福島県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗福島県第3区
衆議院小選挙区 福島県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 白河市須賀川市田村市岩瀬郡西白河郡泉崎村中島村矢吹町東白川郡石川郡田村郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 玄葉光一郎
有権者数 26万4798人
1.145 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

福島県第3区(ふくしまけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割り変更により、西白河郡西郷村[3]4区に移動されている。

中通りの県中エリア須賀川市・田村市・田村郡・岩瀬郡・石川郡と県南エリア(白河地方)で構成される。

2017年以前の区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]

  • 白河市
  • 須賀川市
  • 田村市
  • 岩瀬郡
  • 西白河郡
  • 東白川郡
  • 石川郡
  • 田村郡

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[5]

  • 白河市
  • 須賀川市
  • 岩瀬郡
  • 西白河郡
  • 東白川郡
  • 石川郡
  • 田村郡

歴史[編集]

福島県知事佐藤栄佐久を岳父に持つ玄葉光一郎2000年以降8回連続当選しており、第44回第45回衆議院議員総選挙のいずれでも得票率が全国2位となるなど、厚い地盤を築いている。民主党にかつてない逆風が吹いた第46回衆議院議員総選挙でさえ、自由民主党候補をダブルスコア以上の大差で破り当選した[注 1]。また、比例順位の違いという理由ではあるが、自民党が大勝した第44回衆議院議員総選挙において自民党候補が比例復活できなかったのに対し民主党が大勝した第45回衆議院議員総選挙においては自民党候補に比例復活を許すという珍しい結果が出ている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 荒井広幸 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 玄葉光一郎 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 無所属
第49回衆議院議員総選挙 2021年 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 福島県第3区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:26万4121人 最終投票率:64.05%(前回比:増加3.09%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎57立憲民主党90,457票
54.24%
――社会民主党福島県連合推薦
比当上杉謙太郎46自由民主党76,302票
45.76%
84.35%公明党推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 福島県第3区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:27万4213人 最終投票率:60.96%(前回比:増加4.86%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎53無所属92,930票
56.62%
――×
比当上杉謙太郎42自由民主党60,006票
36.56%
64.57%公明党推薦
橋本健二69日本共産党11,196票
6.82%
12.05%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 福島県第3区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:28万9354人 最終投票率:55.78%(前回比:減少5.91%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎50民主党94,462票
59.99%
――
上杉謙太郎39自由民主党49,174票
31.23%
52.06%公明党、新党改革推薦
横田洋子56日本共産党13,824票
8.78%
14.63%
  • 菅野は比例東北ブロック単独で立候補したが落選。
  • 上杉は第46回は新党改革から比例東北ブロック単独で立候補(落選)。
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 福島県第3区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:29万2166人 最終投票率:61.69%(前回比:減少12.57%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎48民主党107,737票
62.33%
――国民新党推薦
比当菅野佐智子59自由民主党48,796票
28.23%
45.29%公明党、新党改革推薦
小山田智枝43日本共産党16,313票
9.44%
15.14%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 福島県第3区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:29万8086人 最終投票率:74.26%(前回比:増加1.97%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎45民主党159,826票
73.76%
――国民新党推薦
比当吉野正芳61自由民主党56,858票
26.24%
35.57%公明党推薦
  • 吉野は5区からの国替えのため、比例順位で優遇された。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 福島県第3区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:29万9163人 最終投票率:72.29%(前回比:減少0.25%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎41民主党143,850票
68.55%
――
蓮実進72自由民主党65,996票
31.45%
45.88%公明党推薦
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 福島県第3区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 最終投票率:72.54% (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎39民主党110,606票
52.04%
――
荒井広幸45自由民主党94,413票
44.42%
85.36%公明党推薦
鈴木正一50日本共産党7,522票
3.54%
6.80%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 福島県第3区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
玄葉光一郎36民主党118,385票
53.77%
――
穂積良行65自由民主党91,081票
41.37%
76.94%
鈴木正一46日本共産党10,683票
4.85%
9.02%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 福島県第3区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
荒井広幸38自由民主党91,747票
46.18%
――
比当玄葉光一郎32民主党88,214票
44.40%
96.15%
鈴木正一43日本共産党11,031票
5.55%
12.02%
鈴木尚之49無所属7,688票
3.87%
8.38%×

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 対立候補の菅野は比例で復活当選。

出典[編集]

関連項目[編集]