伊藤俊輔 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 俊輔
いとう しゅんすけ
生年月日 (1979-08-05) 1979年8月5日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都町田市
出身校 中央大学経済学部国際経済学科
前職 航空貨物会社経営
所属政党旧日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会→)
希望の党→)
国民民主党→)
無所属→)
立憲民主党小勝会直諫の会
親族 父・伊藤公介(元国土庁長官
公式サイト 伊藤しゅんすけ 公式サイト

選挙区 比例東京ブロック東京23区
当選回数 2回
在任期間 2017年10月23日 - 現職
テンプレートを表示

伊藤 俊輔(いとう しゅんすけ、1979年8月5日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(2期)。

父は国土庁長官を務めた元衆議院議員の伊藤公介

来歴[編集]

東京都町田市生まれ[1]。小学校から大学まで桐蔭学園で過ごした後、北京大学留学を経て、中央大学経済学部国際経済学科を卒業[2]。大学卒業後は起業し、航空貨物会社を経営[1]。中央大学OB探訪によると、”桐蔭横浜大学を卒業し中国の北京大に留学、25歳で中央大学経済学部に編入学。3年次からの2年間を多摩キャンパスで学んだ。”と記載されている[3]

2012年維新政治塾に入塾[2]。同年、父・公介が次期衆議院議員総選挙で自由民主党の公認を得られず、引退を表明(2009年第45回衆議院議員総選挙で落選)[4]第46回衆議院議員総選挙・東京23区から日本維新の会公認で立候補する俊輔を支援する意向を示し、俊輔は同党公認で立候補したが[5]、自民党新人の小倉將信民主党前職の櫛渕万里の後塵を拝し、得票数3位で落選した[6]

2014年第47回衆議院議員総選挙には維新の党公認で東京23区から立候補したが、自民党前職の小倉、民主党元職の櫛渕に再び敗れた[7]

2017年第48回衆議院議員総選挙では、希望の党から立候補。東京23区では自民党前職の小倉に敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、初当選した[8][9]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加した[10]

2019年1月15日、国民民主党へ離党届を提出、立憲民主党の衆議院会派である「立憲民主党・無所属フォーラム」への入会を届け出た[11]。所属していた国民民主党は同月23日の同党総務会において「当選1期の新人議員であり、今回の行為は苦慮の上のものであったことは推察される」とする半面、伊藤の行為が「党の結束を乱す行為・言動」に抵触するものだと指摘し、伊藤に対して「公職の辞任勧告」を行った上で離党届を受理することが認められた[12]

比例復活のため入党は不可能であったが、2020年9月15日に新たな立憲民主党が結成されると、同党に参加した。同年8月5日、日本共産党の衆院選公認候補の早川寛は、出馬予定の選挙区を東京21区から東京23区に変更すると発表[13]

2021年10月13日、日本共産党は次期衆院選に向け、立憲民主党と競合する22の選挙区で候補者を取り下げる方針を発表。その中には東京23区も含まれ、早川は立候補を見送り、野党一本化が実現した[14]。同年10月31日の第49回衆議院議員総選挙立憲民主党公認で立候補。小倉に敗れるも、票差を前回より縮め、再び比例復活によって再選[15][16]枝野幸男代表の辞任に伴う代表選挙(11月30日実施)では小川淳也の推薦人に名を連ねた[17]

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2017年のアンケートで「賛成」と回答[18]。2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[19]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「反対」と回答[20]
  • 安全保障政策について「専守防衛を守り、合憲の範囲で現実的な対応を」と主張[21]

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[18][19]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[20]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[19]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[20]

その他[編集]

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「ゼロにすべき」と回答[20]
  • 新型コロナウイルス対策として、消費税率の一時的な引き下げについて、「必要」と回答[20]
  • エネルギー政策について「原発に依存しない日本へ。世界は脱炭素化(CO2ゼロ)時代。再生可能エネルギー等、新しい産業で新たな文明への挑戦」[21]と主張。
  • 永住外国人の地方参政権を認めるべきではない、と回答している[22]
  • 受動喫煙防止を目的に飲食店等の建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に賛成[23]

人物[編集]

