熊本県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗熊本県第3区
衆議院小選挙区 熊本県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 山鹿市菊池市阿蘇市合志市菊池郡阿蘇郡上益城郡
(2022年12月28日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
2017年区割変更)
選出議員 坂本哲志
有権者数 31万5454人
1.375 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2022年9月1日)
テンプレートを表示

熊本県第3区(くまもとけんだい3く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のとおりである[1][2]。2017年の区割り変更により熊本市北区の旧植木町域が1区に移行され、上益城郡各町が4区から本区へ移行された。

2017年以前の区域[編集]

2013年平成25年)公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[3]

1994年平成6年)公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[4]

  • 山鹿市
  • 菊池市
  • 鹿本郡
  • 菊池郡
  • 阿蘇郡

歴史[編集]

保守地盤であるが、それゆえに第43回・第44回は保守分裂選挙となり、坂本哲志松岡利勝の激しい戦いが繰り広げられた。そのため、松岡の死去後の補欠選挙でも同様に保守勢力が分裂し、そのしこりから坂本が正式に自民党に入党するまでに時間を要した。坂本は初めて自民党の公認を得た第45回において、自民党に対する逆風に加えて、元自民党参議院議員の三浦が立候補してまたも保守分裂となる中で、僅差で民主党新人の後藤英友を破った(後藤は比例復活)。それ以降は坂本が盤石の選挙戦で相手候補の比例復活を許さない勝ち方を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 松岡利勝 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 坂本哲志 無所属
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 松岡利勝 自由民主党
第44回衆議院議員補欠選挙 2007年(平成19年) 坂本哲志 無所属 ※松岡利勝の死去に伴う。
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 熊本県第3区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:31万5292人 最終投票率:57.38%(前回比:減少0.13%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
坂本哲志70自由民主党125,158票
71.15%
――公明党推薦
馬場功世70社会民主党37,832票
21.51%
30.23%
本間明子40NHKと裁判してる党
弁護士法72条違反で
12,909票
7.34%
10.31%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 熊本県第3区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:32万131人 最終投票率:57.51%(前回比:増加6.28%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
坂本哲志66自由民主党129,312票
73.60%
――公明党推薦
関根静香27日本共産党46,392票
26.40%
35.88%社会民主党推薦
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 熊本県第3区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:27万2953人 最終投票率:51.23%(前回比:減少10.31%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
坂本哲志64自由民主党100,824票
77.08%
――公明党推薦
芋生よしや59日本共産党29,981票
22.92%
29.74%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 熊本県第3区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:61.54% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
坂本哲志62自由民主党95,651票
58.72%
――公明党推薦
本田浩一45日本維新の会38,548票
23.66%
40.30%
森本康仁34民主党20,497票
12.58%
21.43%国民新党推薦
東奈津子43日本共産党8,197票
5.03%
8.57%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 熊本県第3区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
坂本哲志58自由民主党81,506票
40.63%
――
比当後藤英友42民主党74,885票
37.33%
91.88%
三浦一水55無所属42,579票
21.22%
52.24%×
松井栄治43幸福実現党1,650票
0.82%
2.02%
  • 三浦は平沼グループ所属。
  • 後藤は関係者の公職選挙法違反により、2010年8月に議員辞職。

当日有権者数:269,425人 最終投票率:70.88%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
坂本哲志56無所属 77,358票
41.53%
荒木義行49無所属64,063票
34.39%
後藤英友40民主党39,493票
21.20%
松岡徹62日本共産党5,368票
2.88%
  • 後藤は5区から国替え。
  • 荒木は2010年、合志市長選挙に立候補し当選。
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 熊本県第3区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松岡利勝60自由民主党86,688票
43.72%
――
坂本哲志54無所属78,796票
39.74%
90.90%×
中川浩一郎44民主党32,808票
16.55%
37.85%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 熊本県第3区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
坂本哲志53無所属79,500票
42.55%
――×
比当松岡利勝58自由民主党76,469票
40.92%
96.19%
池崎一郎51民主党26,317票
14.08%
33.10%
福山紘史63日本共産党4,571票
2.45%
5.75%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 熊本県第3区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松岡利勝55自由民主党109,127票
63.57%
――
濱口和久31民主党51,763票
30.15%
47.43%
益田健宏55日本共産党7,139票
4.16%
6.54%
清水正法56自由連合3,635票
2.12%
3.33%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 熊本県第3区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松岡利勝51自由民主党80,725票
45.07%
――
魚住汎英56新進党79,460票
44.36%
98.43%
園田原三55社会民主党12,458票
6.95%
15.43%
安達安人40日本共産党6,481票
3.62%
8.03%

脚注[編集]

関連項目[編集]