小田原潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 小田原 潔
生年月日 (1964-05-23) 1964年5月23日(53歳)
出生地 大分県宇佐市
出身校 東京大学経済学部
前職 銀行員
現職 政務調査会外交部会長代理ほか
所属政党 自由民主党細田派
公式サイト 衆議院議員(立川市・昭島市・日野市)小田原きよし
選挙区 比例東京ブロック→)
東京21区
当選回数 2回
テンプレートを表示

小田原 潔(おだわら きよし、1964年5月23日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)、外務大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。TOKYO自民党政経塾7期生であり[1]清和政策研究会会員[2]東日本大震災復興特別委員会の理事を務める。また龍馬プロジェクトにおける国会議員参与の一人[3]

略歴[編集]

大分県宇佐市生まれ[4]。少年時代は自衛官である父の転勤のため、北海道など各地を転々としていたという[4]東京大学経済学部を卒業後、富士銀行メリルリンチ証券ゴールドマン・サックス証券ドイツ証券モルガン・スタンレー証券等で23年間勤務[1]

2007年第21回参議院議員通常選挙2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党の候補者公募に応募するも採用されなかったという[4]2010年7月11日第22回参議院議員通常選挙において、自民党の公認を獲得し大分県選挙区に出馬するも落選[5]東北地方太平洋沖地震の発生後は被災地においてボランティア活動を行い、その体験を記した『ヒトのチカラ。』(ISBN 978-4-87919-641-5)を著す[5]

2012年平成24年)12月16日第46回衆議院議員総選挙では、東京21区に出馬。民主党長島昭久に敗れたが、比例東京ブロックで復活し初当選。みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会に所属し、2013年4月23日には靖国神社に参拝している[6]2014年(平成26年)12月14日第47回衆議院議員総選挙では再び東京21区に出馬し小選挙区において当選。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、外務大臣政務官に就任[7]

政策[編集]

人物[編集]

所属議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 自由民主』2012年11月号。
  2. ^ 清和政策研究会 会員紹介 小田原 潔
  3. ^ 龍馬プロジェクトのメンバー紹介
  4. ^ a b c d 「参院選 候補者の横顔(上)小田原潔氏 構造改革自らの手で 大分」『読売新聞』2010年7月1日西部版朝刊35面。
  5. ^ a b 「ひとストリート 浪人・小田原潔さん 被災地支援の体験本出版 大分県」『朝日新聞』2011年10月17日西部地方版朝刊31面。
  6. ^ 小田原きよしオフィシャルブログ 日本まったなし
  7. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  8. ^ 「参院選立候補者アンケート 3氏、争点は景気対策 大分」『読売新聞』2010年6月19日西部版朝刊30面。
  9. ^ “2012衆院選 比例代表 東京ブロック 自由民主党 小田原潔”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=D05001001020 2013年2月8日閲覧。 
  10. ^ 脳脊髄液減少全国ネットワーク
  11. ^ 小田原きよし『ヒトのチカラ。 東日本大震災被災地、災害ボランティアセンターで起こったいくつものドラマ。 ボランティアって何するの?』マーブルトロン・三交社、2011年。
  12. ^ 東京ヴェルディ1969の必勝祈願”. 小田原きよしオフィシャルブログ (2013年1月17日). 2013年2月5日閲覧。
  13. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]