宮本徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 宮本 徹
生年月日 (1972-01-22) 1972年1月22日(45歳)
出生地 日本の旗兵庫県三木市
出身校 東京大学教育学部
前職 日本共産党職員
日本共産党東京都武蔵野・三鷹地区委員長[1]
現職 日本共産党准中央委員
所属政党 日本共産党
称号 教育学士
公式サイト 日本共産党衆議院議員 宮本徹
選挙区 比例東京ブロック
当選回数 1回 (2014 -)
テンプレートを表示

宮本 徹(みやもと とおる、1972年1月22日 - )は、日本の政治家。日本共産党所属の衆議院議員(1期)。本名:染矢 徹(そめや とおる)。[2]

経歴[編集]

1972年1月22日兵庫県三木市に生まれる。1991年東京大学に入学。在学中、教養学部学生自治会委員長、学生自治会中央委員会議長を務める[3]

卒業後日本共産党武蔵野三鷹地区委員長、日本共産党東京都委員会副委員長 を経て、日本共産党党准中央委員[4]

2005年第44回衆議院議員総選挙にて東京18区から出馬するも落選。

2012年第46回衆議院議員総選挙にて比例東京ブロック単独で出馬するも落選[5]

2014年第47回衆議院議員総選挙にて比例東京ブロック単独で出馬し、初当選[6]

政策[編集]

東村山市生活保護に関する不適切発言問題[編集]

産経新聞によると、2017年2月23日の衆院予算委員会で東京都東村山市行政の生活困窮者自立支援、生活保護行政が「極めて不適切に行われている」と発言した問題(「共産・宮本徹衆院議員に東村山市長が抗議 「生活保護行政が不適切」発言、質問状に回答得られず」、産経新聞 2017年6月22日)。

この発言を受けて、東村山市は該当例を調査したものの該当事例が見当たらず、また同年3月に厚生労働省が同市を視察した際も、問題の指摘、是正指導はなかったことから、同氏へ質問状を送付した。

この問題について渡部尚東村山市長は「発言の根拠を示すよう2、3月に2度にわたり質問状を送付したが回答がない」と述べ、「国権の最高機関である国会で、東村山市という固有名詞を挙げて不適切な対応があったと断じた以上、その根拠となる『事実』を示す説明責任がある」と訴えている。

また、同市は6月3日、大島理森衆院議長らに宮本議員の発言に対する調査要請も行っており、そのなかで「国会法に基づいて調査し、しかるべき措置を講じてほしい」と求めたものの、根拠を示す説明はないままとなっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]