神奈川県第13区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗神奈川県第13区
衆議院小選挙区 神奈川県.svg
行政区域 大和市海老名市座間市(相模が丘1丁目~6丁目を除く)、綾瀬市
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 太栄志
有権者数 47万3250人
2.046 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

神奈川県第13区(かながわけんだい13く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割り変更により、本区から座間市の一部が16区へ移行している。

2017年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 大和市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 綾瀬市

歴史[編集]

中選挙区制時代は、全域が神奈川県第3区に属した。相模川境川に挟まれた、県央地域が選挙区となっている。小田急小田原線小田急江ノ島線相鉄線などが通り、都心や横浜方面、もしくは厚木方面へ通うためのベッドタウンとしての性格が強い。

本選挙区は自由民主党甘利明の地盤である。ただし、1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)の第49回衆議院議員総選挙の3回は甘利が小選挙区で落選し、比例復活する結果(それぞれ新進党冨沢篤紘民主党橘秀徳立憲民主党太栄志が小選挙区当選)になっており、盤石な地盤とまでは言い難い。

48回選挙では他候補の比例なしに当選したが、第49回選挙では、自由民主党幹事長であったため幹事長就任後マスコミや週刊誌などに甘利の大臣辞任時のスキャンダルを蒸し返された結果落選。現職の自民党幹事長が選挙区で落選した初めての例となったが、比例南関東ブロックで復活当選した。これを受けて甘利は投票翌日に幹事長を辞任し、自民党は新たな幹事長として茂木敏充外務大臣(栃木5区)を充てる方針を固めた。茂木は11月4日、自民党幹事長に正式に就任した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 冨沢篤紘 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 甘利明 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 橘秀徳 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 甘利明 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 太栄志 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 神奈川県第13区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:47万1671人 最終投票率:55.77%(前回比:増加5.15%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
太栄志44立憲民主党130,124票
51.09%
――
比当甘利明72自由民主党124,595票
48.91%
95.75%公明党
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 神奈川県第13区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:46万572人 最終投票率:50.62%(前回比:減少1.67%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
甘利明68自由民主党127,214票
56.14%
――公明党
太栄志40希望の党62,779票
27.70%
49.35%
岡崎裕39日本共産党36,627票
16.16%
28.79%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 神奈川県第13区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:46万3907人 最終投票率:52.29%(前回比:減少5.68%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
甘利明65自由民主党142,201票
60.47%
――公明党
伊藤優太29維新の党58,941票
25.06%
41.45%
高久良美60日本共産党34,014票
14.46%
23.92%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 神奈川県第13区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:56.3 % (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
甘利明63自由民主党111,733票
42.96%
――
菅原直敏34みんなの党50,826票
19.54%
45.49%
太田祐介38日本維新の会43,754票
16.82%
39.16%
橘秀徳43民主党38,637票
14.86%
34.58%
宮応勝幸69日本共産党15,131票
5.82%
13.54%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 神奈川県第13区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
橘秀徳40民主党138,104票
46.10%
――
比当甘利明60自由民主党136,164票
45.45%
98.60%
近藤知昭60日本共産党18,721票
6.25%
13.56%
鈴木千尋38幸福実現党6,588票
2.20%
4.77%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 神奈川県第13区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
甘利明56自由民主党174,361票
61.07%
――
土田龍司53民主党88,170票
30.88%
50.57%
近藤知昭56日本共産党22,970票
8.05%
13.17%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 神奈川県第13区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
甘利明54自由民主党139,239票
56.85%
――
土田龍司51民主党86,256票
35.22%
61.95%
新井俊次65日本共産党19,431票
7.93%
13.96%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 神奈川県第13区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
甘利明50自由民主党114,351票
45.78%
――
冨沢篤紘60民主党86,879票
34.78%
75.98%
長島康夫64日本共産党20,804票
8.33%
18.19%
千葉紘代57社会民主党20,695票
8.29%
18.10%
中村徹47自由連合7,040票
2.82%
6.16%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 神奈川県第13区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
冨沢篤紘56新進党73,773票
34.03%
――
比当甘利明47自由民主党72,022票
33.22%
97.63%
小山順子41民主党32,928票
15.19%
44.63%
上田博之37日本共産党24,895票
11.48%
33.75%
平岡幸雄63新社会党8,413票
3.88%
11.40%
清水正法57自由連合4,775票
2.20%
6.47%

脚注[編集]

関連項目[編集]