吉田晴美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 晴美
よしだ はるみ
Harumi Yoshida 2021-10-30 (3)(cropped).jpg
2021年10月30日、西荻窪駅前にて
生年月日 (1972-01-01) 1972年1月1日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 山形県西村山郡河北町
出身校 日本の旗 立教大学文学部文学科日本文学専修
イギリスの旗 バーミンガム大学経営大学院
前職 客室乗務員
証券会社社員
法務大臣政務秘書官
所属政党民主党→)
民進党→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党
称号 経営学修士
公式サイト 吉田はるみ公式ホームページ

選挙区 東京8区
当選回数 1回
在任期間 2021年10月31日 - 現職
テンプレートを表示

吉田 晴美(よしだ はるみ、1972年1月1日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

山形県西村山郡河北町にて出生。生家は八百屋。山形県立山形北高等学校卒業[1]。1995年3月、立教大学文学部文学科日本文学専修卒業[2]シンガポール航空客室乗務員として勤務。結婚し、出産。アメリカ系ベンチャーキャピタルの金融企業に転職[3]

2002年9月、イギリスバーミンガム大学経営大学院に留学。2003年12月、経営学修士(MBA)を取得。KPMGヘルスケアジャパンに経営コンサルタントとして勤務。

2011年4月の千葉県議会議員選挙・市川市選挙区(定数6)に民主党は現職の鈴木真志のほか、吉田、新人の井桁幹人の計3人を擁立したが、いずれも落選した[4]

2012年1月、参議院議員の小川敏夫が法務大臣に就任すると、小川の大臣秘書官となった[5]民主党の国会議員候補者公募に応募し、合格。

2013年5月8日、民主党岩手県連は、同年7月の第23回参議院議員通常選挙岩手県選挙区(改選数1)の公認候補として、吉田 を擁立すると発表[5]。参院選では得票数4位で落選。

2016年、民進党は次期衆院選の東京8区総支部長に吉田を決定[6]

2017年9月25日、希望の党が結成[7]9月27日の報道で、民進党の前原誠司代表小池百合子と極秘に会談し、同党が希望の党に合流することで合意をしていたことが明らかとなる[8]。10月2日、同じ都内の民進党支部長である松尾明弘鈴木庸介らと記者会見を行い、希望の党に公認申請せず、枝野幸男が立ち上げる(旧)立憲民主党から立候補する意向を表明[9]。10月3日、希望の党は東京9区を地盤とする木内孝胤を東京8区に国替えし、公認候補とすると発表[10]。10月22日、第48回衆議院議員総選挙が行われ、東京8区は自由民主党石原伸晃が当選。野党票は立憲民主党公認の吉田、希望の党の木内、日本共産党の長内史子、無所属の元参議院議員の円より子などの間で分散し、比例復活もできず落選した。

落選後、政治活動を続ける傍ら早稲田大学エクステンションセンター法政大学兼任講師、目白大学外国語学部准教授、青山学院大学経済学部非常勤講師、神田外語大学特任教授などを歴任。

2021年衆議院議員選挙[編集]

衆院選での街頭演説に駆け付けた蓮舫参議院議員(西荻窪駅前)

2020年9月12日、日本維新の会は次期衆院選に向け、東京8区の候補者として元三田市議会議員の笠谷圭司を擁立すると発表[11]。同年9月15日、旧立憲民主党と旧国民民主党は合併し新「立憲民主党」が成立。同年9月28日、日本共産党東京都委員会は東京8区の候補者として元杉並区議会議員の上保匡勇を擁立すると発表[12]

2021年10月4日、岸田文雄首相は第49回衆議院議員総選挙を19日公示、31日投開票の日程で行うと発表[13]

同年10月8日午前2時、東京新聞電子版が、れいわ新選組代表の山本太郎が東京8区から出馬する意向を固めたと報道。あわせて「同選挙区では、各党で調整し、山本氏が野党統一候補になる見通し」と報じたため事態が混乱[14]。同日午前、立憲民主党の枝野幸男代表は記者会見し「できれば我が党の候補者が、長年地域に根ざして頑張って戦ってきて、おそらく小選挙区で互角の戦いができると思っているところを避けていただければありがたい」と山本に再考を求めた[15]。同日夜、山本は新宿駅前で東京8区からの出馬を宣言。この時点で立憲民主党と日本共産党の間では、吉田に一本化する方向で調整がすでに進んでいたが、山本は「調整しないとこんなことはできない」と自らへの一本化の調整が進んでいることを強調した[15]。翌10月9日、枝野は「率直に言って困惑している」と発言し、両者の言い分に食い違いが生じた[16]。地元の市民団体などからの猛反発を受け、11日夜、山本は東京8区からの出馬取りやめを発表した。なお山本は街頭演説の中で、2019年11月に立憲民主党から「東京8区でどうでしょう」と出馬を打診されたことを明かしている[17]。14日、共産党は上保匡勇の立候補を取り下げると発表した[18]。吉田が野党統一候補に決まり、れいわ新選組と社民党都連合は吉田に推薦を出した[19]。16日、山本は比例東京ブロックから立候補すると表明した[20]

