議会議員で実父が同市の市長を勤めていた穂坂泰を擁立、豊田は無所属で出馬したが結果は穂坂が初当選を果たした。

第49回衆議院議員総選挙では野党と無所属が乱立して票が分散。その隙を突いて安定した選挙活動を続けてきた穂坂が圧勝し再選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 上田清司 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 神風英男
第44回衆議院議員総選挙 2005年 早川忠孝 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 神風英男 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 豊田真由子 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 穂坂泰
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 埼玉県第4区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:38万6796人 最終投票率:54.49%(前回比:増加0.43%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
穂坂泰47自由民主党107,135票
52.26%
――公明党推薦
浅野克彦47国民民主党47,863票
23.35%
44.68%
工藤薫71日本共産党34,897票
17.02%
32.57%
遠藤宣彦58無所属11,733票
5.72%
10.95%×
小笠原洋輝37無所属3,358票
1.64%
3.13%×
  • 青柳は国替えで大阪14区から出馬し当選。
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 埼玉県第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:37万6437人 最終投票率:54.06%(前回比:増加0.72%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
穂坂泰43自由民主党74,287票
37.41%
――公明党推薦
吉田芳朝43希望の党50,165票
25.27%
67.53%
朝賀英義67日本共産党29,125票
14.67%
39.21%
青柳仁士38日本維新の会23,362票
11.77%
31.45%
豊田真由子43無所属21,614票
10.89%
29.10%×
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 埼玉県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:36万274人 最終投票率:53.34%(前回比:減少4.69%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
豊田真由子40自由民主党88,730票
48.11%
――公明党推薦
神風英男53民主党62,062票
33.65%
69.94%
桜井晴子58日本共産党33,646票
18.24%
37.92%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 埼玉県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:35万5100人 最終投票率:58.03%(前回比:減少7.86%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
豊田真由子38自由民主党71,061票
35.94%
――公明党
神風英男51民主党53,366票
26.99%
75.10%国民新党
青柳仁士34日本維新の会46,303票
23.42%
65.16%
桜井晴子56日本共産党23,360票
11.82%
32.87%
小笠原洋輝28無所属3,617票
1.83%
5.09%×
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 埼玉県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:34万6769人 最終投票率:65.89%(前回比:増加0.94%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
神風英男47民主党121,137票
54.25%
――
早川忠孝63自由民主党74,889票
33.54%
61.82%公明党
桜井晴子53日本共産党23,966票
10.73%
19.78%
水野武光51幸福実現党3,311票
1.48%
2.73%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 埼玉県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:33万3735人 最終投票率:64.95%(前回比:増加11.35%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
早川忠孝60自由民主党103,366票
48.78%
――
比当神風英男43民主党86,229票
40.69%
83.42%
桜井晴子49日本共産党22,322票
10.53%
21.60%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 埼玉県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 最終投票率:53.60%(前回比:減少2.49%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
神風英男42民主党81,367票
48.00%
――
比当早川忠孝58自由民主党69,625票
41.07%
85.57%
綾部澄子44日本共産党18,527票
10.93%
22.77%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 埼玉県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 最終投票率:56.09%(前回比:増加5.36%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上田清司52民主党106,131票
49.30%
――
早川忠孝54自由民主党70,062票
32.55%
66.01%
綾部澄子41日本共産党39,069票
18.15%
36.81%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 埼玉県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 最終投票率:50.73% (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上田清司48新進党72,420票
39.25%
――
早川忠孝51自由民主党46,869票
25.40%
64.72%
綾部澄子37日本共産党33,670票
18.25%
46.49%
石塚聡38民主党28,401票
15.39%
39.22%
早川竜介25自由連合3,140票
1.70%
4.34%

脚注[編集]

関連項目[編集]