  • 2006年1月16日付の朝日新聞に、耐震偽装問題に揺れたヒューザー小嶋進社長との関係が報じられる。記事は、”~フューチャービジネスネットワーク(東京都中央区)。代表取締役は伊藤元長官の三男~”として紹介。また、”耐震強度偽装問題が公表される2日前の昨年11月15日、小嶋社長が国土交通省課長と面会した場に同席していたことが分かっている。元長官の政治団体「東京公友会」の政治資金収支報告書によると、2004年9月の政治資金パーティーでヒューザーがパーティー券100万円を購入、小嶋社長自身も、2000~03年に各16万円を献金したとの記載がある。”と報じている[24]
  • 2017年10月15日町田駅前で開かれた街頭演説会において、伊藤の応援に立って「東急ハンズにもニトリにも、いろんなものが売っていますけど、ちょっと足りないのが希望」と発言した希望の党代表の小池百合子東京都知事(当時)に対し、東急ハンズTwitterで「東急ハンズでは、お客様の『希望』を叶えたいと、スタッフ一同がんばっています。それは、ニトリさんも一緒だと思います。もちろん、これからもずっと、がんばります」と投稿し、「大人の対応」と話題になった[25]
  • 2018年12月2日、町田市の有権者を集めクリスマスディナーショーを開催。歌手の五木ひろしを呼び13曲歌わせたことが、12月26日発売の『週刊新潮』で報じられる。当日、五木ひろしの会場トークで、「本来なら私のディナーショーは5万1500円。普通1万5000円ではやらない。今日はボランティア価格。」などの発言があったことが明らかとなり、有権者への利益供与が疑われている[26]

所属団体・議員連盟[編集]

  • UR住宅居住者を支援する議員連盟
  • 日本語教育推進議員連盟[27]
  • 障がい・難病政策推進議連[28]
  • 日独友好議員連盟[29]
  • 日本バングラデシュ議員連盟[30]
  • 日本パプアニューギニア友好議員連盟[31]
  • 日中友好議員連盟[32]

脚注[編集]

  1. ^ a b “伊藤俊輔:東京比例 日本維新の会:プロフィル:衆院選2012”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/profile/yc84004014.htm 2017年11月25日閲覧。 
  2. ^ a b プロフィール - 伊藤しゅんすけ 公式サイト
  3. ^ 2018春号 HAKUMON Chuo”. www.chuo-u.ac.jp. 2019年1月14日閲覧。
  4. ^ “伊藤公介元国土庁長官が引退”. 毎日新聞. (2012年11月18日). http://mainichi.jp/select/news/20121118k0000m010046000c.html 2012年11月18日閲覧。 
  5. ^ “藤村官房長官への維新刺客は29歳女性会社員”. 読売新聞. (2012年11月18日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121118-OYT1T00257.htm 2017年11月25日閲覧。 
  6. ^ “2012衆院選 東京23区 伊藤 俊輔”. 読売新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_area_meikan.html?mid=A13023002002 2017年11月25日閲覧。 
  7. ^ “伊藤俊輔(小選挙区・東京都):衆院選2014”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/profile/YTPSRCYA13023XXX004.html 2017年11月25日閲覧。 
  8. ^ “第48回衆院選 東京”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=13#023 2017年11月25日閲覧。 
  9. ^ “希望の党、小池百合子代表のお膝元・東京で1勝22敗の惨敗”. サンケイスポーツ. (2017年10月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171023/pol17102313410033-n1.html 2017年11月25日閲覧。 
  10. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月23日閲覧。 
  11. ^ 立憲、無所属9人の会派入り了承=国民離党の伊藤氏も - 時事ドットコム 2019年1月15日
  12. ^ 第34回総務会 自由党との連携強化の具体的交渉を玉木代表に一任 - 国民民主党 2019年1月23日
  13. ^ 早川寛 Twitter 2020年8月5日 午前9:52
  14. ^ 佐野格 (2021年10月13日). “共産党、22選挙区で候補取り下げ 野党一本化目的に”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20211013/k00/00m/010/231000c 2021年11月3日閲覧。 
  15. ^ 衆議院選挙2021 東京(千代田区・港区など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  16. ^ 【2021年 衆院選】東京ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  17. ^ “立憲代表選、4陣営の推薦人は計90人 国会議員の7割固まる”. 朝日新聞. (2021年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASPCM46VPPCMULEI002.html 2021年11月19日閲覧。 
  18. ^ a b 伊藤俊輔”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  19. ^ a b c 伊藤俊輔”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  20. ^ a b c d e 東京23区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  21. ^ a b 政策・理念”. 衆議院議員 伊藤しゅんすけ 公式サイト. 2019年11月8日閲覧。
  22. ^ 2014 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 2021年4月1日閲覧。
  23. ^ 衆議院選挙2017/10/22タバコ対策の公開アンケート”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会 (2017年10月24日). 2021年10月30日閲覧。
  24. ^ ヒューザー物件の管理業務、伊藤公議員の家族受注”. www.asahi.com. 2019年1月14日閲覧。
  25. ^ “東急ハンズが小池百合子氏の演説に大人の対応「お客様の希望を叶えたい」”. livedoorニュース. (2017年10月19日). http://news.livedoor.com/topics/detail/13771428/?__from=hgspweb 2017年11月25日閲覧。 
  26. ^ デイリー新潮, 【週刊新潮】国会議員ディナーショーが選挙違反になる「五木ひろし」の一言, https://www.youtube.com/watch?v=jaZ9p4iJabY&feature=youtu.be 2019年1月5日閲覧。 
  27. ^ [1]
  28. ^ [2]
  29. ^ [3]
  30. ^ [4]
  31. ^ [5]
  32. ^ [6]

外部リンク[編集]