大分県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗大分県第2区
衆議院小選挙区 大分県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大分市(旧佐賀関町野津原町域)、日田市佐伯市臼杵市津久見市竹田市豊後大野市由布市玖珠郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 衛藤征士郎
有権者数 26万8321人
1.160 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

大分県第2区(おおいたけんだい2く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

2002年平成14年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]。2002年の公職選挙法改正により、大分市東部は本区から1区へ、日田市・大分郡・玖珠郡・日田郡は3区から本区へ移行。

2002年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2002年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

  • 大分市(1区に属しない区域)
  • 佐伯市
  • 臼杵市
  • 津久見市
  • 竹田市
  • 北海部郡
  • 南海部郡
  • 大野郡
  • 直入郡

歴史[編集]

第42回以降、自由民主党衛藤征士郎社会民主党立憲民主党の候補(重野安正吉川元)の戦いが続いている。第45回は重野が民主党国民新党の協力も受け初めて選挙区で当選し、大阪10区沖縄2区と共に、社民党が議席を持つ選挙区の一つとなった。ただし、この選挙後に大阪10区の辻元清美が社民党を離党して民主党入りしたため、同党が議席を持つ選挙区は2つに減った。第46回では病気で引退した重野に代わり出馬した吉川を衛藤が破り、社民党が議席を持つ選挙区は沖縄2区のみになった(吉川は比例復活)。第47回以降は衛藤を吉川が追う状況が続いているが、両者の差は縮まりつつある。第49回では立憲民主党に移った吉川に衛藤が654票差まで詰められたが、衛藤が逃げ切った(吉川は比例復活)。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 衛藤征士郎 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 重野安正 社会民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 衛藤征士郎 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 大分県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:26万7779人 最終投票率:60.45%(前回比:減少0.24%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎80自由民主党79,433票
50.21%
――公明党推薦
比当吉川元55立憲民主党78,779票
49.79%
99.18%国民民主党大分県総支部連合会・社会民主党大分県連合支持
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 大分県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:28万5252人 最終投票率:60.69%(前回比:増加2.65%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎76自由民主党89,944票
53.27%
――公明党推薦
比当吉川元51社会民主党70,858票
41.97%
78.78%立憲民主党日本共産党推薦
上田敦子50幸福実現党8,033票
4.76%
8.93%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 大分県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:29万833人 最終投票率:58.04% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎73自由民主党86,363票
52.65%
――公明党推薦
比当吉川元48社会民主党59,775票
36.44%
69.21%
山下魁37日本共産党17,907票
10.92%
20.73%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 大分県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎71自由民主党94,666票
51.38%
――公明党推薦
比当吉川元46社会民主党46,786票
25.39%
49.42%
竹内紀彦43日本維新の会31,779票
17.25%
33.57%みんなの党推薦
山下魁35日本共産党11,008票
5.97%
11.63%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 大分県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
重野安正67社会民主党112,090票
50.09%
――
比当衛藤征士郎68自由民主党107,124票
47.87%
95.57%公明党推薦
永岡悦子57幸福実現党4,574票
2.04%
4.08%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 大分県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎64自由民主党116,837票
51.51%
――
比当重野安正63社会民主党95,017票
41.89%
81.32%
山下魁28日本共産党14,957票
6.59%
12.80%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 大分県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎62自由民主党123,434票
56.19%
――
重野安正61社会民主党85,666票
38.99%
69.40%
小野勝61日本共産党10,590票
4.82%
8.58%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 大分県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎59自由民主党92,242票
54.64%
――
比当重野安正58社会民主党69,532票
41.19%
75.38%
佛坂健二53日本共産党5,034票
2.98%
5.46%
石川朱美47自由連合2,003票
1.19%
2.17%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 大分県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
衛藤征士郎55自由民主党100,809票
74.18%
――
神河照美42自由連合20,889票
15.37%
20.72%
土井正美56日本共産党14,197票
10.45%
14.08%

脚注[編集]

関連項目[編集]