兵庫県第11区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗兵庫県第11区
衆議院小選挙区 兵庫県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 姫路市12区に属さない区域)
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 松本剛明
有権者数 40万138人
1.730 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

兵庫県第11区(ひょうごけんだい11く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 姫路市

歴史[編集]

平成の大合併前の姫路市域で構成される。中選挙区時代には姫路市を含む旧兵庫4区で、ともに自由民主党所属だった松本十郎戸井田三郎の激しい選挙戦が続き、小選挙区制のもと後継者の代になった現在も引き継がれている。臨海部には県内有数の工場地帯が広がる一方、城下町時代からの旧市民や周辺の西播磨・中播磨地方から移住した住民も多く、保守的な有権者が多い。

平成の大合併で姫路市が北部、南部の12区に属する自治体(家島町夢前町香寺町安富町)を合併したため、県内で単独の自治体と選挙区が一致するのは8区尼崎市)のみとなった。

第42回から第45回まで、「松本剛明戸井田徹」の構図が続いた(第41回では松本が無所属のため、当選とは遠い位置にあった)。臨海部に地盤を有する松本が優位な状況を築いていて、第44回の郵政選挙以外では勝利を挙げている。第46回では民主党への激しい逆風の中で戸井田の後継を破って当選した。第47回でも松本が再選したが松本は2015年に民主党を離党し、無所属になったため兵庫県連に所属する民主党の衆議院議員はいなくなった(その後兵庫1区井坂信彦が民主党の後身である民進党に入党)。

第48回でも選挙直前に自民党に入党した引き続き松本が当選したが、党としては民主党→民進党やその後継の一つと位置づけられた希望の党が議席を失い、自民党が議席を奪還した形となる。これは、同じく山口壮が無所属を経て自民党に入党した12区と類似した現象となっている。なおこの選挙で希望の党公認で戦った長安豊は大阪19区からの国替えであったが、比例復活もならず大敗した。また与党の自民・公明は、第44回以来12年ぶりに県内全ての衆議院選挙区を独占する結果となった。

第49回でも松本が勝利したが、日本維新の会住吉寛紀が松本に約15000票差まで迫り、比例復活した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 戸井田徹 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 松本剛明 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 戸井田徹 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 松本剛明 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 自由民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 兵庫県第11区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:39万9029人 最終投票率:48.39%(前回比:増加4.88%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本剛明62自由民主党92,761票
49.03%
――公明党推薦
比当住吉寛紀36日本維新の会78,082票
41.27%
84.18%
太田清幸66日本共産党18,363票
9.71%
19.80%社会民主党兵庫県連合推薦
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 兵庫県第11区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:39万8434人 最終投票率:43.51% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本剛明58自由民主党109,381票
65.29%
――公明党推薦
長安豊49希望の党37,783票
22.55%
34.54%
稲村知57日本共産党20,355票
12.15%
18.61%
  • 長安は希望の党と日本維新の会の候補者調整によりこの選挙のみ大阪19区から国替え。
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 兵庫県第11区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本剛明55民主党90,182票
49.61%
――
頭師暢秀44自由民主党74,562票
41.02%
82.68%公明党推薦
苦瓜一成61日本共産党17,020票
9.36%
18.87%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 兵庫県第11区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本剛明53民主党80,760票
39.58%
――国民新党推薦
頭師暢秀42自由民主党64,509票
31.62%
79.88%公明党推薦
堅田壮一郎26日本維新の会46,462票
22.77%
57.53%みんなの党推薦
白髪みどり37日本共産党12,304票
6.03%
15.24%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 兵庫県第11区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本剛明50民主党146,058票
61.30%
――
戸井田徹57自由民主党86,203票
36.18%
59.02%
帽田智子40幸福実現党6,013票
2.52%
4.12%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 兵庫県第11区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
戸井田徹53自由民主党113,401票
47.49%
――
比当松本剛明46民主党110,966票
46.47%
97.85%
竹内典昭30日本共産党14,441票
6.05%
12.73%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 兵庫県第11区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本剛明44民主党112,898票
52.62%
――
戸井田徹51自由民主党89,159票
41.56%
78.97%
竹内典昭28日本共産党12,494票
5.82%
11.07%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 兵庫県第11区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松本剛明41民主党101,566票
47.38%
――
戸井田徹48自由民主党87,624票
40.88%
86.27%
小池和也54日本共産党18,056票
8.42%
17.78%
服部千秋40自由連合7,119票
3.32%
7.01%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 兵庫県第11区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
戸井田徹44自由民主党64,896票
32.82%
――
五島壮53新進党61,185票
30.94%
94.28%
後藤茂71民主党28,303票
14.31%
43.61%
松本剛明37無所属27,371票
13.84%
42.18%×
南光勝美57日本共産党15,970票
8.08%
24.61%

脚注[編集]

関連項目[編集]