福井県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗福井県第1区
衆議院小選挙区 福井県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 福井市大野市勝山市あわら市坂井市吉田郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 解散により欠員
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
386,025人
1.65 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

福井県第1区(ふくいけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年の区割変更により、かつての1区区域のほか、かつて3区だった区域のうち福井市の2地域、2区であった区域が含まれることとなった。2013年の区割り変更前は、以下の区域であった。

歴史[編集]

第41回から第45回までは毎回1万票以内の差で勝負が決まる激戦区であったが、第46回以降は自民党の公認候補となっている稲田朋美が圧勝している。

小選挙区制移行後初の第41回総選挙では、経済企画庁長官などを務めた自民党公認候補の平泉渉新進党公認候補の笹木竜三の2人の前職に、元参議院議員旧民主党公認候補の古川太三郎と3人の国政議員経験者に加え、自民党から公認を得られず無所属での立候補となった通商産業省出身の松宮勲もあわせた争いとなったが、笹木が小選挙区で勝利している(ただし、笹木にとっては現在まで唯一の小選挙区勝利)。

第42回以降は、落選した平泉に代わって自民党の公認を得た松宮が2回連続で小選挙区当選。一方の笹木は新進党の解党を受けて自民党入りを模索したが松宮との公認争いに敗れ、2回連続で無所属での立候補となり、いずれも松宮に敗れているが、双方が接戦となる対決構図となっていた。

この対決構図に変化が生じたのが2005年のいわゆる「郵政選挙」となった第44回総選挙で、松宮が郵政民営化関連法案に反対したため自民党の公認を得られず、無所属での立候補を余儀なくされた。自民党は松宮に対しいわゆる「刺客候補」として稲田朋美を送り込み、民主党の公認を初めて得た笹木も加えて三つ巴の戦いとなった。大接戦の末、稲田が373票差で笹木を下して当選。僅差で敗れた笹木も重複立候補していた比例北陸信越ブロック復活当選し、5年ぶりに国政に復帰した。その一方で、松宮は議席を失い、自民党から離党勧告処分を受けて離党。その後2007年に民主党へ入党し、選挙区を福井3区へ移した。

2009年の第45回総選挙では、民主党への追い風と自民党への逆風から笹木と稲田の支持が拮抗していると事前に伝えられたが、結果は前回よりも大差の6,850票差で稲田が笹木を破った(笹木も比例復活当選)。

2012年の第46回総選挙では、一転して民主党に対する逆風もあり、稲田が次点以下を倍以上の得票で下し3選。笹木は比例復活も出来ず、議席を失った。

2014年の第47回総選挙では、前回日本維新の会から立候補し、その後維新の党公認候補となった元福井県議会議員の鈴木宏治との選挙協力のため、笹木が初めて立候補を取りやめたが、稲田が大勝し4選を果たした。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 笹木竜三 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 松宮勲 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 松宮勲 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 稲田朋美 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 稲田朋美 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 稲田朋美 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 稲田朋美 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
ーー
第47回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:378,855人 最終投票率:48.64%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
稲田朋美 55 自由民主党 116,855票
64.8%
ーー 公明党
鈴木宏治 41 維新の党 47,802票
26.5%
40.9%
金元幸枝 56 日本共産党 15,561票
8.6%
13.3%
第46回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
稲田朋美 53 自由民主党 68,027票
52.6%
ーー 公明党
鈴木宏治 39 日本維新の会 29,622票
22.9%
43.5%
笹木竜三 56 民主党 22,985票
17.8%
33.8%
金元幸枝 54 日本共産党 6,014票
4.7%
8.8%
山崎隆敏 63 社会民主党 2,681票
2.1%
3.9%
第45回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
稲田朋美 50 自由民主党 78,969票
50.0%
ーー 公明党
比当 笹木竜三 52 民主党 72,119票
45.6%
91.3%
金元幸枝 51 日本共産党 6,940票
4.4%
8.8%
第44回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
稲田朋美 46 自由民主党 51,242票
33.4%
ーー
比当 笹木竜三 48 民主党 50,869票
33.2%
99.3%
松宮勲 61 無所属 45,332票
29.5%
88.5% ×
金元幸枝 47 日本共産党 5,988票
3.9%
11.7%
  • 松宮はその後民主党に入党、第45回は3区に国替え立候補し比例復活。
第43回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
松宮勲 59 自由民主党 55,698票
42.1%
ーー
笹木竜三 46 無所属 54,019票
40.8%
97.0%
本郷史剛 32 民主党 16,309票
12.3%
29.3%
金元幸枝 45 日本共産党 6,354票
4.8%
11.4%
第42回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
松宮勲 56 自由民主党 61,707票
43.0%
ーー
笹木竜三 43 無所属 54,234票
37.8%
87.9%
青木康 52 民主党 16,507票
11.5%
26.8%
金元幸枝 42 日本共産党 10,998票
7.7%
17.8%
第41回衆議院議員総選挙 福井県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 比例重複
笹木竜三 39 新進党 48,214票
34.0%
ーー
松宮勲 52 無所属 40,840票
28.8%
84.7%
平泉渉 66 自由民主党 32,263票
22.8%
66.9%
古川太三郎 63 民主党 12,022票
8.5%
24.9%
金元幸枝 38 日本共産党 8,369票
5.9%
17.4%

関連項目[編集]