神奈川県第9区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗神奈川県第9区
衆議院小選挙区 神奈川県.svg
行政区域 川崎市多摩区宮前区向丘出張所管内の神木本町1丁目~5丁目)・麻生区
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2002年2017年区割変更)
選出議員 笠浩史
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
319,070人
1.37 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

神奈川県第9区(かながわけんだい9く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[ソースを編集]

2002年に高津区は本区から18区へ移行。2017年に宮前区の一部が18区から本区に移行している。

歴史[ソースを編集]

中選挙区制時代には、全域が神奈川県第2区に属した。1994年(平成6年)の小選挙区設置後、2002年(平成14年)の区割り改正[1]2017年(平成29年)の区割り改正を経て、現行の区域となっている。

1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)の第42回衆議院議員総選挙では、中選挙区制時代からこの区域を地盤とした松沢成文新進党、のち民主党)が議席を確保した。松沢は、2003年(平成15年)4月の第15回統一地方選挙の際に行われた神奈川県知事選挙に衆議院議員を辞職して無所属で出馬し、当選した。同年11月に行われた第43回衆議院議員総選挙では、民主党の笠浩史が当選。2005年(平成17年)には小泉旋風の中、自民党山内康一が当選、笠は比例復活した。2009年(平成21年)には笠が当選した。2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では、民主党全体に猛烈な逆風が吹き荒れる中、笠が接戦を制し、神奈川県内で唯一の小選挙区の民主党議席を死守した。また、2位の自民党・中山展宏、3位のみんなの党椎名毅も比例復活した。2014年(平成26年)も笠が当選し、中山が比例復活した。その後2017年(平成29年)に笠は民主党の後継である民進党を離党し同選挙区は与野党空白区となっている。

小選挙区選出議員[ソースを編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 松沢成文 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 松沢成文 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 笠浩史 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 山内康一 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 笠浩史 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 笠浩史 民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 笠浩史 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 笠浩史 希望の党

選挙結果[ソースを編集]

第48回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:327,305人 最終投票率:55.05%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
笠浩史 52 希望の党 72,531票
41.3%
――
比当 中山展宏 49 自由民主党 70,819票
40.3%
97.6% 公明党
斉藤温 26 日本共産党 32,290票
18.4%
44.5%
第47回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:307,305人 最終投票率:56.66%(前回比:-5.45ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
笠浩史 49 民主党 64,534票
37.9%
――
比当 中山展宏 46 自由民主党 59,991票
35.2%
93.0% 公明党
椎名毅 39 維新の党 27,762票
16.3%
43.0%
堀口望 38 日本共産党 18,134票
10.6%
28.1%
第46回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
笠浩史 47 民主党 67,448票
36.8%
―― 国民新党
比当 中山展宏 44 自由民主党 58,370票
31.9%
86.5% 公明党、新党改革
比当 椎名毅 37 みんなの党 41,454票
22.6%
61.5% 日本維新の会
堀口望 36 日本共産党 15,773票
8.6%
23.4%
第45回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
笠浩史 44 民主党 127,219票
63.5%
――
中山展宏 40 自由民主党 49,274票
24.6%
38.7%
利根川武矩 65 日本共産党 16,239票
8.1%
12.8%
須藤教成 29 無所属 4,423票
2.2%
3.5% ×
小口裕嗣 32 幸福実現党 3,055票
1.5%
2.4%
第44回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
山内康一 32 自由民主党 86,673票
46.6%
――
比当 笠浩史 40 民主党 82,878票
44.5%
95.6%
鴨下元 27 日本共産党 16,636票
8.9%
19.2%
第43回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
笠浩史 38 民主党 78,590票
50.3%
――
中港拓 34 自由民主党 57,457票
36.8%
73.1%
鴨下元 25 日本共産党 14,409票
9.2%
18.3%
小林武治 61 無所属 5,696票
3.6%
7.2% ×
第42回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
松沢成文 42 民主党 122,551票
52.6%
――
小川栄一 56 自由民主党 64,981票
27.9%
53.0%
井口真美 39 日本共産党 39,751票
17.1%
32.4%
舘澤恵一 49 自由連合 5,633票
2.4%
4.6%
  • 松沢は2003年より神奈川県知事。
第41回衆議院議員総選挙 神奈川県第9区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
松沢成文 38 新進党 72,147票
35.1%
――
小川栄一 52 自由民主党 50,423票
24.5%
69.9%
小西正典 46 民主党 46,782票
22.7%
64.8%
藤井一夫 56 日本共産党 33,596票
16.3%
46.6%
高木規 26 自由連合 2,788票
1.4%
3.9%

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 2002年(平成14年)の区割り改正以前は、川崎市高津区多摩区麻生区を区域とした。

関連項目[ソースを編集]