大分県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗大分県第3区
衆議院小選挙区 大分県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 別府市中津市豊後高田市杵築市宇佐市国東市東国東郡速見郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 岩屋毅
有権者数 30万2588人
1.308 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

大分県第3区(おおいたけんだい3く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。(2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた)。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

歴史[編集]

旧4区が選挙区域に含まれた第43回以降、岩屋毅横光克彦の激戦となり、第43回から第45回までは3回連続で敗れた方が比例復活していた。第46回は民主党に対する強い逆風の中で岩屋が圧勝し、横光は比例復活もできずに落選した。第48回では一度引退していた横光が立憲民主党から出馬し、小選挙区では落選したものの、比例復活し復帰した。第49回では横光は比例復活もできずに落選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 畑英次郎 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 岩屋毅 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 横光克彦 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 岩屋毅 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 大分県第3区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:30万1700人 最終投票率:59.67%(前回比:減少0.1%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩屋毅64自由民主党102,807票
58.42%
――公明党推薦
横光克彦77立憲民主党73,159票
41.58%
71.16%国民民主党大分県総支部連合会・社会民主党大分県連合支持
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 大分県第3区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:31万2610人 最終投票率:59.77%(前回比:増加3.04%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩屋毅60自由民主党99,412票
54.16%
――公明党推薦
比当横光克彦73立憲民主党84,133票
45.84%
84.63%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 大分県第3区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:31万2365人 最終投票率:56.73% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩屋毅57自由民主党106,257票
61.67%
――公明党推薦
浦野英樹45民主党48,389票
28.08%
45.54%
大塚光義59日本共産党17,657票
10.25%
16.62%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 大分県第3区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩屋毅55自由民主党100,606票
50.34%
――公明党推薦
横光克彦69民主党62,949票
31.50%
62.57%国民新党推薦
神雅敏36みんなの党28,013票
14.02%
27.84%日本維新の会推薦
大塚光義57日本共産党8,301票
4.15%
8.25%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 大分県第3区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
横光克彦65民主党121,031票
51.04%
――
比当岩屋毅52自由民主党112,602票
47.49%
93.04%
利光哲也56幸福実現党3,489票
1.47%
2.88%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 大分県第3区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩屋毅48自由民主党127,656票
53.08%
――
比当横光克彦61民主党112,833票
46.92%
88.39%
  • 横光は選挙直前に民主党に移籍した。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 大分県第3区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩屋毅46自由民主党123,798票
51.26%
――
比当横光克彦60社会民主党111,180票
46.04%
89.81%
小川勉57日本共産党6,521票
2.70%
5.27%
  • この回の選挙から区割りが変更され大分4区との合区となった。横光は第41・第42回は4区で連続当選。
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 大分県第3区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岩屋毅42自由民主党95,046票
60.31%
――
中村太郎60民主党50,024票
31.74%
52.63%
小川勉53日本共産党10,057票
6.38%
10.58%
梅木恒明66自由連合2,470票
1.57%
2.60%
  • 岩屋は前回大分4区から新進党公認で立候補し、落選。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 大分県第3区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
畑英次郎66新進党77,936票
50.69%
――
牧野哲朗49自由民主党63,440票
41.26%
81.40%
日野洋子62日本共産党10,375票
6.75%
13.31%
梅木恒明62自由連合1,998票
1.30%
2.56%

脚注[編集]

関連項目[編集]