宮崎県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗宮崎県第2区
衆議院小選挙区 宮崎県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 延岡市日向市西都市児湯郡東臼杵郡西臼杵郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
選出議員 江藤拓
有権者数 27万3511人
1.182 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

宮崎県第2区(みやざきけんだい2く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

九州では最も広い衆議院選挙区である(全国では15番目)。

歴史[編集]

江藤拓は第43回は父・江藤隆美の後継をめぐっての保守分裂のため、第44回は郵政民営化に反対したことから無所属で出馬し当選した(3区と様相が似ているがこちらは世襲候補が勝った)。それ以降は第45回と第49回での他党候補の比例復活を許すものの、江藤拓が得票率5割以上で当選し続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 江藤隆美 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年 江藤拓 無所属
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 宮崎県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:27万3071人 最終投票率:56.28%(前回比:増加4.59%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤拓61自由民主党94,156票
62.20%
――公明党推薦
比当長友慎治44国民民主党57,210票
37.80%
60.76%社会民主党宮崎県連合推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 宮崎県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:28万4933人 最終投票率:51.69%(前回比:減少0.34%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤拓57自由民主党98,170票
69.74%
――公明党推薦
黒木万治69日本共産党29,831票
21.19%
30.39%
河野一郎57幸福実現党12,757票
9.06%
12.99%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 宮崎県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:28万6325人 最終投票率:52.03% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤拓54自由民主党111,850票
78.39%
――公明党推薦
吉田貴行59日本共産党30,841票
21.61%
27.57%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 宮崎県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤拓52自由民主党113,432票
68.31%
――
道休誠一郎59民主党41,070票
24.73%
36.21%
吉田貴行57日本共産党11,545票
6.95%
10.18%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 宮崎県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤拓49自由民主党120,567票
56.89%
――
比当道休誠一郎56民主党81,997票
38.69%
68.01%
大原守人57無所属7,609票
3.59%
6.31%×
嶋崎義和54幸福実現党1,770票
0.84%
1.47%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 宮崎県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤拓45無所属101,809票
47.23%
――×
上杉光弘63自由民主党61,979票
28.75%
60.88%
黒木健司52民主党51,764票
24.01%
50.84%
  • 上杉は第45回は1区から立候補するも落選。第46回は本拠地を宮崎としたまま比例中国ブロックに立候補し当選。
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 宮崎県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤拓43無所属88,540票
43.63%
――×
黒木健司50無所属79,119票
38.98%
89.36%×
土井裕子51民主党29,585票
14.58%
33.41%
内山定雄63日本共産党5,708票
2.81%
6.45%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 宮崎県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤隆美75自由民主党131,725票
66.55%
――
長浜恵美子58民主党47,833票
24.17%
36.31%
塩月盈67日本共産党12,829票
6.48%
9.74%
木幡豊40自由連合5,533票
2.80%
4.20%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 宮崎県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江藤隆美71自由民主党106,858票
55.48%
――
谷川敏通50新進党73,553票
38.19%
68.83%
野田章夫36日本共産党10,813票
5.61%
10.12%
青郷卓治38自由連合1,370票
0.71%
1.28%

脚注[編集]

関連項目[編集]