東京都第15区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗東京都第15区
衆議院小選挙区 東京都23区.svg衆議院小選挙区 凡例(都).svg
行政区域 江東区
(2017年7月16日現在)
比例区 東京ブロック
設置年 1994年
選出議員 柿沢未途
有権者数 42万6182人
1.842 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

東京都第15区(とうきょうとだい15く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

  • 第41回衆議院議員総選挙1996年
  • 第41回衆議院議員補欠選挙1999年
  • 第42回衆議院議員総選挙2000年
    • 元職の柿澤が無所属で立候補し、自民党からは前職の木村勉が立候補し大接戦となったが、およそ1,500票差で柿澤が競り勝った。また、自由党から立候補していた前職・東祥三(第41回は新進党から比例東京ブロック単独候補で当選)が比例復活当選している。
  • 第43回衆議院議員総選挙2003年
    • 前職・柿澤は無所属の会から出馬。民主党からは前職・東、自民党からは前回敗れた元職・木村が立候補する。
    • 東の出身母体である(東は公明党から新進党を経て自由党に所属。その後再結成された公明党には合流せず、そのまま自由党に留まった)創価学会票が木村に流れた影響もあり、木村が当選する。
  • 第44回衆議院議員総選挙2005年
    • 前職・木村が連続当選。
  • 第45回衆議院議員総選挙2009年
  • 第46回衆議院議員総選挙2012年
  • 第47回衆議院議員総選挙2014年
    • 前回比例で当選の前職・秋元に自民党本部が安倍晋三内閣総理大臣(当時)以下総力を挙げ、支援攻勢を掛けつつ前回選挙区選出の柿沢に猛追。結いの党結党を経て維新の党となった前職・柿沢は民主党都連の推薦を取り付け、維新の党のほか民主党や無所属を含む地元区議団の支援を受けて僅差で選挙区での勝利を手にし、秋元も比例復活した。なお、直前まで同区で活動していた田中は石川県第1区に転出した。ちなみに、この選挙で選挙区投票率は前回比8ポイントも低下した。
  • 第48回衆議院議員総選挙2017年
    • 前職・秋元が初めて小選挙区で当選。民進党を離党し希望の党からの出馬となった前職・柿沢は党への逆風から党勢がしぼんでいき、2回続けていた小選挙区での議席を死守できず、最終的に比例で復活当選となった[3]
  • 第49回衆議院議員総選挙2021年
    • 前職・秋元がIR汚職事件で逮捕(その後実刑判決を受け控訴中)されたのに伴い自民党を離党。このため党都連が元職の今村洋史を公認申請したが、国民民主党新・立憲民主党の結党に参加せずに無所属になっていた前職・柿沢が首相指名選挙で岸田文雄に投票、さらに立憲との統一会派からも離脱するなど、自民党入りの動きを見せたことから[4]、党として擁立を見送り、いずれも無所属で出馬する今村と柿沢双方を推薦、当選者を追加公認する方針を採った。保守分裂という状況を受けて、出馬を模索していた秋元が立候補を取り止めている[5][6]
    • 立憲民主党は野党統一候補として、元職の井戸正枝を当初擁立予定だった東京4区から当区に変更。柿沢に対抗する形に加え、候補一本化の協議の結果東京4区に日本共産党の候補を立てることになった事による物で、これまで当区で出馬していた吉田年男に変わり新たに擁立予定だった共産党新人の小堤東は比例に回った[7]。これらに加え日本維新の会の新人・金澤結衣が選挙戦に加わる構図となった。なお柿沢、今村、金澤、猪野隆(無所属)の4人とも日本維新の会(前身各党含む)に所属経験がある。
    • 最終的に7人が出馬した乱戦は、柿沢が2位の井戸に1万7000票あまりの差を付けて制し、前々回以来の小選挙区での勝利となった。これを受けて自民党は柿沢の追加公認を行った[8]。井戸と金澤はいずれも比例区との重複立候補も行っていたが、共に復活当選もなかった。

選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 柿澤弘治 自由民主党
第41回衆議院議員補欠選挙 1999年 木村勉 ※柿澤弘治の東京都知事選挙出馬による議員辞職に伴う
第42回衆議院議員総選挙 2000年 柿澤弘治 無所属
第43回衆議院議員総選挙 2003年 木村勉 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 東祥三 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 柿沢未途 みんなの党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 維新の党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 秋元司 自由民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年 柿沢未途 無所属

