細田健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
細田 健一
ほそだ けんいち
20211006hosoda kenichi.jpg
経済産業副大臣兼内閣府副大臣の就任に際して公表された肖像写真
生年月日 (1964-07-11) 1964年7月11日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
出身校 京都大学法学部
ハーバード大学ケネディ行政大学院
前職 国家公務員経産省
所属政党 自由民主党安倍派
称号 法学士(京都大学・1988年
行政学修士(ハーバード大学・2003年
公式サイト 細田健一 衆議院議員 自由民主党 新潟2区

選挙区新潟2区→)
比例北陸信越ブロック→)
新潟2区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日[1] - 現職
テンプレートを表示

細田 健一(ほそだ けんいち、1964年7月11日 - )は、日本政治家経産官僚自由民主党所属の衆議院議員(4期)。

経済産業副大臣内閣府副大臣農林水産大臣政務官などを歴任。

来歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。東海高等学校を経て京都大学法学部行政学村松ゼミ[2])卒業。1988年、通商産業省(現:経済産業省)に入省し、1994年から1年間、橋本龍太郎通商産業大臣の下で広報担当の補佐官を務める[3]1997年から3年間、マドリッド在スペイン日本大使館へ出向[3]2003年ハーバード大学ケネディ行政大学院行政学の修士号を取得[3]2006年に経産省を退官し、2008年まで民間企業に勤務する[3]2009年から1年間、自由民主党齋藤健衆議院議員の下で政策スタッフを務めた。

2012年7月、自由民主党新潟県第2選挙区支部長に就任。同年12月の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で新潟2区から出馬し、民主党前職の鷲尾英一郎を約1万2千票差で破り、初当選した(鷲尾も比例復活)。当選後、清和政策研究会に入会。2014年第47回衆議院議員総選挙では、新潟2区で民主党の鷲尾を102票の僅差で破り、再選(鷲尾も比例復活)[4]2016年8月5日農林水産大臣政務官に就任[5]2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、新潟2区で、無所属で出馬した鷲尾に約1万6000票差で破れるも比例北陸信越ブロック復活当選

新潟県長岡市にて(2019年7月)

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙で、自民党に入党した鷲尾が比例北陸信越ブロックに回ったこともあり、小選挙区で当選し4選。

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 東海高等学校時代の同級生には伊藤忠彦(自由民主党衆議院議員)、工藤彰三(自由民主党衆議院議員)、日比治雄(名古屋製酪社長(めいらくグループ))、小林憲司(元民主党衆議院議員)らがいる。
  • 妹は日本作編曲家協会理事で、ピアニストの武永京子。

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 48 新潟2区 自由民主党 8万1537票 45.52% 1 1/4 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 50 新潟2区 自由民主党 7万589票 42.96% 1 1/4 /
比当 第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 53 比例北陸信越(新潟2区) 自由民主党 8万1705票 43.10% 1 2/3 5/5
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 57 新潟2区 自由民主党 10万5426票 59.91% 1 1/3 /

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “議員や首長の任期はいつからカウントするか。”. レファレンス協同データベース. (2011年6月16日). https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000087399 2021年8月18日閲覧。 
  2. ^ 5月15日開催 第10回 政治家と話そう!交流会 自民党・細田健一議員 SEMIZIKA 2014年5月8日
  3. ^ a b c d プロフィール | 細田健一 衆議院議員 自由民主党 新潟2区
  4. ^ 新潟 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  5. ^ 本日、農林水産大臣政務官を拝命いたしました。”. facebook. 2016年8月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e f “2012衆院選 新潟2区 細田 健一”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A15002003003 2014年12月19日閲覧。 
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  8. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  9. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  10. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  11. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  12. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “選択的夫婦別姓 自民議員が反対派に思うこと「理解不足と差別思想を感じた」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94526 2021年4月7日閲覧。 
  13. ^ “2021年7月号_6面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_6%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  14. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代
長坂康正
江島潔
日本の旗 経済産業副大臣
石井正弘と共同

2021年 - 2022年
次代
中谷真一
太田房江
先代
赤沢亮正
三ッ林裕巳
丹羽秀樹
長坂康正
江島潔
堀内詔子
中山泰秀
渡辺猛之
日本の旗 内閣府副大臣
大野敬太郎
黄川田仁志
赤池誠章
池田佳隆
小林史明
山本博司
石井正弘
渡辺猛之
務台俊介
鬼木誠と共同

2021年 - 2022年
次代
大串正樹
藤丸敏
星野剛士
和田義明
伊佐進一
中谷真一
太田房江
石井浩郎
小林茂樹
井野俊郎
先代
佐藤英道
加藤寛治
日本の旗 農林水産大臣政務官
矢倉克夫と共同

2016年 - 2017年
次代
野中厚
上月良祐