同年10月31日、投開票。自民党の石原伸晃、日本維新の会の笠谷圭司を破り、初当選を果たした。石原と笠谷は比例復活もできず落選した[21][22][23]枝野幸男代表の辞任に伴う代表選挙(11月30日投開票)では西村智奈美の推薦人に名を連ねた[24]

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[25][26]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「反対」と回答[27]

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[25][26]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[27]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[26]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[27]

その他[編集]

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「ゼロにすべき」と回答[27]
  • 新型コロナウイルス対策として、消費税率の一時的な引き下げは「必要」と回答[27]

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 吉田晴美 Facebook
  2. ^ 吉田 晴美 (Harumi Yoshida)”. researchmap. 2021年11月2日閲覧。
  3. ^ インタビュー 吉田 晴美 HARUMI YOSHIDA”. 第10回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト. 2021年11月2日閲覧。
  4. ^ 千葉県議会議員選挙 - 2011年4月10日投票 市川市選挙区 | 候補者一覧 | 政治山
  5. ^ a b “参院選候補に吉田氏を擁立 民主岩手県連”. 産経新聞. (2013年5月9日). https://www.sankei.com/article/20130509-F7JFL4F6E5P4DN4PMYJMMHVLVE/ 2021年11月2日閲覧。 
  6. ^ 鳥越候補、浜田候補が渋谷区で個人演説会”. 長妻 昭(ながつま昭)オフィシャルWEBサイト (2016年7月27日). 2021年11月2日閲覧。
  7. ^ 希望・小池氏「自分の言動で不快な思い」と陳謝”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). 読売新聞社 (2017年10月23日). 2020年9月25日閲覧。
  8. ^ 民進「希望」参加容認を検討 前原、小池氏ら極秘会談”. 中日新聞 (2017年9月27日). 2017年10月8日閲覧。
  9. ^ “「立憲民主党に合流」東京で民進公認予定だった4氏 希望の党に公認申請せず”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20171003-PPSBXA76ARJC3EFRDOB6NZ3Z6A/ 2021年11月9日閲覧。 
  10. ^ “【衆院選】希望の党・第1次公認リスト(192人)”. 産経新聞. (2017年10月3日). http://www.sankei.com/politics/news/171003/plt1710030138-n3.html 2017年10月12日閲覧。 
  11. ^ 「日本維新の会」衆議院選挙区支部長選任者発表について (PDF)”. 日本維新の会 (2020年9月12日). 2021年11月2日閲覧。
  12. ^ 小選挙区候補を追加発表/東京8区に上保まさたけ氏”. 日本共産党東京都委員会 (2020年9月29日). 2021年11月2日閲覧。
  13. ^ “岸田新首相 衆議院 解散・総選挙 19日公示 31日投開票の意向”. NHK. (2021年10月4日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211004/k10013289981000.html 2021年11月2日閲覧。 
  14. ^ 沢田千秋 (2021年10月8日). “山本太郎氏 衆院選、東京8区で出馬へ 石原伸晃元自民幹事長と対決 野党共闘の象徴目指す”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/135543 2021年11月4日閲覧。 
  15. ^ a b 北見英城、神沢和敬 (2021年10月8日). “山本太郎氏が衆院東京8区から立候補へ 一本化を調整中、野党は困惑”. 朝日新聞. https://digital.asahi.com/articles/ASPB86J6YPB8UTFK00S.html 2021年11月4日閲覧。 
  16. ^ “山本氏の東京8区出馬「困惑」 立民代表”. 時事ドットコムニュース. (2021年10月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100900379 2021年11月4日閲覧。 
  17. ^ “山本太郎氏、衆院選東京8区からの出馬を取りやめ 「思った以上に混乱大きく」 「立民から出馬の打診あった」と経緯語る”. 東京新聞. (2021年10月11日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/136217 2021年11月4日閲覧。 
  18. ^ “東京8区、共産が候補取り下げへ 立民・吉田氏が野党統一候補に”. 産経新聞. (2021年10月13日). https://www.sankei.com/article/20211013-BYVS4FZRO5IKVLC333QDJAV35M/ 2021年11月2日閲覧。 
  19. ^ 衆議院選挙2021 東京(千代田区・港区など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  20. ^ 北見英城 (2021年10月16日). “れいわ・山本太郎代表、比例単独で立候補へ 名簿順位は1位”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPBJ65HXPBJUTFK00D.html 2021年11月2日閲覧。 
  21. ^ 衆議院選挙2021 東京(千代田区・港区など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  22. ^ 【2021年 衆院選】東京ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  23. ^ 砂上麻子 (2021年10月31日). “立民新人の吉田晴美さん、野党共闘で「自民の本丸」東京8区で勝利 れいわ・山本代表も後押し”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/140045 2021年11月2日閲覧。 
  24. ^ “立憲代表選、4陣営の推薦人は計90人 国会議員の7割固まる”. 朝日新聞. (2021年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASPCM46VPPCMULEI002.html 2021年11月19日閲覧。 
  25. ^ a b 吉田晴美”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  26. ^ a b c 吉田晴美”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  27. ^ a b c d e 東京8区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  28. ^ 吉田はるみ|プロフィール”. 吉田はるみ公式HP. 2021年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]