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 東京都第15区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:42万4125人 最終投票率:58.73%(前回比:増加3.14%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
柿沢未途50無所属76,261票
32.00%
――自由民主党推薦×
井戸正枝55立憲民主党58,978票
24.75%
77.34%社会民主党東京都連合推薦
金澤結衣31日本維新の会44,882票
18.83%
58.85%
今村洋史59無所属26,628票
11.17%
34.92%自由民主党推薦×
猪野隆56無所属17,514票
7.35%
22.97%×
桜井誠49日本第一党9,449票
3.96%
12.39%
吉田浩司61無所属4,608票
1.93%
6.04%×
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 東京都第15区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:41万2336人 最終投票率:55.59%(前回比:減少0.44%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
秋元司46自由民主党101,155票
45.55%
――公明党推薦
比当柿沢未途46希望の党70,325票
31.67%
69.52%
吉田年男69日本共産党34,943票
15.73%
34.54%
猪野隆52無所属15,667票
7.05%
15.49%×
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 東京都第15区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:39万5474人 最終投票率:56.03%(前回比:減少8.02%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
柿沢未途43維新の党88,507票
41.29%
――民主党東京都連推薦
比当秋元司43自由民主党85,714票
39.99%
96.84%公明党推薦
吉田年男66日本共産党31,384票
14.64%
35.46%
猪野隆49無所属8,759票
4.09%
9.90%×
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 東京都第15区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:38万6411人 最終投票率:64.05%(前回比:減少3.20%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
柿沢未途41みんなの党88,222票
36.93%
――日本維新の会推薦
比当秋元司41自由民主党74,159票
31.04%
84.06%公明党推薦
田中美絵子37民主党29,355票
12.29%
33.27%
東祥三61日本未来の党28,518票
11.94%
32.33%新党大地推薦
吉田年男64日本共産党18,667票
7.81%
21.16%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 東京都第15区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:37万5924人 最終投票率:67.25%(前回比:増加0.78%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
東祥三58民主党105,131票
42.39%
――
木村勉70自由民主党80,054票
32.28%
76.15%公明党推薦
比当柿沢未途38みんなの党38,808票
15.65%
36.91%
吉田年男61日本共産党22,176票
8.94%
21.09%
井寺英人36幸福実現党1,843票
0.74%
1.75%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 東京都第15区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:34万8023人 最終投票率:66.47%(前回比:増加6.12%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村勉66自由民主党123,021票
54.36%
――
東祥三54民主党79,621票
35.18%
64.72%
吉田年男57日本共産党23,659票
10.45%
19.23%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 東京都第15区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:33万2572人 最終投票率:60.35%(前回比:減少2.15%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村勉64自由民主党69,164票
35.43%
――
東祥三52民主党58,616票
30.02%
84.75%
柿澤弘治69無所属の会47,843票
24.51%
69.17%
榛田敦行32日本共産党19,610票
10.04%
28.35%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 東京都第15区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:30万9356人 最終投票率:62.50%(前回比:増加3.49%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
柿澤弘治66無所属54,298票
28.83%
――×
木村勉60自由民主党52,892票
28.08%
97.41%
榛田敦行29日本共産党29,412票
15.61%
54.17%
馬渡龍治42民主党27,654票
14.68%
50.93%
比当東祥三49自由党22,800票
12.10%
41.99%
近藤薫56無所属1,302票
0.69%
2.40%×
第41回衆議院議員補欠選挙 東京都第15区

当日有権者数:人 最終投票率:%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
木村勉59自由民主党 89,605票
51.02%
吉田和子49民主党53,490票
30.46%
房宗治56日本共産党32,541票
18.53%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 東京都第15区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
柿澤弘治62自由民主党61,701票
36.43%
――
黒柳明65新進党46,969票
27.73%
76.12%
房宗治53日本共産党29,901票
17.65%
48.46%
大沢昇31民主党28,181票
16.64%
45.67%
北浦義久35無所属2,629票
1.55%
4.26%×

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]