新潟県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗新潟県第3区
衆議院小選挙区 新潟県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 新潟市北区(旧豊栄市域)、新発田市村上市五泉市阿賀野市胎内市北蒲原郡東蒲原郡岩船郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 黒岩宇洋
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
316,790人
1.36 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

新潟県第3区(にいがたけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

市町村合併などにより現在は以下の区域が選挙区となっている。

歴史[編集]

1994年小選挙区比例代表並立制導入で、当時の新発田市、村上市、五泉市、豊栄市、北蒲原郡、中蒲原郡村松町、東蒲原郡、岩船郡が選挙区の区域となった。

稲作農家が多い穀倉地帯で、中選挙区制旧新潟2区時代から地元村上市地盤を持っていた自由民主党稲葉修稲葉大和親子の大票田となっていた地域である。[注 1]

小選挙区制施行後も稲葉大和が盤石の選挙戦を繰り広げ、1996年第41回衆議院議員総選挙から2005年第44回衆議院議員総選挙まで対立候補に一度たりとも比例復活を許さずに連続当選していたが、2009年第45回衆議院議員総選挙では参院より鞍替えして新発田市を中心に活動した民主党黒岩宇洋の前にダブルスコアの大敗を喫し、比例復活も叶わず稲葉は落選。この選挙後に稲葉は政界を引退し、おおよそ60年続いた「稲葉王国」は崩壊した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では自民党が新人の斎藤洋明を擁立し初当選。自民党が議席を奪還し、黒岩は比例復活もできず落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙では地元JAなどの推薦を取り付けた黒岩が当選。敗れた斎藤は比例北陸信越ブロックで復活当選した。2017年第48回衆議院議員総選挙は、民進党の分裂に伴い無所属での戦いとなった黒岩が斎藤に50票差まで迫られたものの辛うじて選挙区で当選。斎藤は前回に続いて比例での復活当選となった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 稲葉大和 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 稲葉大和 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 稲葉大和 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 稲葉大和 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 黒岩宇洋 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 斎藤洋明 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 黒岩宇洋 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 黒岩宇洋 無所属

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:312,835人 最終投票率:63.31%(前回比:+8.76ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黒岩宇洋 51 無所属 95,644票
49.1%
―― 日本共産党社会民主党自由党新潟県連推薦 ×
比当 斎藤洋明 40 自由民主党 95,594票
49.1%
99.9% 公明党推薦
三村誉一 71 無所属 3,375票
1.7%
3.5%
第47回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:314,215人 最終投票率:54.55%(前回比:-5.07ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黒岩宇洋 48 民主党 82,619票
49.1%
――
比当 斎藤洋明 38 自由民主党 74,319票
44.2%
90.0% 公明党推薦
伊藤誠 50 日本共産党 11,214票
6.7%
13.6%
第46回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:318,635人 最終投票率:59.62%(前回比:-14.44ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
斎藤洋明 36 自由民主党 92,280票
50.2%
―― 公明党推薦
黒岩宇洋 46 民主党 76,135票
41.4%
82.5% 国民新党推薦
田中真一 50 日本共産党 11,465票
6.2%
12.4%
三村誉一 66 無所属 4,075票
2.2%
4.4% ×
第45回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:323,892人 最終投票率:74.06%(前回比:+4.20ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
黒岩宇洋 42 民主党 154,985票
66.0%
――
稲葉大和 65 自由民主党 77,058票
32.8%
49.7%
富川将充 36 幸福実現党 2,668票
1.1%
1.7%
第44回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:328,478人 最終投票率:69.86%(前回比:+8.10ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
稲葉大和 61 自由民主党 111,695票
50.1%
――
宮崎増次 54 社会民主党 73,114票
32.8%
65.5%
鈴木泰 45 国民新党 23,845票
10.7%
21.3%
田中真一 43 日本共産党 14,132票
6.3%
12.7%
  • 鈴木は第41・第45回は東京25区、第42・第43回は静岡3区から立候補するも、落選。
第43回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:328,821人 最終投票率:61.76%(前回比:-6.83ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
稲葉大和 59 自由民主党 108,627票
55.9%
――
倉持八郎 60 社会民主党 70,256票
36.2%
64.7%
田中真一 41 日本共産党 15,399票
7.9%
14.2%
第42回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:68.59%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
稲葉大和 56 自由民主党 111,819票
51.2%
――
白沢三郎 59 自由党 57,409票
26.3%
51.3%
倉持八郎 57 社会民主党 34,320票
15.7%
30.7%
稲垣恵造 63 日本共産党 15,045票
6.9%
13.5%
第41回衆議院議員総選挙 新潟県第3区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
稲葉大和 52 自由民主党 79,635票
36.0%
――
岩村卯一郎 69 無所属 66,067票
29.9%
83.0% ×
白沢三郎 55 新進党 60,223票
27.2%
75.6%
田崎正一 71 日本共産党 15,110票
6.8%
19.0%

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 旧新潟2区時代、阿賀北地域を地盤とし稲葉と地盤が若干重なっていた渡辺紘三の後継が分裂してしまったことが、中選挙区時代あまり選挙に強くなかった稲葉によい方向に働いた結果である。

出典


関連項目[編集]